江戸川橋界隈−「椿山荘 無茶庵」でそば御膳

昨日紹介した蛍狩りのページに、「椿山荘で食事をするなら、そば処無茶庵」が一番安いと書いてあった。
どこで、夕食を食べるかは決めていなかったのだけれど、江戸川橋から歩く道々、やはり、食べるのなら、椿山荘の中が一番楽かなという思いが沸いた。

そうして、冠木門に着いたときが、午後7時頃だったのだけれど、まだ明るかったし、守衛さんに、7時半くらいから見頃と言われたので、だったら、その前に食事をしようということになった。
冠木門から一直線の道から左に枝分かれした道が2つくらいあって、そちらに行くと、木春堂とか無茶庵に行けるみたいだった。
おそばなら安いでしょうと無茶庵に行ったのだ。
無茶庵に行くには、道が2つあるのだけれど、両方とも砂利が敷いてある高さの低い石段の道で、今当たり前のようになっているバリアフリーとかの配慮は全然なかった。(というか、配慮してしまうと、風情がなくなってしまうかも)
お年寄りの人たちは来にくいお店ねなぞと思いながら、入ってみたが、いざ、席に着いてみると、結構杖をついてらっしゃる老年の方が家族と一緒に食べに来ていた、足は衰えてもそのくらい歩けるわよという感じなのかな?。

ちょうど食べ終わったお客さんが帰るときで、10分くらい待ったら、入ることができた。
d0063149_12033786.jpg


中に案内され、建物も内装も全て木というお店、窓からも木々や緑しか見えない落ち着いた雰囲気。
サービス料10%取ることもあり、サービスの女性たちの態度も気持ちが良かったし、和服に白い割烹着みたいなスタイルでサービスされたので、心地よかった。(但し、料理がテキパキ出てくるということは諦めるしかなかった)

ただ、一つ残念だったのは、椅子が重たい木製で、床も木製なのかも知れない、椅子を引いて座ってから椅子を前に押すとき、床と椅子が擦れて余りきれいでない音がするのだ。
それが誰が椅子を引いたり押したりしても、必ずキキーみたいな音がするところが残念であった。

このお蕎麦屋さんは、そば御膳とか、そば懐石という高いメニューもあるが、一品の天ぷらそばみたいなメニューもあった。
最初、椿山荘に行くとき、1万円のバイキングとか候補に上がったのはちょっと手が出ないと思ったけれど、4千円くらいのコースなら、ま、食べても良いかなと思って、そば御膳という、4千円+サービス料10%を取ることにした。

このそば御前、お店が段々混んで来たこともあるのか、6種類の料理が出てくるのがスローになり、食べ終わるまで2時間くらいかかってしまった。(でも、ゆっくり、色々な話をしながら、食事ができたので、不満はない)

全体、最高ではないけれど、お料理は普通以上に普通に美味しかった。
ただ、私は冷たいお蕎麦を食べたのだけれど、お蕎麦のつゆが甘過ぎるという程ではないのだけれど、辛くなかったのだ。
こういう全国から人が集まるところのお蕎麦というのは、どの地方の人が食べても抵抗を感じない、どこかの一地方の風味に偏らない味付けという感じに作らざるを得ず、それが中途半端な印象を与えるなと思った。
お蕎麦本体は美味しかったとは思うのだけれど、印象に残らなかった。
だいたいにおいて、お蕎麦以外の料理が美味しいような気がした。

前菜 本日の豆腐(枝豆豆腐)・鳥つくね串・じゅんさい・卵黄味噌漬け。黒豆蜜煮。茗荷寿司
d0063149_12033724.jpg


造り  二種盛り 妻一式
確か、鯛とめかじきと言われたような覚えが。
悪くないのだけれど、最高ではない感じ?
d0063149_12033872.jpg


温物  そば饅頭 青味 わさび 銀餡
私としてはこれが一番美味しかった。そば粉をまとめたものにそばの実で覆って、揚げたものに、銀餡がかかっていた。
そばの実もカリカリ香ばしかったし、水で溶いだと思われるそば粉のお団子も蕎麦の香りも良く美味しかった。
d0063149_12033885.jpg


揚げ物 海老 白身魚 野菜二種
これは所謂天ぷら。
d0063149_12034355.jpg


食事  二八そば 又は 温かいそば
下は、広島Iさんの温かいお蕎麦。
器が可愛かったので写させてもらったけれど、その時は気にならなかったけれど、きっと広島のかけそばは、おつゆに醤油がはいっていない、真っ白に近いものだと思うのだ。
だったら、この無茶庵のつゆは、真っ黒?真っ茶?とか気になったら、この画像で確認できた。
やはり、東京風の真っ黒の返しのつゆではなく、ある程度、透明感のある茶色であった。
広島Iさんの感想を聞くのを忘れてしまった、お口に合ったのだろうか?
d0063149_12034409.jpg


私の冷たいお蕎麦。
おつゆが辛汁ではなく、ちょっと甘いタイプであり、大根おろしと合っていたような気がする。
お蕎麦は、悪いけれど、美味しいとか不味いとか印象がなかった。
d0063149_12034429.jpg


甘味 本日の物
梅大福と言っていたかな?
d0063149_12034445.jpg


2時間もお店にいたので、隣の席は二回転したし、色々なお客さんを見ることができた。
若いカップルや友達同士の人たちは、コースのようなものを取らずに、単品のお蕎麦を食べてささっと出て行く感じ?
年配のご夫婦なぞは、私たちのようなコースなぞを食べる人が多いような気がした。
どちらかというと、単品のお蕎麦を食べに来る人が多い感じのお店であった。(隣の人が天せいろを取っていたが、天ぷらも美味しそうで良さ気であった、サービス料込で2200円かな?)

お店の雰囲気も、サービスも良いし、窓からの景色も、他では味わえないものだから、落ち着いてゆっくり食事したいときにお勧め。(このくらい、緑に囲まれて食事ができるところは少ないし、そういうお店は夏に人気があって、予約が取れない可能性が高い、例えば、上野の山の韻松亭とか)
他、椿山荘のレストランは色々あるけれど、高級だね~。
[PR]

by mw17mw | 2016-06-16 18:26 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)