浅草駅界隈−「山水亭 月」で和牛焼き肉

最近の桃猫さんのブログは、浅草の路地裏の小さなお店を紹介してくださり、とても参考になっている。
今日はお昼くらい浅草に行く用があったので、桃猫ブログの山水亭 月か、「鳥平」のどちらかにしようと思って出かけて、まず、鳥平の前まで行ったのだけれど、戸が曇りガラスなので、中が全然見えない、そうして、ランチは主に鳥のから揚げ定食なのだが、私としては、焼き鳥屋でランチを食べるとしたら、「きじ焼き重」とか「焼き鳥丼」の方が好みだなと思った。
(地図が必要だから、食べログ情報をば、鳥平さんはこちら、山水亭 月はこちら
ということで、こちらではなく、山水亭 月に行ってみた、間口が小さく、つい見逃しそうだけれど、新品で新しいので辛うじて何とか目立つ感じ?(鳥平さんは、三代目とかそんな感じのお店)
一階は、奥に細長いカウンター席のみの作りで、先客は一人だけ。(後からお客が2階から降りてきたので、2階もあるみたい)
まだ、できたばかりで、きれいだし、店員さんも感じが良かった。
d0063149_12031448.jpg


下のメニュー以外に、桃猫さんが召し上がられた和牛サイコロステーキもあるよう。
このお店独自のHPには、ランチ3500円とか書いてあるし、桃猫さんの和牛サイコロも1500円なので、高いお店と思って入ったが、千円以下のメニューが揃っていたので、ホッ。
牛肉がメインのお店だが、マグロ料理とか、素麺があるところが面白い。
(食べ終わってから)お店のお姉さんに、「三春素麺って、何ですか?」と聞いたら、「福島県に、三春の桜で有名な三春というところがあって、そこ独特の素麺。太くて平たくて、稲庭うどんに似ています。私としては、稲庭より三春の素麺の方が美味しいと思う」とのこと。
また、三春の素麺は、毎年、桜の季節に、うどん粉に桜の花の粉を入れて打って、春の季節だけの素麺を作るそうだが、このお店は、そのピンクの素麺を大量に買ってあるので、それを出してくれるとのこと。
また、その桜の粉が入った素麺は、噛むと、ほのかに桜の香りがするとのこと、ふ~ん。
何だか、一度は食べてみたいなという気にさせる、このお姉さんのトークはとても上手であった。
d0063149_12031475.jpg


私の定食には、サラダと小鉢とお漬物とお味噌汁がついてくる。
まず、サラダなのだが、量がたっぷりで野菜が新鮮、ドレッシングは、ポテトサラダのポテトを細かくして、また、粘度を緩くした感じのドレッシング。(マヨネーズベース)
勿論これも美味しかったし、小鉢のこんにゃくを薄く切って手綱切りというのだろうか、真ん中に筋を入れて、こんにゃくをねじった形にしたものを味付けてあったが、これも美味しかったし、お漬物も問題なし。
画像を撮り忘れたが、お味噌汁もかつお節の薫り高い物で美味しかった。
d0063149_12031576.jpg


サラダを食べていると、お料理とご飯とお味噌汁が運ばれてきた。
お肉は、夜の高い料理に使ったお肉の切り落とし?
ちょっと硬いところもあったが、まあまあ、別に問題がないと思う、味付けは濃いめなのだが、焼き肉のたれが濃いという感じではなく、我が家なぞ、父親が良く牛肉の薄切りを焼いて色々な調味料で味付けしたものを出してくれたが、それとも似ていた。
家庭的な薄切りを洋風に焼いたものと、所謂焼き肉のたれの味付けの中間くらいの感じ?
もうちょっと味が薄くても良いような気がする。(お店の人にちょうど良いと言ってしまったが)

ご飯も美味しかったけれど、量は、お肉の量に比してちょっと少な目?
私は最初目で見た時、「ご飯が足りなそう、足りなかったら、どうすれば良いのだろう」と思ったけれど、最後結局足りてしまった。
だから、帰り際に、ご飯の量は?と聞いたら、出されたときに見て、もっととか、減らしてと言ってくださいとのこと。
d0063149_12031500.jpg


出てきたもの、全て美味しかったし、とても気に入ってしまった。
桃猫さん、良いお店を紹介いただき、有難うございました。
[PR]

by mw17mw | 2016-06-05 22:01 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented at 2017-02-04 17:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mw17mw at 2017-02-05 22:25
> ○猫さん
どうしたのでしょうね?
私も当分浅草に行った時、気にして、何かわかったら、報告しますね。