買い物客のお勧め

ひるおびの後に行った食事や、ミュージカルのジャージーボーイズについて、書きたいのだが、それよりなにより、7月末までの猫餌の安い情報があるので、それと買い物関係の話を先に書く。

今、御徒町の多慶屋は大創業祭とのこと。
色々なものが安いのかも知れないが、私が気づいた猫餌の情報を猫を飼っている方に。
7月末まで、チャオチュールの20本入りが、698円と言う特価、一本あたり35円。
いつもは800円くらいで、それでも私が見た限り、コーナンと多慶屋が同じくらいの価格で安いのだが、今はそれより100円安い。
(どうも、チャオチュールに限っては食べ飽きることがないようなので、私も買占めに走っている<笑>)
でも、そのチャオチュール20本入りの上の段には「チャオチュール デラックス 60本入り」というのが並んでいた。
特価でも1本あたり40円、こんなもの、うっかり買ってニャンに食べさせたら、もう普通のチャオチュールは食べなくなってしまう気がしている、絶対、買わないぞ~。

とここからが本題です

最近、広い売り場面積のお店に買い物に行った時、中々知らない商品には手が伸びないのだが、同じ棚を見ている人から、アドバイスを聞いたり、受けることもたまにあり、それが面白い。
そして、結構役に立っている。

<浅草 まるごとにっぽん
昨年末にオープンしたこの商業施設の一階に、日本中の諸国名産の美味しいものが少しずつ置いてあるスーパーマーケットみたいな「」という場所がある。
日本全国から物を集めているので、各県毎のアンテナショップのような、細かい品ぞろえは無理なのだが、一つの地域について一つの商品みたいな並べ方なので、反って買いやすいようだ。
私は、開店の次の日にざっと見た後、混んでいる日が続いていたので、殆ど行っていなかったのだが、一か月程度前に、そのビルに行く用があり、早く着いたので、蔵で初めての本格的ウィンドーショッピング。(と言いながら、何も買わなかったが)
お昼過ぎくらいの時間だったので、空いていて見やすかった。
その時に、私の耳に、「日本橋あたりのアンテナショップより、色々なものが揃っていて、こっちの方がいいわ」という若い女性の弾んだ声が聞こえてきた。
そうか、そんなにマニアでなかったら、一つの県の一つの特産について、10社くらいの似たような製品が売り場面積を取っているよりも、例えば、名古屋のきしめんならこれ、茨城県のうどんならこれと、ご当地うどんが一種類ずつ並べられている方が、どこの何を食べたいまで決まれば、メーカーまで迷う必要もなく製品が選べるところも良いのかも知れない。

それでも、世間的には有名なのかも知れないが、知らないものも多く並んでいて、どれが美味しいかわからないので、手が出ない。
そんなとき、役に立つのは、周囲の買い物客の会話とか、以前、どこかで食べたことのあるもの。
まず、若い男女の三人組が、乾麺の前に立っていたのだけれど、そのうちの一人の女性が、「これ、本当に美味しいのだから」と食べた時のあの美味しさが忘れられないことを熱く友達に語っていて、それが、とても心に届くセールスのように聞こえた。
それは、山形県寒河江市の「昔懐かし味の中華そば(塩)」というもの。
その人が余りに美味しそうに説明しているので、私も買おうと思ったが、季節が6月末だったので、「涼しくなってから」と思い止まった。
「寒河江 ラーメン」で検索しても、美味しそうな実食のラーメン店が沢山出てくるし、寒河江市はラーメンの本場の一つのよう、とりあえず、秋になったら、買ってみよう。

その他、従姉の家で、このまるごとニッポンで買ったというたこ飯の素を使ったご飯のおにぎりを食べたが、美味しかったのだ。
これも探したら、この蔵という店全体で、たこ飯の素は一種類しかなかったので、わかりやすかった。(わかりやすいし、今すぐは必要ではないので、まだ買っていない)

