蔵前駅界隈−「らーめん改」でthe メキシカン冷やし混ぜそば

今日は朝から良く晴れていて、外に出たくなかったけれど、お昼ごはんを作るのも面倒。
そうそう、昨晩、「らーめん 改」さんからメルマガと届き、明日から「the メキシカン冷やし混ぜそば」があるとのこと。
その時はそんなに食べたくなかったけれど、この暑さ、わざわざ遠くまでお昼を食べに行く気なぞ絶対起きない。
それだったら、近所に、工夫して作られた私が好きなメキシカン味の新作があれば食べに行こうと思うではないか。

おまけに、この暑さ、改さんは11時開店とのこと、テレビではオリンピックの開会式を放送中。
これだけ暑くて、テレビで4年に1回のオリンピックの開会式放送中だし、第一、いくら混むとは言え11時からお昼ごはんを食べたい人も少ないかも。
今回、三つも良い条件が重なり、絶対、並ばなくて済むと思い、11時ちょっと前に家を自転車で出たら、着いたのが10時52分で、私の前の並んでいるお客さんは4人で、私は5人目。
お、読みが当たって、嬉しい。
d0063149_12054076.jpg


11時になったら、私の後に5人くらいの行列ができていたが、全部で10人なら、一巡で全員店内に入れるみたい。
開店して、食券機からthe メキシカン冷やし混ぜそば850円を選んで購入。
買い終わるとお姉さんが立っていて、食券を渡すのだが、その時にパクチー大丈夫かダメか聞かれる。
(だから、パクチーは沢山入ってくると思ったら、ちょっとだけだったので、がっかり)
最初の人から順番に案内されるカウンター席に着いたら、ちょうど、厨房の中で、材料を組み合わせるところが見られる席であった。

作り方としては、冷たく〆た細めのストレート麺の上に、何かの香りを移したと思われる油をかけ、その上に、ちぎったレタス、その上に自家製サルサソース、自家製粗びき牛挽き肉のタコミートをたっぷり乗せて、パクチーを1つ飾り、フライドオニオンを散らばせて出来上がり。
d0063149_12054075.jpg

全部を大きく混ぜてから食べるのだ。
食べると、サルサソースもタコミートも良くできていて美味しいのだが、何て言うのかな~、麺と食感に会わない感じ。
それと、麺よりビールを飲みたくなる味。(笑)

皆、一つひとつ料理として上手にできていてとても美味しいのだけれど、やはり、サルサソースとかタコミートというのは、トルティーヤチップスみたいな、トウモロコシ粉で作ったおせんべいみたいなものに合う感じがした。
だいたい、トウモロコシ粉というのは、そもそもが甘めなのかもしれない。
他のメキシコ料理でも小麦粉を使う場合もあるだろうけれど、その場合、小麦粉にお砂糖を足しているのではと思った。

ということで、今まで気づかなかったけれど、メキシコ料理としてサルサソースなぞを食べるときは、辛さと甘さのバランスが取れているのだなと思った。

このサルサソースとタコミートを中華と合わせるとしたら、麺よりも、包子というのだっけ、肉まんの皮みたいなものの方が合うような気がする。(食感を除いて)←でもね、改さんはラーメン屋だから、肉まんの皮出せないけれどね。

でも、量もたっぷりだし、決して不味いわけではなく、食べ終わった。

今回ちょっと甘辛のバランスが良くなかったが、家の近所にこういう研究をして新作を出してくれるお店ができて、嬉しい。
[PR]

by mw17mw | 2016-08-06 18:04 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)