30年振りに役に立ったティーポットカバー

以前にも紹介したことがあるかも知れないが、30年くらい前、香港に行ったとき、「使うかも」と思って買ってきた猫の形をしたティーポットカバーがあるのだ。
でも、実際は、一人暮らしが長く、ポットでお茶を入れることなぞ皆無、使うことはなかったけれど、勿体ないから、捨てることもなかった。

で、この度、チンした後、「布に包んで、チンした時間と同じくらい、保温しておく」という電子レンジでのジャガイモやニンジンの茹で方を実践するようになった。
ただね、布巾なぞでジャガイモやニンジンを包むって結構面倒だし、布巾だと一々使った後、洗いたくなる。

そこで思い出したのが、香港で買った猫型ティーポットカバー、小さめの容器なら、猫のおなかに納まるので、台所の片隅に置いておいて、使うようになった。
d0063149_12081902.jpg


実際に使うようになると、下に敷く座布団みたいなものが必要だなと感じているのだが、今のところ見つかっていないので、小さなタオルを折って、その上に、電子レジン用の容器を置いている。(そうそう、昔なら、キルティングした布の丸い形をした鍋掴みなぞ、そこらへんで売られていて、それを座布団代わりにできるのにと思うのだが、今の時代、キルティングした布の鍋つかみ、余り見ないような気がする、合羽橋でも探してみる?)

30年して、ようやく使い道ができた道具。(笑)

そうそう、ダイソーで、電子レンジで野菜を蒸す容器の大きめなのが108円だったので、買ってきたが、まだ、使っていない。
(実はこれより大きな蒸し容器はヨドバシAkibaにあったのだが、大きな道具を買ったからと言って、蒸し時間が短くなるわけではないので、買わなかったのだが、ダイソーにそれより一回り小さい蒸し容器があり、108円だと思ったら、手が伸びた。)
ちょっと大きめのこの容器も猫のカバーの中にちょうど良く納まった。(これ以上大きいのは無理かも)
d0063149_12082070.jpg


結局、電子レンジで野菜を蒸すというのは、私にとっては結構難しい、というのは、電子レンジは場所によって温度にムラがあるから。
今のところ、じゃがいもとニンジン以外を電子レンジで蒸すことはしていない。
しかし、特にニンジンは電子レンジで蒸すと簡単に美味しく柔らかくなるので、使う回数と量が増えた。
[PR]

by mw17mw | 2016-10-19 21:23 | 道具 | Comments(0)