広島からのプレゼント2016.02 1/4

昨年秋に広島の上野の穴子を持ってきてくださって、一緒に、岩崎庭園を回ったIさんと、また、次に東京にいらっしゃるときに遊びましょうということになった。

で、Iさんは、面倒見の良いタイプなのか、また、ご自分が美味しいと思う広島の食品につき、私が嬉しそうな美味しそうな反応をどの程度示すか興味津々ということもあるののか、私に渡したいものが色々あり、このままだと、東京に行くのにリュックを担ぐことになるので、宅急便で予め送らせてくれとのこと。
ま~そういわれてしまうと、リュックを背負わせるのも悪いなと思い、家に送ってもらうことにした。

そうしたら、たくさんのものが届いて、びっくり&恐縮!

で、現在、封を切って使っているものと重なるものは、開けるのを後にさせてもらい、今、私はおかゆを良く食べているので、おかゆに合いそうな二つのものとマーマレードを開封させていただいた。

広島菜本漬け
広島菜というのは、今回初めて食べるけれど、私の住んでいる環境だと、高菜漬けとか野沢菜漬けに近いものだとは思うのだけれど、味付けがソフトで穏やかだから、たくさん食べられる。
広島菜自体は、他の高菜や野沢菜に比べてどんな味かとかはわからなかったが、漬け方がくどくなくてとても良い。
また、最初から細かく刻んでいるので、すぐに食べられるところも良い。
d0063149_11583900.jpg


萩・井上のしそわかめ
これはとても面白い、初めての味と食感の「しそわかめ」。
わかめって、幼い時から当たり前のように食べていて、知り尽くしている食品かと思っていたら、この萩井上のしそわかめは、初めて味わうわかめの食感。
何て言うのか、わかめを細かく刻んだものがくるんくるんしていて、ソフトに胡麻とかしそで味付けされているふりかけのようなもの。(わかめは乾燥していなく、ソフトな食感)
何でも、山陰地方とか長州藩では、昔から、わかめを細かく刻んでご飯にかけて食べていたのだとのこと。
普通は、ご飯に混ぜて食べるものらしいが、私の場合、おかゆにふりかけて食べている。
(本日、弟に、熱々のおかゆとこのしそわかめを渡したら、「何て、美味しいのだ!」と感激していた。)
わかめというと、酢の物にしたり、お味噌汁の具というイメージしかなかったけれど、こういうふりかけ状の食べ方があるって、新しい発見であった。
そうして、この味付けも広島菜と同じで、くどくないのだ、その点、すごく食べやすいし、美味しい。
これは、調べたら、Amazonで、送料無料で取り寄せられるみたいなので、なくなったら、買うかも知れない。
(コメントで、東京でも冨澤商店とかで扱っていると教えていただいた。)

<夏みかんのマーマレード>
日本果実工業という会社の缶詰のマーマレードなのだが、ネットで検索すると、「楽天マーマレードランキング1位入賞」という人気商品らしい。
d0063149_11583976.jpg


缶を開けて食べてみると、本当に酸味がないマーマレードで、味見してみると「え、こんなに酸味がないマーマレードって有り得るの?」と思うくらい、酸味がなかった。
というところで、Iさんに聞いてみると、このマーマレードは、パンに塗るより、ヨーグルトに入れて食べることが多いとのこと。
で、私もヨーグルトを買って来て、このマーマレードを入れてみると、ヨーグルトの酸味があるので、ヨーグルトを食べるには、実は、このくらい酸味のないマーマレードの方が合っているかもと思った。(酸味が苦手な人がマーマレードでヨーグルトを食べようとしたら、このマーマレードしか考えられないかも)

I様、本当に、私が知らない食べ物を色々試させてくださって、有難うございます、楽しいし、感謝しています。

いただいたものに順位をつけて申し訳ないのだが、実は、萩・井上のしそわかめが今のところ一番気に入っている。
[PR]

by mw17mw | 2016-02-27 23:06 | 食材・食材のお店 | Comments(0)