新宿駅南口界隈−「果実園リーベル 新宿店」でフルーツサンド

甲州街道に沿って、文化学園から新宿駅に文化学園側の歩道を歩いて向かうと、どんどんぎっしりお店だらけになってくるのがわかる。
そうして、「西新宿一丁目」という新宿駅までもうちょっとという交差点で信号が赤になってしまった。
その時、甲州街道と交差する道路の左側は駅なので、右の方を見ると、何だか、その道だけ、再開発が遅れて、古いビルが多い感じだったので、「何だか、ここだけ再開発が遅れている感じ」とか話していたら、はす向かいすぐのビルに「果実園」の文字を品川Iさんが発見。
え、今まで、東京駅と目黒駅前にしかなかった果実園の新宿店ができていたのだ、そこに、7月オープンしたと書いてあるそう。(私は、その時、中近眼鏡だったので、見えなかった)
d0063149_12062223.jpg
<
果実園リーベルの目黒店なぞ、今や、1時間、2時間並ぶのは当たり前の人気店なのに、この新宿店は、何の行列もできていないで、不思議!
やはり、7月にできたばかりで有名ではないのと、ちょっと路地に入ったところにあるから、目立たないのかしら?それとも、お盆休みだからかと言いながら、ここで入らなかったら、果実園にいつ入れるとばかりに、ここでお茶をすることを決定。
お店はビルの地下であり、まだできたばかりでとてもきれい。
しかし、本当に、お店の中に入っても行列が全くないのが不思議。
この画像の右側の席に案内されたのだが、キャッシャーの左側にも客席があったのだけれど、左側はガラガラであった、不思議!
d0063149_12062242.jpg


何にしようかさんざん迷った挙句、私はフルーツサンドセット、Iさんは、フルーツパフェに決定。(何でもいつもは、フルーツサンドセットなのだけれど、私に譲ってくれたみたい)
果物にサラダと、紅茶かコーヒーのフリードリンクもついて980円ということで、とてもお得。
食べて美味しかったけれど、生クリームが少なく果物が多い感じ、パンもわざとパサパサっぽいものを選んでいるみたい。
私が好きなフルーツサンドは、門仲のフルータスのものだけれど、そこのものに比べたら、生クリームの質とか、若干庶民的な味わいと感じた、でも、980円でこのボリュームと味、しかも飲み物付きなら、本当にお得でお勧め。
d0063149_12062350.jpg


こちらは、Iさんのフルーツパフェ。
果物も山盛りなら、中に三種類のアイスクリームが入っている豪華版とのことで、満足は満足らしかったが、でも、さっきの黒毛和牛ステーキ丼と同じ値段と苦笑い。
(私としては、う~ん、高いか、普通か、ま、フルーツパーラーとしては、安いほうだと思う。)
d0063149_12062336.jpg


5月だったか、大分の親戚が来た時も、目黒の果実園の前に行って入れなかったけれど、今回、全然並ばなくて入れたのはとても嬉しかったし、フルーツパーラーって好き。(Iさんも良くご家族で目黒の果実園まで行って入れない経験が多かったとのこと)

ところで、最近、果実園は、ただの「果実園」という名前から「果実園 リーベル」に代わった。
その「リーベル」を聞いて、昔、私が高校生の頃だから、50年近く前だと思うのだが、上野松坂屋の南館の中央通りを挟んだ反対側、三角地帯の突端の方に二階建てのビルがあって、二階がフルーツパーラーだったのだけれど、それが「リーベル」という名前だったと思うのだ。(私はそこが気に入っていた)
そして、そのリーベルというフルーツパーラーは、アメ横といおうか、御徒町駅と春日通りを挟んだ反対側の線路下、山手線の外側近くにあった果物屋が経営していたと聞いていた。(今は、宝くじ売り場になっているところか、その通路を挟んだ反対側あたりにあった。)

ここらへんのこと、記憶されている方、いらっしゃらないでしょうか?
私は、この「果実園 リーベル」は、上野というかアメ横の果物屋さん&中央通りのフルーツパーラーの発展形だと思うのだが、それが本当か私の勘違いか今のところわからない。(ネットで、「果実園 歴史」なぞで検索してみたけれど、わからなかった。)

この後、新宿駅に行った話は長くなったので、また別に書くことにする。
[PR]

by mw17mw | 2016-08-22 08:52 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)