日本堤「手作りパンぶれーて」のコロッケコッペ&浅草伝法院通り「栃木家」のいなり寿司

<手作りパン ぶれーてのコロッケコッペ>

良くこのブログの話題に書くように、私は、一週間に一度以上、東浅草の現金問屋に仕入れに行っている。

そこから自転車で2,3分のところに、いろは会という商店街があって、土手通りの口のすぐ近くにあるぶれーてというパン屋が以前から結構気に入っていたのだが、最近はとんとご無沙汰であった。(私が帰る方向と反対方向にあるからかな?)
d0063149_12040201.jpg

で、久々、そのお店のメインのお惣菜パンである、揚げ物が2つずつ入っているコロッケコッペとメンチコッペ、メンコロコッペの中から、久々なので、味を思い出すために、メンチとコロッケが1つずつ入っているメンコロを買ってみた。
そうしたら、今回は、圧倒的に、コロッケの方が美味しく感じられ、気に入ってしまった。

だから、この前の月曜日、仕入れの帰りに、コロッケ2つが入っているコロッケコッペ270円を買って来たのだ。
家に帰ってから開けて食べたけれど、やはり美味しい。
こんな美味しいコロッケ食べたことがないと思えるし、千切りキャベツが山のように入っているのも気に入った。
d0063149_12040200.jpg

(画像は、自転車のかごに入れて30分くらい走った後のものだから、美味しそうではないのが残念)

そうして、このコロッケの原材料を見ると、「小麦粉 卵 バター 練乳 マーガリン 三温糖 天塩 ヨーグルト コロッケ キャベツ ソース」と書いてあった、多分、コロッケの前までがコッペパンの材料ではないかと思うが、それらがパンの材料としても、他のお店が使わないような材料を使っていて本当に凝っている。(でもね、パンも美味しいけれど、コロッケがとても美味しいのだ、コロッケに何か特殊な材料を使っているのではと思っている。今度買いに行ったときにもっと詳しいことを聞いてみよう)
このお店の隣が揚げ物をやっているお肉屋さんで、「もしかして、揚げ物は隣の家で揚げてもらっている?」と疑ったときもあるが、今回買うときに聞いたら、全て自分のお店で揚げているそう。

中々行かない地域で、近隣の人しか買えないかも知れない。
遠くから来る人は、土手のいせやの近くなので、買おうと思えば、おみやげに買えるけれどね。(日祭日は休みだけれど)
美味しいか不味いかだけで物を言えば、とてもお勧めのコロッケコッペ。(もしかして、有名な南千住の青木屋より美味しいかも。でも、最近、青木屋のもの、食べていないから、良くわからないけれど。今のところ、コロッケパンでは、ブレーテが一番)

浅草栃木家の稲荷寿司>
またまた、桃猫さんのブログで、浅草の栃木家というお豆腐屋で、弁天山美家古寿司とコラボしたおいなりさんを売っていることを知った。
おいなりさん大好き人間の私は、「これは食べなくては」と思い、ぶれーての帰り、浅草寺の方に回って、栃木家に行ってみた。
でも、残念、月曜日は、美家古寿司の定休日だから、お店に並ばないのだって。
そうして、そのおいなりさんがお店に並ぶとしても、お昼過ぎとのこと、そうして、またまた残念なのは、気候が暑くなるので、おいなりさんは6月いっぱいで一旦製造中止とのこと。
残念、というか、平日は中々お昼頃に浅草に行けないから、今度の土日に頑張って手に入れないと、秋までお預けになってしまう、頑張って、絶対6月中に食べよう。(桃猫さんのブログ以外では、ここに食べた感想が載っている。)
[PR]

by mw17mw | 2016-06-23 16:29 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)