<多慶屋で売っている滝沢ハムの国産豚肉使用もも肉ハム切り落とし>
もう半年くらい前だったか、多慶屋のハム売り場で、鶏のウィングスティックの燻製がなかったとき、担当者の人がいたので「今度いつ入ります?」と聞いていたら、私の隣にいた中高年の女性も、「私は滝沢ハムの切り落としハムが欲しくて来たのに、売り切れよ。これは次いつ入るの?」と聞いていた。
この女性によると、そのハムは、抜群に美味しいとのことだったので、「今度買ってみます」ということになった。
そうして、次に来た時に売り場にそのハムがあったのだが、それは所謂プレスハムで、好みではなかったのだが、ものは試しと思って買ってみた、145gで大きめのスライス7枚で298円。
d0063149_12045592.jpg


(それに名前に「切り落とし」と入っているが、欠けたところのないきれいな丸いハムばかり)
勿論、例えば鎌倉ハムのロースハムなぞに比べようもないが、プレスハムとしてはまあまあという印象で、でも、特段推薦するほどでもないような気もした。(鎌倉ハムのロースハムは、80gで398円だったかな?)
しかし、段々食べ慣れて行くと、確かに、他の大手メーカーのプレスハムより美味しい気がしてきた。
ま、私だって、本当は、ロースハムをずっと使いたいけれど、倹約したいときもあり、また、高いものを節約しながら食べるより、普通の量を食べたいときもあるのだ、そんなとき、この滝沢ハムの切り落としハムはお勧め。

<電動自転車のバッテリー>
多慶屋の自転車置き場で、偶然、私の自転車と同じパナソニックの同じ色、しかし、形がちょっと違う電動自転車が隣に置いてあった。
私の電動自転車を買ったのは、昨年5月に買ったので、昨年タイプ、その時に自転車売り場の人に、パナの電動自転車は、年度によってかごの形が違うと聞いたのだ。
で、その隣の自転車は、私の自転車のかごと違う形だったので、今年タイプかしら?と見ていたら、ちょうど持ち主の女性が来たので、「今年タイプかと思って見てました」と話したら、「3年前のもの」とのこと。
それが、3年前に買ったのだけれど、使っていたら、バッテリーが2年でだめになってしまったとのこと。
うへ~、そんなこともあるのだとびっくり。
で、その人が言うには、「多○屋は最近自転車も安くない。バッテリーも多○屋で買おうと値段を聞いたら、余りに高いので、ネットで買っちゃったわ」とのこと、5千円も値段が違っていたのだって。
それは良いことを聞いた、バッテリーだけだったら、近隣で買う必要ないものね、私もバッテリーが壊れたら、通販を探そう。

<ネバリスター>
(この話題は本題とはずれるが)
私は、どういうわけか、ネバリスターが好き。
ある時、家の近所のライフの新御徒町店に買いに行ったら、258円が定価で、2袋くらいしかなく、それも形が気に入らないものだった。
だったら、自転車で10分もかからないライフの神田和泉町店に行ったらあるかもと行ってみたら、本当に沢山あったのだ。
しかも、価格が198円で、60円も違う。
値札には、「ネバリスター(小)」とは書いてあったが、見た目、新御徒町店のネバリスターと同じくらいの大きさ。
変なの?と思い、サービスカウンターの人に、「新御徒町店と神田和泉町店では値段が違うのですか?」と聞いたら、野菜担当の人に聞いてくれて、「大量に仕入れて早く売りたい店が値段を下げることはありえます」とのこと、ふ~ん。
余り納得しなかったけれど、経営が違うのかな、ま、そこまで、私が絡むことでもないと思って帰って来た。
その後、実は、今週の火曜日から、1日30分以上歩くことに決めて実行しているのだが、神田和泉町店まで往復するとちょうど良い距離なので行くので、そのたびにネバリスターをチェックしているけれど、神田和泉町店は、たまに売り切れの時があるが、基本的にネバリスターは198円で、新御徒町店では258円と変わらず。
たまに欠品の可能性はあるけれど、ネバリスターは神田和泉町店で買った方が得。(こんな記事を書くと、気づかれて、神田和泉町店が値上げするかも。ま、どちらかというと新御徒町店を値下げして欲しい)
[PR]

by mw17mw | 2016-07-29 12:20 | 食材・食材のお店 | Comments(0)