雨の日本橋界隈−主に「小洞天」、ピカソ、メトロリンク

今年のお正月過ぎに、銀行員時代の元上司の先輩と最後に会って2年以上経っていたので、「暖かくなったら久々お会いましょう」と約束していたのだが、先週だったか、突然電話が来て、日本橋高島屋のピカソ展に行こうと誘われて、行ってきた。
d0063149_11582775.jpg


今回のピカソノ作品は、ドイツのルートヴィッヒ美術館所蔵の作品とのことで、小さいという程ではないけれど、大きな作品は少なく、手頃な大きさの作品が多く、見やすかった。
ピカソが、彫刻、焼き物を作ったり、絵を描いたりすると、何というか、芸術を感じる仕上がりになっているから不思議。
(元上司曰く、「ピカソの作品は素人にもわかりやすい」と解説してくれたが、確かに。キュビズムとかの表現に慣れていない段階では「ピカソは奇抜」と思ってしまうが、もう数十年ピカソの作品を何らかの形で見ている者にとっては、そういう奇抜なデザインに慣れてしまうと、反って、どんな作品にも表れている芸術心というか、ちょっとした作品に自然に込められた表現力に目が行くようになるのか)

で、小さな展覧会だったので、1時間もしないで見終わり、どこかで食事をということになった。
元上司の先輩は、最近、東京駅のデパートの中の食堂で中華を食べたら、「余りに不味くて高かった」とのこと。
こういうとき、日本橋勤務が長かったその元上司の先輩と私の頭に浮かんだのは、「小洞天なら大丈夫」という案。(笑)

やはり、日本橋で手頃でリーズナブルでそこそこ美味しい安定の味となると、小洞天かしらね~。

(人によっては、日本橋と言ったらたいめいけんでは?と思うかも知れないが、たいめいけんは元東急の裏という位置だし、一階と二階で料理のグレードと値段が違うとか、ややこしいし、たまのたまで良い感じ、その他、小洞天の並びに「紅花」もあるが、紅花は、昔に比べて相当メニューが変わっているので、そんなに懐かしくないし、行きたいとは思わないのだと、昔日本橋勤務だった古い人間は思う。)
ということで、高島屋から、日本橋の交差点に向かい、交差点を渡って一つ目の路地を入ると、すぐに紅花の赤い看板が見え、その後ろの白い看板が日本橋の小洞天。(小洞天の傍まで行き、隣を見ると、閉まってはいたけれど、日本料理で名前が売れている「さくら井」の名前が...最近時たまテレビや雑誌で見るこのお店は小洞天の隣にできたのであった、昔は何があったっけ?)
d0063149_11582808.jpg

でも、日本橋は、表面は建て替えが進み、新しい大きなビルが主流だが、一本路地に入れば、昔と変わらない風情の小さなビルや飲食店がそこそこあって、昔の雰囲気が残っているところがいいよね。

土曜日だったせいで、それ程混んではいないで、すぐにお店に入ることができ、私は、この小洞天では、シウマイご飯か、硬い五目焼きそばか、柔らかい五目焼きそばが好きだったのだが、今や、色々な売店で柔らかい焼きそばはテイクアウトで買うことが可能だし、大きなシウマイ4個にライスというのも老齢には重たすぎるということで、ここのお店でしか食べられないというキャッチフレーズの硬い五目焼きそばにしてみた。
でもね、店員さん曰く、「昔は、揚げそばだったけれど、今は、両面しっかり焼いた麺で、味も食感も違います」とのこと。
d0063149_11582942.jpg


元上司の先輩は、「シウマイ(3個)ご飯とハーフ麺のセット」と「人気のおそばとシウマイ2個のセット」のどちらにするか考えていたが、私がシウマイを一つもらいたいからと、ハーフ麺のセットにしてもらった。

d0063149_11582981.jpg


で、出てきたのがこの画像奥の柔らかい焼きそば。
いくらハーフの焼きそばに合うお皿がないとは言え、このような、料理の取り皿であろう小さいお皿にこぼれんばかりの盛り付けはひどい!ということになった。

また、私の(昔の硬い焼きそば<揚げそば>)も、上に乗っている野菜たっぷりのあんは昔とそんなに変わらない気がしたが、昔の細くてパリパリに揚がったおそばの方が断然美味しかった。
ここにお酢をかけて、辛子を添えながら食べるのだ。
梅欄みたいなお店の影響だと思うけれど、両面焼きの太めの焼きそばは魅力なし。
揚げそばなんて、市販品もあるのだから、昔に戻してほしい。
その上、料理に添えられているスープがありきたりで、「昔から美味しくなかったけれど今でも美味しくない」ということになった。(笑)
d0063149_11583037.jpg


ということで、「日本橋だったら小洞天だよ」と意気込んで入ったのだが、いざ食べてみたら、満足のいかない料理が多かったけれど、それでも不思議なことに「久々、日本橋の小洞天で食事した」ということだけで結構心が満たされ、損をしたと感じがしないで済むのだ、これぞ、日本橋小洞天マジック。(昔、小洞天近辺に勤務し、良く小洞天に通っていた人しかかからないマジック、きっと、親戚のような感情があるのだ、昔から小洞天は完璧なお店だから通っていたわけではないしという思い出も大きいかも)=小洞天に飼いならされている二人?

で、私がメトロリンクに乗ってみませんか?と誘って、中央通りに出たところにある東洋というお店の前にメトロリンクバスが留まっていたので、早速乗って、三越前→新日本橋→三越前→高島屋→宝町→京橋→東京駅→呉服橋→三越前とぐるっと一周してきた。
これに乗ると、日本橋界隈や東京駅八重洲口の再開発が進んだ街並みや新しくなったビルを座ったままで、ゆっくり見ることができる。
色々見ながら、「ここには昔、何があったっけ?」と当てっこをしたり、昔の思い出をお話ししながら、日本橋見物ができて、とても良かった。

そうこうしているうちに雨が強まってきたので、昔からの知り合い同士で和やかな時間を過ごした後、お互いそれぞれの家路についた。
[PR]

by mw17mw | 2016-02-24 16:38 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)