両国駅界隈−「穂乃香」で北斎せいろ

何だか、書きたいことが沢山あるのに、書かないでいると、最近のことの方が印象が鮮明だから、余計古いことが書けなくなる。
困ったものだ。

正しい順序とか考えていたら、書けなくなるので、思いつくまま。

連休のある日、何か展覧会を見に行こうと考え、最初は、江戸東京博物館の真田丸を考え、それだったら、その近所のクインベルでランチと思って、自転車を走らせたのだ。
でもね、午後1時頃クインベルに着いたら、外で席が空くのを待っている人がいて、それで嫌になってしまった。

お腹は十分空いていたので、両国界隈で何か美味しいものと考えたとき、確か、桃猫さんの情報からだと思うのだが、穂乃香というお蕎麦屋さんの住所をiPodの「行きたいお店」に控えてあったので、そちらに向かった。
住所は、墨田区緑なのだが、緑には、何回か行ったことのある図書館があるので、普通よりは土地勘があったはずだが、結構、地図が街角になくて、緑1丁目と2丁目の関係がわからなく、迷っていたのだ。

そんなとき、京葉道路の信号で止まった隣に、いかにも地元民らしい人がいたので、「緑一丁目の穂乃香というお蕎麦屋探しているのですが」と話しかけたら、「その名前は知らないけれど、もうちょっと先に行って、次の信号を右に曲がると、高そうなお蕎麦屋があるから、それではないかしら?」とのこと。
で、実際に行ったら、本当に高そうな構えのお蕎麦屋で、ずばり、穂乃香さんであった。
(穂乃香さんの本当の名前は、「蕎肆 穂乃香(きょうし ほのか)」で、お店のHPはこちら。)
d0063149_12014790.jpg


カウンターなら座れるとのことで、一人だし、カウンターで十分。
カウンターの中側には、蕎麦の実を粉にする電動の道具がきっと熱を発生させないぎりぎりの早さで回っていた、それにその横には花まで飾られて、何はともあれ、オシャレ。
(新しい蕎麦屋を開業する人って、蕎麦に対する意識も高いけれど、美意識もすごいよね、なぜか)
d0063149_12015238.jpg


席は、4人用テーブルが3つ、2一用が2つ、カウンターが5人で、定員21人のよう。

こだわりのお蕎麦屋さんらしい。
メニューを見ると、普通のせいろや天ぷらそばの他、このお店オリジナルの「北斎」という鴨肉と野菜のおつゆで食べるおそば、「穂乃香」という揚げ餅や湯葉のお蕎麦、「両国黄金(こがね)」という胡麻汁の冷と温が写真つきで、お勧めに載っている。

北斎せいろというお蕎麦が、せいろ二段で「冷たいそば」と書いてあったので、これに決めたのだが、う~ん、結構失敗。
d0063149_12015306.jpg


というのは、直に運ばれてきたのだが、お蕎麦は確かにきりっと冷えていたのだが、おつゆが熱々、それも、鴨の油が表面を覆っているから、冷めない感じ。
このお店が悪いのではなく、鴨が入っている汁は、鴨せいろを初め、熱いのが当たり前なのだ、きっと。(少なくとも、東京の蕎麦通の間では)
それなのに、冷たいそばの言葉に、私が勝手に「全体冷たいお蕎麦が食べられるはず」と脳内変換していたみたい。
d0063149_12015384.jpg


鴨肉の他に、細かく刻んだ鴨肉の脂身が入っているから、まるで、過橋米線みたいに、わざと冷めないようなおつゆ。
それだけを味わってみると美味しい。
でも、冷たいお蕎麦をつけて食べると、お蕎麦の腰がなくなり、お蕎麦自体凡庸な味になってしまう気がする。

私は不思議なのだ、この冷たいお蕎麦を熱々のつゆにつけて食べる食べ方を好きな人がいることが...。
(先日、テレビで山形の蕎麦事情を見たが、山形で「お蕎麦」と言ったら、冷たいものしか食べないと言っていた。)
ものすごく寒い日、つい、熱い汁の中の熱いお蕎麦を食べないことはない、でも、熱いつけ汁に冷たいお蕎麦って、どうしても理解できない。(そういえば、ラーメンでも、つけそばは余り食べない。)

仕方がないので、途中から、私は、お蕎麦はお蕎麦で何もつけずに食べ、おつゆはおつゆで飲んで、別々に味わった。
絶対、この方が美味しいと、確信して、最後までそういう食べ方で食べ終わった。

あ~あ~、とても残念。
お蕎麦もふくよかで腰があって、美味しいし、つけ汁も素材出汁とも良いらしく、美味しいお店なのに、それが合体すると、私の好みから外れてしまうのだ。

そこのところだけ、残念。

今度、こういうオリジナルメニューを取るときは、もっと疑い深く、店員さんに、おつゆも冷たいかどうか聞いてからにしよう。
近々、リベンジに行って、全部冷たいお蕎麦を食べてみたい。

見かけ余りにきれいで、近所の人も来るだろうけれど、遠くからの人狙いのお店かなとも思う。
だったら、近くに何かあるの?というと、江戸東京博物館の出入り口から近い。
(同じく江戸東京博物館の近くには、「江戸蕎麦 ほそ川」があるが、ここは高いので有名なので、私は入ったことがない。
それに比べたら、穂乃香の方が入りやすい感じ?)
[PR]

by mw17mw | 2016-05-11 12:11 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)