秋葉原駅界隈−二度目の「福よし」でかつカレー

この前の月曜日のお昼に、二度目の福よし
(一度目のかつ丼を食べた話はこちら
d0063149_09494860.jpg


前回行ったとき、かつ丼を食べて、それはそれで満足なのだが、他のお客さんの注文を聞いていると、かつカレーの注文の方が勝っているような気がして、気になっていたのだ。

で、今回は混みすぎてはいなかったし、カウンターだったので、調理する人に直接ご飯少なめでお願いすることができた。
そして、すぐに出てきたのだけれど、そのかつカレーの熱さったら凄かった。
d0063149_09494905.jpg


ご飯が熱々、とんかつが揚げ立てで熱々、おまけにカレーは熱いだけでなく、とても辛いのだ。
積み上げ方としては、お皿にご飯を敷いて、ご飯の上にだいぶ重なるようにキャベツの千切りを置き、その上にとんかつ、そして、カレーをかけている感じ?

確か、一口目は何を食べたのかな?カツだったか、カレーライスだったかを一口口に入れて、即口の中がやけど。(涙)
多分、その軽いやけどのせいだと思うのだけれど、今週はずっと、前歯の裏の付け根のところの粘膜が、熱いものを飲むと、痛いのだ。(笑)

一口目がそんな状態だと、段々と、かつを除けて、千切りキャベツでカレーライスの熱さを緩和しようとを混ぜて食べるようになる。
(千切りキャベツのお皿の中の位置も、ご飯の上に乗っていたと思うのだ、もう、ご飯と混ぜるしかないというところにキャベツが盛られている。)
そのお皿の中で、温度を下げたり、辛さを中和できるものはキャベツの千切りしかないし、キャベツの千切りも、ソースの代わりにカレーに絡めて食べると美味しいなと食べ始めた後、すぐに、カレーを混ぜたご飯とも合わせて食べるようになった。
とにかく、熱いかつカレーをどうにか食べようと工夫すると、自然と、まずは、かつは食べないで、キャベツ千切りを具としてカレーライスに混ぜてクールダウンしたものを食べる、そのうち、かつの熱さも落ち着いてくるので、そうなったら、ようやく、かつカレーとして食べることになるみたい。

ここのカレーを分類するとしたら、小麦粉を炒めたイギリス風のカレーだと思うのだけれど、本当に辛くて、しかも、美味しかった。

何だかな~、かつカレーにキャベツの千切りがついてきて、こうやってカレーと混ぜて食べるというのは初めての経験だったけれど、中々良いものだと思った。(かつカレー自体、食べた経験が少なく、こういう食べ方ももしかしたら、そこらへんにある食べ方かも知れないけれど。)
[PR]

by mw17mw | 2015-12-26 22:37 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)