生卵を食べるのなら

皆様、連休はいかがお過ごしでしょうか?
私は、5月1日に広島Iさんと歩き回り、2日は普通に働きました。
そして、3,4,5日は特段予定はなかったこともあり、先日、NHKの大河ドラマ「真田丸」を見たら面白かったので、一か月見放題を契約して、2日の夜から昨日のお昼まで、見逃した13回全て見てしまいました。(笑)
でも、ちょうど、突然、家の間貸し部分に昨日・今日と午前中工事が入ることになり、出かけられないので、ちょうど良かったです。
疲れてくたくた眠ったり、真田丸を見ていたら、ついつい、ブログを休んでしまい、ごめんなさい。

しかし、全然出かけないかというと、うちのニャン、午前中は大人しいのですが、お昼くらいになると、ニャアニャアと私を追い出しにかかるので、お昼くらいには出かけます。(どうも、私の布団が気に入っていて、そのニャアニャアは、「早く出て行って、私がそこでまどろむ番なのだから」と言っているようです。もう一部屋あれば、私がずっと自分の部屋にいられるのですが残念です)

まだ、4月初めの千葉旅行もまとめておらず、何だか、この1日の散歩についてもすぐ書けないのが、残念です。

ということで、簡単な話題をば。

1,2年前に、作者も本の題名も忘れたのだが、スーパーとセブンイレブン両方に勤務したことのある流通評論家の「スーパーを斬る」みたいな本を読んだのだ。

色々書いてあったが、その本で一番というか、一つだけ印象に残ったのが、生卵に対するスーパーとコンビニの扱いの違いについて。(コンビニと書いたが、正しくは、セブンイレブン)

何でも、スーパーでは生卵を常温で保存すること、特売の時にスーパーの卵が安くなるのは、スーパーが仕入れた卵に勝手に賞味期限を入れられることが問題だと書いてあったのだ。

その仕入れた卵に勝手にスーパーが賞味期限を入れることは、「本当?」と思うし、そんなことまでするかというところもあって、そんなには信じていないし、私の場合、卵を殆ど加熱処理して食べるので、その本を読んだ後でも、相変わらず、そんなに気にしないで、安売りの日に卵を買ったりしている。

その作者によると、生卵を常温で保存すること自体が間違いで、正しくは、ずっと冷蔵保存すべきとのこと。
(私が聞いた話では、卵を常温保存した後、冷蔵保存、また、常温保存というように、冷蔵したり常温保存したりを混ぜる保存方法が一番良くないから、家庭で買われるまで常温、家庭に入ったら冷蔵保存にするのが良いと習った覚えがある)

ただ、時々、生卵が食べたくなるのだけれど、そういうときに、スーパーの賞味期限以内の卵を冷蔵庫から出して割ってみると、何だか、だら~んとした卵で、新鮮な盛り上がりが全くないのだ。
それはさすがに生で食べるには気持ちが悪い。
食べて、味がおかしいということはないのだけれど、何だか、気持ちが悪い。
テレビでも、卵は長持ちする食品で、賞味期限は、生卵で食べて良い期限であり、それを越しても、割ってみておかしくなければ、加熱後食べられると言っていた覚えがあるのだけれどね。

ということで、数日前、生卵が食べたくなった時に、「そうだ、セブンイレブンで冷蔵庫に保管している卵を買ってみよう」と思いつき、一番賞味期限が遠いものを買って来て、食べてみた。(価格は10個で200~250円の間だったと思う。スーパーの安売りのときの二倍くらい?)
d0063149_12012757.jpg


そして、家で割ってみると、本当に黄身の回りに白身が盛り上がっていて、こういうのが食べたかったと思った。
食べて、味が違うかといえば、私はそこまでわかっらない。
でも、何だか、安心して食べられる。
d0063149_12012734.jpg


本当にセブンイレブンのずっと冷蔵保存していた卵の新鮮さを実感すると、確かに「生まれた時からずっと冷蔵保存」が正しいかも知れない。
セブンイレブンの卵は、生卵用のみに買おうと思っている。

何だかな~、今まで、お赤飯のおにぎり、食パンと、セブンイレブンの商品をけなすことしかしなかった私だが、初めて褒めてしまった。(笑)

他のコンビニの卵については、調べていないので、どういう保存がされているかは良くわからない。

(と書いたが、最近のガッテンの、卵料理の新世界!ふわふわプリプリ自由自在(2016年5月18日(水)午後7時30分)によると、卵は、白身が盛り上がっていない方が味が良い、卵かけご飯のときも白身が盛り上がっていないの方が美味しいとのこと。
また、これはわかっていたことだが、卵の賞味期限は、「生で食べて良い期限」であり、熱を通して食べるのなら、賞味期限が切れて2週間くらいは大丈夫とのこと。
う~ん、見た目、白身が盛り上がっている方が美味しそうに思えるが、それは視覚だけの効果らしい。がっかり)
[PR]

by mw17mw | 2016-05-04 08:30 | 食材・食材のお店 | Comments(0)