雑誌GLOWの2連ポシェット

今朝は、強い雨音で目覚めたが、ニュース等で聞くと、その前に雷とか凄かったみたい。
私は全然気づかずに眠っていたが、朝の6時頃ににゃんに餌を上げたのだが、お昼に見たら、まだ殆ど残っていた。
やはり、雷がすごくて、その音が怖かったのか、食欲0になってしまったみたい。

−−−本題です−−−

昨日、広島にいらっしゃる広島Iさんから、情報メールが。
何でも、「昨日買った本の付録が秀逸だったのでお知らせ。いま流行りの猫ちゃんモチーフで透明部分にスマホ入れてもビニールの外から操作できる。840円のGROWと言う本の付録」とのことで、画像を送ってくださった。

ちょうど、今の体制では、やはり、大きなバッグの中で携帯が行方不明になりやすく、再度、日常使うバッグの中身を再構築したいと思っていたところだった。

GLOW(グロー)という雑誌自体知らなかったけれど、検索したら、コンビニで売っていると出てきたし、「透明部分にスマホを入れても、ビニールの外から操作できる」というところにつき、詳しく知りたく、また、デザインも猫をモチーフにしているが、大人が持っても違和感がないようなデザインになっていたので、きっと雑誌本体は読まないかも知れないと思いながら、夕方コンビニで買って来てしまった。

下の画像は、2連のポシェットの表側と、ショルダーにするときのストラップ。
大きさは、各サイズ(約):縦10×横20×マチ3cmで、ストラップの長さ:118cm

ポシェットは一つずつでも使える。
黒い方には、金色の金属の猫の顔、白い方は、猫の頭をデザインしたもの
d0063149_12053004.jpg


2連のポシェットの裏側、ボタンがくっついていて、そこをはめれば、この2つをくっつけることができる。
白い方のポシェットには、ビニールがついていて、そこにスマホを入れると、ビニールの上から操作ができる。
しかし、私のiPodの場合、一番上右に、ロックオンオフのボタンがあるのだが、このボタンを押すのはやりにくい。
結局、使用し終わった後、画面を暗くするには、設定のところの自動ロックで設定した時間が過ぎるのを待つ方が良いみたい。
d0063149_12053080.jpg


2連ポシェットを上から見たところ。
白っぽいポシェットは、ジッパー付きとジッパーがつかない場所と2つに分かれている。
ジッパーのついている方はスマホやiPodを入れる場所、ジッパーがついていない方は、ガラ携を入れておくのにうってつけ。(パッと出せるもの)
黒い方は、ジッパーがついているところだけ、ここには何を入れようかな?財布として使う?ハンカチ・ティッシュを入れておく?メモ帳とボールペン?とただいま考え中。
肩からぶら下げる場合は、黒い方を表にし、ガラ携を一番お腹側に来るようにすると、ジッパーがないところに入れてあるガラ携が落ちにくいことを発見。
d0063149_12053014.jpg


ついているストラップをつけて、肩から斜めにかければ、自転車に乗っているときに、携帯が鳴った時、今までのような大きなバッグから携帯を探すこともなく、さっと電話に出られそう。
その他、色々いじっていたら、ビニールの上からスマホ等をいじるのは、肩からベルトでぶら下げている状態では辛いことがわかった。
でも、混んでいる電車の中で、この2連ポシェットに、スマホやiPodを入れて操作すると、反対側のポシェットもカバーとなって、まるで、本の間にiPodを挟んで使っているようで、自分が何をしているかとか、ゲームをしているところを他の人に見られなくて済みそうで良いと思った。
d0063149_12053149.jpg


うわ~、こういう雑誌の付録が優れているとは本当だ、こんなのを実感してしまうと、来月からも買ってしまいそうだし、他の付録も探してしまいそう、お~怖っ。(笑)

でも、広島Iさんに感謝!

因みに、やはり、雑誌本体は一ページたりとも開けておりません。(笑)←と書いたが、そうだ、とじ込み冊子を読んだことを思い出した。猫と暮らすという感じの本、でも、きれいごとだなと思った。
[PR]

by mw17mw | 2016-08-02 15:58 | 道具 | Comments(0)