品川−水の区域へ

いちょうの木を出て、商店街を北品川の方に戻り、広島Iさんを船泊の方に案内。
船泊は相変わらずごちゃごちゃでお水も汚く、変わったこともなかったのだけれど、その並びにある船宿というのか、屋形船なぞを営業しているお店の前で、東京湾で釣りをしてきた家族が、釣ってきた魚の整理をしていたところに出会った。
知らない魚も沢山いたが、小さめの鯖がいたので、びっくり。
どの魚も小振りではあるが、きれいで新鮮で美味しそう。
d0063149_12021657.jpg


そのまま、天王洲に渡るため、山手通りの方に向かったのだ。
そうしたら、その日は日曜日でお休みだったけれど、いのパンというパン屋が出てきて、ここは何だか美味しそうな気がする。
(と思ったが、確かに食べログによると、北品川界隈のパン屋さんの中で圧倒的高得点店であった。)
d0063149_12021783.jpg


ネット友達御殿山Iさん情報によれば、ブレッドワークスがあるところに、新しい雑貨屋さんとか小洒落たレストランができているとか。
ブレッドワークスの手前の路地を入って行くと、新しい雑貨屋さん(スローハウス)が確かにあり、その先は、SOHOLMというレストランであった。
SOHOLMも、家でお店のHPのメニューを見て、何だか結構凄そうと思ったけれど、実際に行ってみたら、木の感じを生かしたお店で、メニューよりカジュアル館の溢れたお店であった。
でも、いちょうの木で氷を食べたばかりだし、雑貨屋さんを見て終わり。
(その雑貨屋さんには洒落たもの美しい物が沢山あったが、一つ何か気に入ったものを買って家に持ち帰ったとしても、古い家では浮いてしまいそうと、広島Iさんと評価)
d0063149_12021740.jpg


その路地を運河の方に出ると、何に使うか良くわからない、船というのだろうか、わけのわからない木造船が浮いていた、これも新しい。
d0063149_12021836.jpg


そうして、そこを今渡ってきた山手通りの橋の方を見ると、今来た橋からブレッドワークスやビール屋さんのあるところまでが、全てウッドデッキになっていた。
橋から降りて、ブレッドワークスまでウッドデッキを散歩できるようになったのかも知れない。
しかし、最終、このウッドデッキからビール屋さんの方に入れるかと言うと入れなかった。
一つ手前の角を曲がらないと、ブレッドワークスやビール屋さんには着かないみたい、不思議。
d0063149_12021838.jpg


(下の画像はふれあい橋から見た、左がブレッドワークスというパン屋で、右がビールやさん)
d0063149_12021853.jpg


とりあえず、ブレッドワークスで一休みした後、ふれあい橋を渡って、海洋大学のある島に渡るとき、広島Iさんが右側の高いビルに「River Terrass」の看板を発見。
今まで、ここらへんには、ブレッドワークスしかなかったけれど、他の飲食店もできて、発展しているのだと気づく。
(家に帰ってから調べたら、このブログによると、リバーテラスは、スタバなぞが入る複合商業施設のよう)
手前、橋の近くには座り心地の良い椅子も設置されて、ここらへんはどんどん素敵になっている模様。
d0063149_12021969.jpg


海洋大学は、門が閉まっていて、細い通用口だけが開いている状態で何だか、入りにくくて入らなかった。
最後、品川駅まで広島Iさんを何気なく歩かせてしまったけれど、結構距離があった。
このコースの散歩だったら、最後は、一駅だけだけれど、北品川から京急で品川に戻った方が良かったかも。

という充実した一日であったと、私は思うけれど....若干趣味の押し付けっぽいかも。(笑)
ただ、私は本当に、御殿山から北品川の商店街に出て、天王洲のブレッドワークスの方に歩くコースが変化に富んでいるし、色々な歴史と発展を内包していて、とても好き。
[PR]

by mw17mw | 2016-05-15 09:25 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)