浅草駅界隈−「豚肉専門店 グロワグロワ」でランチ

昨日、図書館で読んだ方が良い本を3冊借りて来て、午後から先程までかけて全部読んだら、ブログが書けなかった、ごめんなさい。

10日くらい前にとうとう浅草のひさご通り、言問い通りに近いところにできた「豚肉専門店 グロワグロワ」にランチを食べに行ってきた。
(グロワグロワって、豚の鳴き声なのだって、フランス語?イタリア語?)

このお店は、手打ちパスタのお店が半年くらいでやめた後にできたので、「大丈夫かな?」と心配していた。
というのは、その前の手打ちパスタのお店は、ランチ時に前を通ると本当に人が入っていなかった、不味いとか不味くないというより、価格が高めだったような印象がある。

で、その後にできたお店だから、大丈夫かなと心配しながら、ドアを開けて入ったのだけれど、その日は、カウンター1席を除いて満員だった。

一番一般的なランチは、1080円で、その日の3つのメインから一つ選ぶ。
d0063149_12070844.jpg

私が行った時、このお店のお勧めである「100%ポークのハンバーグ」は既に売り切れであった。(これは常にメニューに載るみたい)

う~ん、だったら、どうする?両方とも煮込み料理みたい、できたら、ポトフ—みたいなタイプより、焼きものの近い方を食べたいなと「バラ肉のオイル煮」に決定。

カウンター内部はシェフ一人に、フロアの女の人一人の体制ながら、スープとかサラダはその女性がささっと準備して出してくれる。
サラダは、「5種類の野菜が採れるサラダ」、スープは、「豚のエキスの詰まった野菜のスープ」。
d0063149_12070834.jpg


こちらが、「ばら肉のオイル煮」。
中華のばら肉の煮込みと同じくらい、分厚いばら肉が柔らかく煮えていて、味も抜けていなくて美味しかった。
手前のバルサミコ酢をつけて食べた。
d0063149_12070894.jpg

欠点という程ではないけれど、ライスがなくて、どの定食もパンであることで、好き嫌いがあるかも。

このお店、何でも、長年中野にあったお店が浅草に引っ越してきたお店らしい。
だからか、シェフさんも、フロアの女性も、テキパキ慣れた様子で動いていた。

今日のお昼頃、前を通ったので、メニューをパチリ。
d0063149_12070937.jpg


ここもな~、お店の前まで行かないと、日替わりメニューがわからないところが残念。(もしかして、週替わり?)
また、8月中も、9月も12日まで、店の前にアンケート用紙みたいなものが置いてあって、そこに個人情報を書いて渡すと、1080円が888円のよう。
お肉好きな人は行く価値あり。
[PR]

by mw17mw | 2016-09-11 21:38 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)