茨城県の笠間の栗・岩間の栗

先日、従姉妹たちと一緒に行った「茨城マルシェ」で食べた「プレミアムあんみつ」の中に一粒入っていた栗の甘露煮が本当に美味しかったのだ。
何ていうか、あとを引くというか、また、食べたいと思わせる栗で、今まで食べてきた栗とは全く違う美味しさであった。

で、この栗の甘露煮が気になって、お正月、栗きんとんの栗ばかり食べた後、この栗を入れて食べることができたら、どんなに美味しいだろうと、きっと、茨城マルシェの売店の方で扱っている栗だろうと思って、茨城マルシェの売店の方に聞きに行ったのだ。

そうしたら、売店の女性が、「以前は、栗の甘露煮の瓶詰、置いていたのですが、最近は入ってきていません」とのこと。
私が、茨城マルシェで食べたあんみつの中の栗がとても美味しかったからと話すと、それは、確かに茨城の栗で、「笠間の栗」に違わないとのこと。
今年の秋だったか、笠間の生の栗を扱ったら、評判を呼んで、あっという間に売れてしまったとのこと。

お店の人が「同じ甘露煮を仕入れられるか調べましょうか?」と言ってくれたけれど、値段も量もわからず、注文するわけにも行かないので、お断りした。

私は「笠間の栗」自体初めて聞く言葉だったので、お店の人に、「笠間の栗」と言えば、どこでもわかる言葉ですかと聞くと、笠間は栗の名産地として有名なのだそうだ。
で、家に帰ってから、「笠間の栗」で検索すると、小田喜商店が出てきて、笠間の栗の甘露煮の瓶詰が見つかった。
でも、まだ、栗の甘露煮全体の相場観がないので、買うかどうか決めていない。

その間に、ふと、そうだ、谷中に「和栗や」というお店が数年前にオープンしたけれど、あれって、確か茨城の栗ではなかったっけ?と思って、ネットで検索すると、笠間ではなく、岩間の栗と出てくる。
笠間と岩間って、どういう関係かとまた検索したら、「笠間市の岩間地方」が栗の名産地で、結局は同じ栗をさすようだ。

和栗やさん、いつも人が並んでいて入ったことがないのだけれど、これは、一度は食べに入らなくてはねという気になってきた。

皆さまも、笠間か岩間の栗を見かけたら、試してみることをお勧めします。(手っ取り早くは、銀座の茨城マルシェのプレミアムあんみつ<でも、注文する前に栗が入っているかチェックしたほうが良いかも>とか、谷中銀座の和栗やさん?)

(「栗の名産地」で検索すると、こういうページが出てきて、やはり、丹波とか、長野の小布施の方が先に出て来るけれど、笠間とどのくらい美味しさが違うのだろうか?)
[PR]

by mw17mw | 2015-12-08 16:14 | 食材・食材のお店 | Comments(0)