根津の新しいお店色々

日曜日は久々晴れたので、ようやくお墓参りに行くことができた。
その時、都バスの一日乗車券を買ったし、土曜日の夕方、「もしもツアーズ」という番組で、谷根千のお店を見たのだが、そのうちの路地裏の一軒を知らなかったので、帰り、不忍通りを通るバスに乗り、根津神社前で降りて、探しがてら、散策してきた、久々の街歩き。

そのパン屋さんの場所は、上野松坂屋と早稲田間のバスの停留所、「根津神社入口」というところが最寄りの停留所なのだけれど(千代田線の根津駅からも遠くはない)、わかりやすく有名なお店で言ったら、「よし房 凛」というお蕎麦屋さんの横の路地を曲がった方向。(曲がって、右手には芋甚がある)
目指すは、「Bonjeour Mojo2(ボンジュールモジョモジョ)」というパン屋さんなのだけれど、そこに行くまで、他に二軒も良さそうなお店が見つかった。

しかし、その反面、お豆腐屋さんのお店が看板はあるものの、お豆腐を入れておく大きな水槽とか全て片づけられていて、もう営業していないことが明らかだったり、町の新陳代謝を感じざるを得ない。

<あんくる−あまおうのあるビストロ>
まずは、曲がってすぐ、凛さんより2,3軒先にある「あんくる
d0063149_12073736.jpg

このお店は新しいお店ではないのだけれど、今回初めて紹介なので取り上げてみた。
表のメニューをチェックしたら、「あまおうメニュー」がたくさんあることを発見。
(ただ、お店全体の画像を見たら、あまおうに力を入れているのが良くわかるけれど、歩いていると全体は中々目に入らない)
あんくるさんは、数年前、この近所に、あまおう専門の支店を出されたのだけれど、程なく閉店してしまったのだ。
その閉店の口上に、「本店で引き続きあまおうを食べられます」と書いてあったっけ。
ビストロメニューも美味しそう。
d0063149_12073873.jpg


なんでも、表の看板を見ていたら、2時からはお茶の時間とのことで、甘い物狙いだけでこのビストロに入ることも可能そう。
でも、「あまおうパフェ」はメニューに載っているけれど、値段が書いていないということは今季節ではないのかな?
そのうち「あまおうの時期」を聞いて、食べに行きたい。
d0063149_12073839.jpg



<ル・クシネ−新しい土日祭日だけのケーキ屋さん>
そのままずずっと山の方に進むと、今度は、「え!こんなところにケーキ屋さん?」とびっくりした。
普通の民家で、確か数年前テレビで、住む人がいなくなったので、シェアハウスにしたとか、放送していた覚えがある家だが、その手前半分のガラス戸を覗くと、美味しそうなケーキの冷蔵ショーケースが見えた。
d0063149_12073971.jpg


へ~、知らなんだ、知らなんだとびっくり。
珈琲の値段も出ているから、中でお茶できるのかな?買う気はなかったので、中まで入らなかったけれど、ガラス戸越しに見るケーキは美味しそうで、輝いていた。
その名は「ル・クシネ」で、家に戻ってから、検索すると、何と2年前からあるケーキ屋さんで、土日祭日のみ営業とのこと。
ここなんか、谷中散策の途中、休むのに良さそう。

<ボンジュールモジョモジョ−小さなパン屋さん>
そうして、そのまま、山の方に進むと、Bonjour Mojo2の看板があったので、そこの本当に狭い路地を左に入っていく。
d0063149_12073944.jpg

実は、この路地は、以前、ニャンコにボンネットを被せて撮った写真を展示していたギャラリーがあって、そこがパン屋さんに代わったのかなと思って言ったのだが、ブ~であった。
マルヒというギャラリーはそのまま残っており、その奥の隣の家の窓を若干改築して、パンの売り場にしていた。
d0063149_12073908.jpg


しかし、前日、テレビで紹介されたということで、私が行ったのは、午後2時くらいだったのだが、動物の形をしたパンは全て売り切れとのことだった。(買う気もなかったのだけれど)

<チャマチャマ>
ここを出て、根津の文京区の図書室に本を返した帰り、もう1軒、以前から気になっているお店があったので、写真を撮ってきた。
場所は、不忍通りより一本入った路地にある小さなイタリアンのお店で、「チャマチャマ」という名前。
メインは、ピザパイなのだけれど、突如、フィレンツェ風のTボーンステーキ(1kg9800円)の看板もあったりする、何だか、面白い。
d0063149_12074072.jpg

フィレンツェ風Tボーンステーキは、合羽橋のカーサカステリーニもあるし、そんなに美味しいのかしらね?(ただ、量の関係でおいそれとは注文できないから、一生謎のままかも)
d0063149_12074038.jpg


<おまけ−台東区寿の話>
それとこれはおまけなのだが、TOMITさんの食べログで、寿のクレール・ドゥ・リュンヌの隣に、もう一軒、ケーキ屋さんができることを知った。
それで、前を通ってみると、本当にクレール・ドゥ・リュンヌの隣で、以前、陶芸教室だったところが内装工事中で、大きく、「Patisserie」の看板がかかっていた。
d0063149_12074139.jpg

(木を挟んで、左側が「クレール・ドゥ・リュンヌ」、右側が新しいケーキ屋さん)

うわ~、すごい。
まさか、こんなことも世の中起きるのだとびっくり。
ま、都心だったら、ケーキ屋の隣にケーキ屋ができることも考えられるが、こんな繁華街でもないところで、ケーキ屋が二軒隣同士に作ってどうするのだろう?(ま、ケーキ屋の隣にケーキ屋を作っても別に法律違反でも何でもないのだけれど)
後発のお店は、「Fobs」という名前のよう。
Fobsさんの方は、クレール・ドゥ・リュンヌの実力を研究したうえで、隣に出すことにしたのだと思う。
ということは相当の実力かなとも思う。
クレール・ドゥ・リュンヌ側としては、何だか、隣に殺し屋が住みだしたような気分ではと推測してしまう。
すごいな~、どちらが勝つだろうか。
[PR]

by mw17mw | 2016-09-27 12:08 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)