両国駅界隈−CRAZY CAFE BLANKで、美味なおいなりさん

12時半過ぎに私は、そのお店に、戻ったのだが、お客はほぼ0だった。(内輪の人らしき女性がPCを使っていた以外)
その後、どんどん、若い男の子が次々と入ってくるのでびっくり!
この両国駅からもちょっと離れていて、若い人向けのお店、若い人自体も殆ど見かけない街ながら(と言いながら、通りすがりの者の感想だけれど)、「え、この町にも、若者が住んでいるのだ」と思ったことと、「若い男の子はこういうカフェに惹かれるのだ」というのが、素直な感想。

近隣住民以外だったら、誰かと江戸東京博物館を見学した、安田庭園を散歩した、クインベルで食事をした後にちょうど良いお店かも。

お店に入って、エスプレッソを含むコーヒー類の中から、ロングブラックとかいうコーヒーを注文。
d0063149_11594444.jpg


何でもこちらのコーヒー豆はフェアトレードの有機栽培の豆を使っているらしく、大変濃くて美味しい。
ロングブラックは量もたっぷりで気に入った。(最初にエスプレッソの量を聞いたら、ごく当たり前に少量というのでやめておいた)
d0063149_11594679.jpg


で、このお店は、カフェといえども、お水も自分で運ぶし、ファーストフードみたいなシステムながら、原材料が良いからか、ファーストフードのお店に比べたら、価格は、高め。
飲み物は、だいたい、450円から600円の間かな?
d0063149_11594700.jpg


そして、コーヒーを飲みながら、聞くとはなしに、私の後に入ってきた若い男の子の注文を聞いていたら、「おいなりさん」という単語が聞こえたので、お店のお兄さんに「おいなりさんがあるの?」と確認したところ、土日祭日のみ、おいなりさんを出しているのだって。
あ、本当だ、注文を受け付ける場所に見本が飾ってあった。(笑)
d0063149_11594793.jpg


何でも、CRAZYという会社には、ケイタリング部門があって、そこで作っているとのこと。(この人たちかな?)
今は試験的に、カフェで土日祭日のみ出していて、作っている人が食べた人の感想を聞きたがっているとのこと。
で、見るからにピンク色のごはんのおいなりさんだし、変わっているので、一つ買って食べてみた。
d0063149_11594846.jpg


見本と違って、一つ丸ごとで出てきたので、箸を真ん中に入れると、結構硬くて、ふわっとしたおいなりさんではないのだ、硬いのだと思ったけれど、食べると、ご飯が詰まっているという感じが全くなくて、結構ふわっとした食感で美味しかった。
ご飯は何ご飯か聞くのを忘れたが、中にコーン、ひじき、何かのお豆、シラスや雑穀が少々入っているのだけれど、全てうまく酢飯とマッチングしていて美味しい。
コーンなぞうまく溶け込むのかと心配していたが、甘さを余り感じないコーンなのか、うまく馴染んでいた。
お揚げも、ご飯も、マイルドな味付けで、美味しかった。
こんな創作的なおいなりさん、初めて食べたけれど、ここのは成功していると思った。
製作者が評判を気にしているとのことだったので、「最高ではないけれど、私の好きな部類のおいなりさん」とお店の人に伝えておいた。(このおいなりさんを考えた人の食のセンスは相当に良い)
ただ、その後、デパ地下でいなり寿司を見たら、一つ108円だったが、こちらは170円、美味しくて工夫してあって当然という価格。
確かに、他に色々な物が入っているし、美味しいしで、値段相応とも思うけれど、いなり寿司としては高い。

他、家に帰ってから、「CRAZY 石原」なぞで検索したら、色々なことがわかった。
このお店は、このページによると、詳しいことはわからないけれど、クラウドファンディングで資金を集めるのに成功したお店のよう。
何だか、このページを読んでいると、私が行ったときに説明してくれたお兄さんの夢と希望と工夫が手に取るようにわかる感じで、興味深い。
結局は、お客さんが皆ここに来ることが楽しくて、自然とニューカルチャーが生まれるようなお店にしたいのだ、きっと。
偶然知ったお店だけれど、このお店を知ることができて良かった。

一度だけの体験で決めつけるのは危険だけれど、これだけ男の子ばかりが入ってくるということは、私の眼から見たら、「普通に今風のおしゃれな居心地の良いカフェ」と思うのだけれど、やはり、男性の店長主導で、インテリアを詰めて行ったら、結果、知らず知らず男の子が居心地が良いというインテリアになったのかも知れない。(桜の生け方だって、お庭だって、「可愛い」に主眼を置かず、ダイナミックで、男っぽいしね、あ、そうそう、鉄骨の廃材がベルトコンベヤーがあったりのところも、男性向けかも)

このお店、存在する場所が外れているけれど、お勧めのお店。
何だか、コーヒーもインテリアもおいなりさんも、ニューウェーブ、新しい時代に突入したという感じがした。
私は今度は、奇跡のミルクで作ったカフェオレを飲みに行きたい。(また、クインベルの帰りかな)
それにしても、このお店、適度に空いている時の方が居心地が良さそう、変に混み過ぎませんように。

あ、それと、私は祭日のお昼頃しか行ったことがないので、平日や夜がどんな感じかまるでわかっていない。
(夜はこのブログの画像を見ると、やはり、素敵な感じ)
[PR]

by mw17mw | 2016-03-24 07:52 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)