2016.01.30の築地場外

この前の日、翌日の天気予報は、雨か雪だった。
でも、結局は何も降らなかったのだけれど、その天気予報で、観光客の足が遠のいた築地場外で、いつもより空いていた。

だから、じゃこを買いに行ったのだけれど、久々、ウロチョロ見て回った。
<ちりめん山椒のじゃこ>
いつも買う半久商店に行くと、「自分で味見して、決めてね」とのことで、味見した。
やはり、1kg3千円よりも3500円の方が小振りでしかも味が濃かったので、3500円に決めたけれど、その後、そのうえの3800円の方が美味しいかなと後ろ髪を引かれてしまった。
きっと、3800円は色が白いから高いのだろうと自分で決めつけて諦めた。(笑)
しかし、こうやって、画像に撮って改めて見ると、本当に高いほど、色が白いのね。
d0063149_11572257.jpg


<近大まぐろ>
虎杖(いたどり)というグループが近大まぐろを築地で販売する権利を押さえたみたいで、虎杖グループのお店の前には必ず、近大まぐろのポスターが貼ってあり、私だって、ただの好奇心の強い食いしん坊だから、食べてみたいと思ったが、やたらに高いので、今回はやめておいた。
でもね、一度は食べてみたいという思いは残る、しかし、一番安いのが近大まぐろが2,3切れで、税込み2030円、う~ん、どうせなら、もうちょっと近大まぐろの量の多いものを食べたい。
d0063149_11572833.jpg


<場外の新しい商業施設建設中>
本当は、私は波除神社の方から見て頭上にかかる鉄製の橋を見つけたのだけれど、わかりやすいので、新大橋通りの方から写した画像を載せた。
d0063149_11572821.jpg

確か、昨年末に場外に行った時には、この波除神社に続く道路の上に、このような橋はなかったのだ。
どうもこの橋の両側の奥手に新しい施設を建設中のよう。

その施設に関する情報は下記の看板からしかわからなかった。
「築地場外市場地区先行営業施設」って、何だろうね?
場内は、東京都主導だけれど、場外は中央区主導で、再開発されるのかしらね?

何だか、場外も、場内が引っ越しても今の繁栄が続くように、着々と生き残りのための準備を行っているようで、頼もしいけれど、築地場外、どう変化していくのかな?
d0063149_11572912.jpg


<幸軒のシュウマイ>
同じテレビ情報なのだけれど、余り売らんかなのお店には行きたくなく、そこで思い出したのが、テリー伊藤さんという築地場外で育った人が「昔からの好物の味として、中華の幸軒」を紹介していたのを思い出した。
(食べログで検索したら、他にも中華幸軒というお店もあるようだが、住所が違うし、築地本願寺の裏のよう。)
ここだったら、観光客目当てに新規に開店したお店ではなく、本当に築地で働く人が通うお店っぽいので、興味がわいた。
きっと、テリー伊藤さんの実家の丸武の近所の路地に入ったところにあるに違いないと、丸武の周囲をチェックしてみたら、門跡通り(新大橋通り)より、2つ先の路地を曲がったところ、右側に「幸軒 シュウマイ」というポップが見えたのだ。
そこに行って、シュウマイを売っているおじさんに、「幸軒ってここなのですか?」と聞いたら、違うよ、向かいのお茶屋さんの横を入ったところにお店はあるのだけれど、土曜日は、9時半で営業を終えてしまい、シュウマイだけ、表通りで売っているとのこと。
ふ~ん、何でも、前日からスープ等仕込むので、朝早くから営業して、9時半にはやめてしまうのだって。(日持ちしないということ?)
ということで、向かいのお茶屋さんの横を入って行ったら、幸軒があったけれど、本当に、観光客のことなぞ考えたことが一度もないような地元志向のお店で良かった。
d0063149_11573007.jpg


そして、また、シュウマイを売っているところに戻ったら、熱々のシュウマイを1つから、売ってくれることがわかり、それを買って食べてみた、150円。(6個入り、熱くないものは900円)←下の画像、左上の発泡スチロールのお皿に辛子を添えて渡してくれる。
d0063149_11573026.jpg


味は、やはり、昔懐かしいというのだろうか、小麦粉の味もする昔風のシュウマイ。
お醤油をかけて食べたけれど、おソースでが合いそう。
(私の場合、幼い時、シュウマイは私の周囲には殆どなかったので、幼い時良く食べたという思い出がないのだ。<どちらかというと、良く食べたのは餃子?>、だから、私の幼い時のシュウマイの味というと、やはり、崎陽軒かしらね?崎陽軒のシュウマイは帆立が入っているから、このお店の味とは全然違う。それ以外で覚えている限りでは、セキネのシュウマイもこんな感じだったかなとは思うけれど、大して食べたことがないので、定かではない。)
[PR]

by mw17mw | 2016-02-02 11:51 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)