京橋駅・有楽町駅界隈−「食の國 福井館」2回目もまん福セット

今年のお盆休みは、付き合ってくださる方がいて、二回、都内にランチにおでかけ。
それが、「お盆休み=個人経営の飲食店はお休みで、お店を選ぶのが難しい」というイメージの期間なのに、美味しいお店に当たり、ラッキーなことが続いた。

お盆休みに美味しいランチを食べたいとお店を探すと、だいたい、開いているお店は、年中無休の立派な商業ビルに入っているお店か、大型チェーン店くらいかなと考えたのだけれど、ふと閃いて、「アンテナショップは開いているかも」と思いついたのだ。

そうして、数か月前に、「宇豆基野につきあってくれる人を募集したところ、手を挙げてくださったハゲさんと、実際に宇豆基野に行くのは11月なので、その前、お盆休みの時にでも、一緒にランチしましょうと言うことになったので、「銀座の食の國 福井館におろしそばとソースかつ丼のセットを食べに行くのはいかがでしょう?」と提案したところ、他に良い案も出そうもなく、それに決まった。

新日本橋で集合して、メトロリンクに乗って、京橋まで行き、銀座一丁目まで歩いた。
食の國 福井館は、まだ12時前とのことで、空いていた。
まずは、キャッシャーで食券を買って、イートインコーナーという、簡易なスペース(二人用のテーブル2つと窓際なぞのカウンター)に座る。

出てきた料理は下記画像。
まずは、味の薄い方から食べるべきと思って、お蕎麦から。
d0063149_12060129.jpg

お蕎麦は、奥越前のそば粉100%の幅広の十割のお蕎麦、そこに大根おろし、刻みねぎ、削り節と、そばつゆがかかっているのだが、そばつゆは、完ぺき透明で醤油色が全然ないそばつゆ。
そうだよね、十割蕎麦って、東京風にそばつゆにつけながらすすり上げる食べ方より、こうやって、お皿に広げてつゆをぶっかけみたいにかけて食べる方が向いている。(と書きながら、おちょこにそばつゆを入れてそこにお蕎麦をつけて食べるのが東京風かどうかは定かではない)
かき混ぜて食べて、今回も美味しかったのだけれど、細かい説明は、重なるので、前回食べた時のブログを読んでください。
でも、今回は、かつ丼の味は良かったのだけれど、かつが揚げ過ぎでカチカチ、取らなければ良かったと思う程硬くて参った。
(売り場の冷凍庫に、このカツらしきものが並んでいた、前回は美味しかったから、揚げ方さえ良ければ問題ないと思うのだが)
d0063149_12060633.jpg

お店の食品売上ランキング見ても、まん福セット(おそばとソースかつ丼)より、おろしそば単体の方がランクが上であるのが頷ける。
ただ、越前おろしそばは、イートインのものだけではなく、テイクアウトできるような表示なのが気になる、今回、聞いてくるのを忘れたので、次回、チェックしてみたい。

しかし、他のアンテナショップ、地元食材を使ったイタリアンみたいな結構高めのレストランを併設することが多いところ、福井館は、地元の昔ながらの地元民の食べ物をイートインみたいな気楽な場所で食べさせてくれるところがとても良い。

福井館を出た後、山形とか広島のアンテナショップを見た。
山形では気づかなかったが、広島にも売上ベスト10があったので、パチリ。
家に帰って気づいたが、広島Iさんからいただいたものとまるで同じかどうかはわからないが、7位に「がんす」があることを発見。
今度行ったときに探してみよう。
d0063149_12060656.jpg


アンテナショップをめぐる散歩の後、茨城マルシェで私の好きなプレミアムあんみつを食べようと計画していたのだが、お店の前でメニューの写真を見ると、甘いもののメニューが大幅に改定されていて、私の好きだったプレミアムあんみつを初め、千円以下でリーズナブルだったものが全てなくなり、すべて千円以上のフルーツパフェばかりになってしまった、実質値上げされていた。
そんなに大きくて高いフルーツパフェが食べたいという気分でなく、散歩の後、ちょっと甘いものを食べたいという感じだったので、このお店はパス。
それにハゲさんが甘いものが好きではないことがその時点で判明。
だったら、昼ビールを飲もうということになった、ただね、私は、ファミレスも餃子の王将も回転寿司屋も見当たらない、しかも、お盆休みで個人で経営しているような中華料理屋も全てお休みの銀座1丁目あたりで、どこに入れば昼ビールが飲めるのかノーアイディア...どうしよう!と思った時、とても良いお店が頭に浮かんだ、それはまた明日。
[PR]

by mw17mw | 2016-08-18 16:43 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)