最近の冷凍食品−山本純子さん推薦商品を求めて根津に行く

つまらない話だが、我が家から一番近い、隣の駅前にある大型家電量販店で、アンテナコードの延長コードを買いに行ったのだ。
そうしたら、4mで1540円とのことで、それに決め、レジで1550円を出したら、おつりが、440円だったのだ。
「あら、多すぎます」と店員さんに行ったら、「これで良いのです。最近、午後になると、値段が変わっているものが多いのです。レジを通した値段が正しい最新の価格です」とのこと。
何でも、係りの人がインターネットで他店の価格を調べ、自分の店より安い価格があると、そこまで、ダウンさせるのだが、それはレジまでで、品物に貼ってある価格まで貼り直しできないとのこと。
思わず、「ということは、午前中の価格は暴利をむさぼった価格?」と聞くと、店員さんはニヤニヤしていた。
このお店、インターネットで安い値段の確証を持ってくれば、必ず、価格が下がるとのこと。
一つ利口になったというか、買い物も単純にできなくなる時代なのね。
そういえば、このお店の棚に貼ってある値段表のところに「バーコードをご利用ください」とあったので、バーコードリーダーのアプリを落として再度行ってみたけれど、どうも、バーコードリーダーでは全然うまく行かない。
仕方がないので、キャッシャーで聞いたら、このお店専用のアプリをダウンロードすると、その中にこのお店用のバーコードリーダーが入っているんだって。
ちょうど、そのアプリがiPodに入っていたので、そのアプリを起動してバーコードリーダーを使ってみたら、カメラと連動していませんとの注意が...。連動させるのはどこだと探してもわからないので、総合受付で聞いたら、その会社のアプリ自体ではなく、iPodの設定の中にあるその会社のアプリの設定で設定できるとのこと。
うわ~、ちょっと買い物に行かない間にずいぶんやり方が変わっている、普通のおじさん・おばさん付いて行けるかしらね?
私も後何年ついていけるかわからない。(笑)

−−−本題です−−−

最近、私は、友人親戚に評判が悪く、一か月に一度くらい、ブログを読んでいるリアルに会う友人・親戚たちから、「そんなに外食ばかりして、お金が勿体ない。お弁当を買えば半額よ」とか「そんなに外食ばかりしていたら、体重も心配だけれど、お財布は?」みたいなことを良く言われる。
う~ん、今のままのペースで外食しても、洋服とかしめるところはしめているので(と本人は思っているが、ざるかも)、破産する心配はないのだけれど、辛い時もないことはない。
でもね、このブログを続けていると、これから書ける話題が5本の指くらいないとつい不安になってしまうのだ。
一番楽に文章を書けるのは、飲食店の感想ということで、土日のお昼なぞご飯を作るのも面倒なこともあり、つい、飲食店に行ってしまう。
ま~、週に2,3回、外で食べているかな?

ということで、さすがの私も、若干反省してみたら、そうだ、最近、冷凍食品の研究をしていないことを思い出した。
何故しないの?と言われれば、「どの冷凍食品が美味しい」というテレビの特集を見なかったことと、田原町にあった赤札堂という冷凍食品の品ぞろえが良かったスーパーが、なくなってしまったからなのだ。

それを先日、マツコの知らない世界で、山本純子さんという冷凍食品評論家が新しくて美味しい冷凍食品を紹介していたのを録画して見たのだ。
詳しい商品名は、このページを見てね。
その上、dマガジンを見たら、先週の女性自身6月14日号にこの山本純子さんがマツコの番組とは被らない商品を8つ紹介していたのだ。

それらをメモして、近隣の色々なスーパーに行った時、それらがあるのか、チェックしたのが、この山本純子さんの推薦している商品は味の素のぎょうざ以外殆ど取り扱われていないみたい。

と言うことで、以前、田原町の赤札堂は種類豊富だったし、日曜日は半額の日だということで、日曜日の午後に根津の赤札堂まで行ってみた。(赤札堂は、上野広小路のABABの地下にもできたが、ここは、盛り場にあるせいか、冷凍食品の半額セールとかやらないみたい)

で、根津の赤札堂の2階にある冷凍食品売り場を探索。
さすが、赤札堂、他のスーパーより山本純子さんが推薦したものがあったのだ。
ただ、残念なのは、前回、冷凍食品に凝った時に気に入ったハインツのチーズハンバーグは根津のお店にはなかったこと、あれは美味しかったし、半額で買えるとコスパ最高だったのに...。

ということで、明日から、その時に買った冷凍食品の評価を書く。

そういえば、根津に行くとき、不忍通りの一本中の路地(赤札堂の裏の通り)を走ったら、新しいお蕎麦屋さん「蕎心」(そばごころ)ができていた。
d0063149_12031926.jpg


そのお店は美味しそうだったけれど、確か、ここって、魚屋さんだった?と思って、周囲をきょろきょろ見回すと、魚屋さんが見当たらず、そうか、やはり、あの昔ながらの魚屋さん、なくなってしまったと、若干淋しかった。
また、そのお蕎麦屋さん、美味しそうだったので、次回、根津方面に行くときは是非入りたい。

で、家に帰ってテレビをつけると、モヤサマが上野・根津特集で、根津に、柴犬のまるのお店ができたとかで、その紹介をしていた。
(まるという柴犬さんは、お店にはいないのだが、お店の近所に住んでいるみたい)
テレビが終わって、根津のどこかと調べたら、赤札堂の不忍通り沿いの並びではないか。

不忍通りの歩道って本当に細くて自転車が走りにくいので、往復とも裏通りを走ったから、そのお店を見つけられなかったのだ、残念。
今度はここにも行ってみよう。
[PR]

by mw17mw | 2016-06-09 18:00 | 食材・食材のお店 | Comments(0)