2015年末みつけたもの

<海苔と紀州梅のはさみ焼き>
この商品はもしかしたら、コンビニに良くある商品かも知れないが、私は基本的にコンビニに行かないタイプなのだ。
鳥越のココスナカムラのレジに並ぶと、ま、どこでもそうだけれど、つい手を伸ばしたくなるような商品が手が届く範囲に並べられて、誘惑してくる。
その時、この袋を見つけたのだが、目を引いたのが「山本海苔店」という漢字とマーク。
d0063149_09492533.jpg


「へ~、山本海苔もとうとうスーパーに並ぶ商品を出したのか」と興味がわき、買ってみた。
裏を見ると、製造が山本海苔店で、販売が飴のカンロとのこと。(でもね、食べた人のコメントを読んだら、以前からあった商品のよう)

そうしたら、中には、2cm×3.2cm角の二枚の焼きのりの間にフリーズドライなのかな?乾燥したら梅干しの粒が張り付いていて、海苔も梅干しも両方美味しい。(全部で4.8g、45切れ、全部でカロリー16kcal、税込み131円)
特にパリッとした海苔がさすがに美味しい。
とても上質だからだろうか、そんなにパクパク食べようと思わないで、一つ味わってから、手が出る。

ほかにも「海苔とわさびのはさみ焼き」があるみたいで、それも見つけ次第買ってみるつもり。
海苔好きな人におすすめ。
私は、今、ガム代わりに食べているけれど、普通はどんな時に食べるものなのだろう?お酒のつまみ?

<谷口屋の「竹田の油あげ」>
銀座の福井のアンテナショップには少量しか入荷しないのか、行っても、買うことができたり、できなかったりだった。
福井のアンテナショップには、他のメーカーの厚い油揚げも売っているのだが、原材料を見ると、油について「植物性油」としか書いていないものばかり。
私が思うには、谷口屋さんの揚げ油には、菜種油が入っているから美味しいと思うので、そう書いていない油揚げには手が伸びない。
それが、先日JRのアキバ駅で降りるときに、昭和通の中央口横にある「のもの」に寄ってみたが、何と、冷蔵庫に山積みの竹田の油あげがあったのだ。
その時にもっとお店の人に聞いておけばよかったが、毎日入荷なのか、曜日限定なのかは不明。
今度から、銀座まで行かなくても手に入ることがわかって良かった。

<笠間の栗・岩間の栗>
先日、銀座の茨城マルシェにわざわざ行ったのに、笠間の栗の甘露煮が手に入らなかった。(情報は手に入ったが)
それが、何と、多慶屋に行ったら、店頭に、栗の甘露煮が並んでいて、その真ん中が、「茨城の栗」と書いてあったので、裏のラベルを見たら、「小田喜商店」という「茨城県笠間市」の会社のものであった。
(小田喜商店の名前は、「笠間の栗」で検索したら、一番に出てきたので、知っていた。岩間の栗と言ったら、小田喜商店かどうかは不明)
なんと~、茨城や銀座の茨城県のアンテナショップに行かなくても足元の量販店にあったではないか!
(他のスーパーやマントウさんで、栗の甘露煮を見たが、「国産」はあったけれど、「茨城産」は全然見なかったのだ、すごいぞ!多慶屋)
d0063149_09492540.jpg


でも、同じ量だと、中国産の2倍、大きな瓶の中国産と比べたら2.8倍の値段。
う~ん、でも、先日茨城マルシェと同じような美味しい栗なら、絶対ほしい。
でも、高いし、本当に美味しいかどうかは不明だし、一人ではこんなに不要ということで、妹に声をかけたら、半分ずつにしても良いとのこと。
(でもね、小田喜商店の通販のページを見たら、同じ商品が1587円であった、多慶屋1998円で、高い。ま、でも送料考えたら、こんなものか?でも、多慶屋は昔に比べると安いものが減っているように実感している←電動自転車もそうだったが、ネットで通販の価格と比べるとやたらに高いのだ。それでも、売れると見込むと、このような量販店ではないような価格付けを行うようになったと私は思う)

ま、とりあえずは、嬉しい、これで買えるが、封を切るのは、大晦日くらいかな?
皆様も感想をお楽しみに。
[PR]

by mw17mw | 2015-12-17 17:49 | 食材・食材のお店 | Comments(0)