品川のつばめグリルとマリオットホテル

JALの整備場から、どうにか品川駅までたどり着いた後、マリオットホテルへのバスの時間をチェックしてから、つばめグリルに向かう。
品川はどこでご飯を食べてよいかわからないし、ま、つばめグリルだと、「東京の定番のハンバーグ」というイメージだから、広島Iさんがいらしたことないのなら、一度は案内すべきだろうと思えた。
建物自体、他の商業ビルの中のテナントではなく、つばめグリルのために建てた建物で、豪華ではないけれど、それなりの風格もあるし、品川店は、つばめグリルの社長宅の近所にあり、社長が毎日味をチェックに来ているという噂。
(やはり、東京のものではないけれど、東京のシウマイと言ったら、崎陽軒、東京のハンバーグと言ったら、つばめグリルが定番?)

中に入ったら、すぐに1Fに案内された。
以前2Fには行ったことがあるが、1Fは初めて。
2Fは、窓から街路樹が見え、1Fは半地下みたいな感じ?(できたら、2Fの方が良いかも)

どうせならと、それぞれに、このお店の銀紙に包んであるハンブルグステーキにライス、トマトファルシーは半分ずつにした。
d0063149_12020397.jpg

d0063149_12020473.jpg


まもなく運ばれてきたが、「あれ?ハンブルグステーキって、こんなに酸味が強かったっけ?」と思ってしまったのは、ここ数年食べていないからかな?
もっと濃いデミグラスっぽいデミグラスだと思っていたが、結構酸味が強くてさらっとしたデミグラスであった。

広島Iさん、グルメで高級店を色々ご存知のようで、このつばめグリルを満足してくれたかどうか、聞くのが怖い。(笑)
(私の感想は、「まあまあ、こんなものかな?」とか「昔の方が美味しかった」であった。<笑>)
でも、ま、東京に来たなら、一度はつばめグリルと思う私。(だって、つばめグリルは、殆ど東京の他、新横浜・川崎・大船に出店しているだけだから、この味は、東京と神奈川でしか味わえないのだ。)

今の東京、ハンバーグを出す個人経営の洋食店も減っているし、ファミレスを除いたら、やはり、つばめグリルが一番個性的で、リーズナブルで美味しい方ではないかと思う。(上野のアトレ店は嫌いだけれど)

ささっと、食事をしてから、マリオットホテル行きのシャトルバスに乗った。
ちょうど、その前の週だったか、マツコの知らない世界、マリオットホテルのベイカリーのカレーパンが紹介されたので、それを買おうということになったのだ。

で、実際にマリオットホテルに到着。
d0063149_12020499.jpg

(上の画像の手前低層のガラス張りのところが、ラウンジ。外でも、食事ができるみたい。また、マリオットホテルは、ホテル部分以外、オフィスとかレジデンスの建物があるみたい←詳しいことは良くわかっていないが)

まずは、その向かいの三菱の開東閣とその隣の元SONY本社の跡地の再開発ビル(ガーデンシティ品川御殿山)を紹介。(今、調べたら、このガーデンシティ品川御殿山にも、品川駅や五反田駅行きのシャトルバスがあるみたい、さすが~)
その後、マリオットに戻り、1Fを歩くけれど、中々ベイカリーが見つからない、案内図にはあるはずなのに、どうして目に入らないのだろうと再度探したら、本当にパン屋さんではなく、パンコーナーみたいな感じのスペースでがっかり、これをベイカリーというのかとがっかり。
また、そのお目当てのカレーパンも売り切れ、ま、一つ340円だったかの高級カレーパンだったので、なくて、良かったかな?
d0063149_12021031.jpg


マリオットホテルの1Fのラウンジはオープンで良く見えたのだが、アフタヌーンティーのようなセットがとても美味しそうであった。
家に帰って価格を調べたら、高くてびっくり。(3600円と出ているけれど、税サービス料込?)
でも、素敵だから、機会があったら、一度くらい行っても良いかな。

で、その後、私が得意の(と言っても、殆どネット友達で御殿山在住のIさんの受け売りなのだけれど)、御殿山の山の上から、陸橋を渡って、第一京浜・品川宿の商店街の方に行った後、船泊りを見た後、天王洲に渡って、ウォーターフロントの気分を味わうコースに出発。

この情報によると、御殿山の謂れは、徳川将軍の鷹狩のときの休息場であった品川御殿であり、それが1702年に焼失したらしいが、その場所がマリオットのお庭を含む一帯ではと思うし、とても素敵なお庭なので、そこを歩きたかったのだ。
d0063149_12021019.jpg


でも、マリオットのお庭を下って、品川の下町に行ってしまうと、原美術館・ミャンマー大使館を見ながら、低層の格好良いマンションのコースには行けないので、諦めた。(ケチして原美術館も外から見るだけで、入らなかった。確かに原美術館は現代美術に興味のない者には、価値が少ないかも。でも戦前の建物としては、建物とお庭がモダンで素敵なのだけれどな~)
d0063149_12021231.jpg


ミャンマー大使館を見るコースの方なら、マリオットのお庭も見ることができるし、で、今回もいつものコース。
d0063149_12021232.jpg

ミャンマー大使館に突き当たる道を品川宿の方に曲がって、少し行ってから、振り返った画像。
右側がマリオットのお庭、左側に見える茶色い低層階は恰好良いマンション。
なぜか、道路に並べられたコーンがアクセントになっている。(笑)

ということで、今日は、ここまでで、明日は、品川宿の商店街といちょうの木の話。
[PR]

by mw17mw | 2016-05-13 17:21 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)