神田岩本町・佐久間町のお弁当屋さん

私はたまに神田和泉町の卓球場に卓球を習いに行くので、その近辺でお昼を食べていたのだが、何だか、余り冴えたお店がなくて、今後どうしようかなと考えていた時に、神田佐久間町界隈地元民の友達に、お勧めのお弁当屋さんを教えてもらった。
確かに、どこか飲食店に入って何かを食べるとどんなに安くても800円くらい、お弁当なら、高くて650円なので、800円出してそんなに美味しいものを食べられない環境なら、お弁当の方が良いかも知れない。

それにしても、お弁当を売っているお店は多いし、路上で、秋葉原に工場を持つお弁当屋さんが、お昼の時間、売っていたりするけれど、どこが美味しいのかわからなかったのだ。
それで、ラッキー、お友達が推薦してくれたお弁当屋さんを探して買ってみた。

<岩本町のみのかさというお蕎麦屋さんのお弁当>
ここはだいたいの位置、神田川にかかる和泉橋を渡ってすぐと教えてもらって、探したのだけれど、なかなか見つからなかった。
見つかってから改めて位置を確認すると、何と、昭和通りに面している千葉銀行とその手前の工事現場の間の細い路地に面しているお店であった。
これじゃわからないよねと、地元民や職場がここらへんの人しか見つけられない場所。
(みのかさというお蕎麦屋さんは、昭和通り沿いや蔵前橋通り、同じ岩本町に一軒ずつ姉妹店があるのだが、三店ともお弁当は扱っていないみたい)
下の画像の上の方に見える高速道路が昭和通り、左側が千葉銀行、右側手前のPANDAというお店もお弁当を売っている。
みのかさは、PANDAの先にあるお店。(お弁当というのぼりが立っているところ)
d0063149_12080951.jpg


お弁当売り場のショーケースの上に3種類のお弁当が乗っているのを見て、そこから選んでしまったが、よく見ると、その下のショーケースに8種類のお弁当があったのだ、全て530円。
d0063149_12080933.jpg


選んだのはとんかつ弁当、こちらはコスパが良い、
美味しいと聞いていたけれど、530円にしては、ご飯の質のレベルが高い印象。
生揚げの煮たものとか美味しかったけれど、とんかつはちょっと揚げ過ぎで硬かった。
しかし、こういうお弁当は、お惣菜が値段相応でも、ご飯が美味しければ、全ての印象が良くなると思う。
d0063149_12080939.jpg


<神田佐久間町のとんとん亭>
もう一軒は、神田佐久間町の狭い路地にある居酒屋さん「とんとん亭」
お店の間口左半分がお弁当を売る場所、右は居酒屋への入口。

下の画像は、蔵前橋通りに近い方から、総武線の線路を写してみた、これでお店の位置関係がわかるかしら?
二軒ある順々亭という目立つ中華屋さんの神田佐久間町店の隣。
d0063149_12081034.jpg


こちらは、一日中OKのメニュー、居酒屋さんだから、いつもこんなにお弁当が作れるのか?
d0063149_12081124.jpg


こちらは、お昼限定のお弁当メニュー。
d0063149_12081275.jpg


愛想の良いおじさんが売り子で、ちょうどショーウィンドウに、オムライス弁当があったので、買ってみた。
こちらは、副菜がご7種類と数が多い上、ショーケースに置いてあった天ぷらの盛り合わせの中から、春菊のてんぷらを一つパックに入れてくれてお弁当のおまけにつけてくれた、これで500円。
d0063149_12081295.jpg

家に帰ってから食べてみるオムライス弁当は普通に美味しいのだけれど、やはり、コスパが良い。
オムライスを食べた時、「あ、そうだ、普通のお弁当を買わないと、お米がみのかさとどう違うかわからない」ということに気づき、次にアキバに行ったときに豚肉の生姜焼きのお弁当を買ってみた。
そうしたら、ここのお弁当は、ご飯の上にメインのおかずをどんと乗せるタイプばかりなようで、結局、生姜焼きの汁で味付けされたご飯しか食べられなくて、どんな白飯か、よくわからなかった。
そうそう、この豚肉の生姜焼きのお弁当のとき、買いに行ったのが、午後2時近かったせいで、その日は、付録の天ぷらが終わっているようだった。
残念と思っていたら、おじさんが、「ふりかけと茹で卵とどちらにする?」と聞いてくれたので、サラダに使えるので、茹で卵をもらってきた。
このおじさんはお店の看板おじさんらしいし、このお店もたまにテレビに取り上げられるお店のよう。(その時の写真が貼ってあった)
そういえば、一番最初にこの店の前を通った時、中高年のおじさんが列を作っていたっけ。(その後2回行ったが、その後は行列を見ていない)
このお店も気に入った。

それにしても、昭和通りって、本当に名前通りに昭和通りだと実感。
先日、広島Iさんとメトロリンクという日本橋京橋を回る無料バスに乗ったのだが、中央通りを走っている分には、新しいビルが多くて、最新という感じがしたのに、東京駅南口のところの八重洲通りを曲がって昭和通りまで来たら、そこからはまだビルの建て替えが進んでいなくて、昭和の香りのするビルが多かった。
ふ~ん、何だか、昭和通りという名前通り、昭和通りから東側は昭和の香りが色濃く残っている地域なのだと実感したが、今回の秋葉原のお弁当屋さんを探すのに自転車で走り回ってみて、秋葉原も、昭和通りから西側が今風の街(比較的だが)で、昭和通りから東側は、昔が残っている地域なのだと思った。
それが良いのだけれどね。(皆、ピカピカの最新のビルばかりになったら、つまらない)
[PR]

by mw17mw | 2016-10-17 16:16 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)