日帰り河口湖満喫バスツアー−1/3 忍野八海(おしのはっかい)

そういえば、昨日、googleフォトで、河口湖旅行の画像をまとめてアルバムにし、FBにアップしたのだが、どうもそれがアルバムだと気づいてくれたのは、従兄一人だけで、誰も気づかなかった。
ちゃんと、「画像をクリックするとアルバムになります」と書かないとだめみたい。(でも、FBの記事の修正の仕方がわからない、ま、もういいけれど)

−−−本題です−−−

前日に冷たい雨が一日降ってくれたおかげか、11月3日の文化の日は、空気がどこまでも澄んでいる快晴の一日であった。
その日は、近所の同業者兼旅行業者の方が企画してくれた「秋の河口湖満喫」という日帰りバス旅行」が開催され、参加してきた。

出発が午前7時、まずは、一路首都高から中央高速に入って、忍野八海に向かった。

どこを過ぎた頃だろう?車窓から富士山が見え始めた、富士山が見えると何だか嬉しくなる。
(同じ時期に、東海道の新幹線から富士山を写した友人の写真をFBで見たら、静岡側から見る富士山には全然雪が積もっていないようだった。山梨側の方が寒いのかな?)
d0063149_09471870.jpg
>

途中は、談合坂のサービスエリアで15分の休憩があったのみ。
この時、日程表を見たら、昼食の予定は午後1時だとわかり、午前7時に出発したということは朝ご飯は午前6時に食べたわけで、ここで食料を仕入れないと、7時間も何も食べられないことがわかり、パンだかお焼きみたいなものを買ってしまった。

その後、忍野村にある忍野八海へ。
実は、忍野八海は、30年くらい前に行ったことがあって、池のお水が本当に透明で、とても気に入り、今回も忍野八海に行けるということで参加を決めたのだ。
しかし、それから30年後に行ったら、以前の素朴さな環境が消え、テーマパークのように、池が密集しているところの近くに古民家が数軒移築され、物販センターも作られ、便利といえば便利だけれど、作り込まれた観光地になっていた。
(いやもしかしたら、30年前も観光地で、私がお土産センターに行かなかっただけなのかも。私は、掘っ立て小屋の中にある池を見た覚えがある。)
今、改めて地図を見ると、その観光地化されたところは、「銚子池と底抜池」周辺が観光地的に整備されているよう。
d0063149_09471828.jpg


富士山が世界遺産に登録されたとき、富士山世界文化遺産の構成資産として、忍野八海も選ばれたせいか、中国人ばかりでなく、色々な人種の人が来ていた。

【富士山】 世界文化遺産の構成資産 マップ 1/2

【富士山】 世界文化遺産の構成資産 マップ 2/2

ただ、周囲が観光化されたとしても、池の水の透明度は30年前と変わらず、どこまでも透明だったので、ほっとした。
下の画像でわかるかしら、小さくめだか状に見える白いのが、池で泳いでいる鯉、水草もくっきり見えてとてもきれい。
(しっかし、今、地図を見たら、この鯉が泳いでいる池は、忍野八海の8つの池には含まれていない池とのこと)
d0063149_09471965.jpg


数年前、同じ場所にいらしたことのある方が、「忍野八海に行ったら、お豆腐を食べなくては」と教えてくれたので、「忍野八海のきれいなお水を使って作ったお豆腐はどんなに美味しいだろう」と思えて、買って食べてみた。
お豆腐は、冷と温があり、それに、青唐辛子味噌の、大辛、中辛、普通の辛の3つのうち、希望のものをつけてくれて、200円。
食べてみたが、お豆腐自体、そんな特徴のあるものではなかった、ま、お味噌は美味しかったけれど。

d0063149_09472057.jpg


忍野八海は、八海というだけあって、他にも池があるとのことで、もらった地図を片手にちょっと奥まで、たぶん自然にできた小川だと思うのだが、その小川沿いに散歩しながら、お釜池と濁池の方に行ってみたのだが、その道すがらの景色がとてもよかった。
d0063149_09472124.jpg


とにかく小川のお水がきれい。
広い日本の中には、まだまだこのくらいお水がきれいな地域っていくらでもあるのだろう。

でもね、私は小学校を卒業するまで、毎年、山梨の久那土というところにある祖母の家に、夏1週間お世話になっていたのだが、子供心に、祖母の家の近くの川の水がどんどん汚くなっていくのがよくわかった思い出があるのだ。
小学校低学年のうちは、川で、はやという魚を捕まえたり、家の前に川のきれいなお水が流れる細い用水路があって、そこでは、しじみが取れたけれど、段々、川が汚くなって行ったのか、それも段々獲れなくなっていった。

だから、観光客が集まる大きな池の周囲や池そのものも良かったが、その奥の方にある小川の方が、私の記憶に残っている「幼い時に見た汚れていない田舎」のイメージがあった、「日本の里」という風情。
(ほら、画像を見てもわかるように、これだけ人がいないのだから、ほとんどの人は手前の観光地化したところしか行っていないのだと思う)
d0063149_09472130.jpg


今、忍野八海周辺マップをチェックしたのだけれど、結局、私は、八個の池のうち、4つしか見なかったみたい。(そうそう、30年前は1つの池にしか行っていないのだ。)
d0063149_09472210.jpg


集合時間に集まって、次は、富士吉田の道の駅へ。
なんでも、忍野八海の近くには道の駅は富士吉田のものしかないのだって。
赤い唐辛子を売っていたので、買っても良いかなと思ったけれど、葉っぱがついていないので、やめてしまった。
葉っぱだけ売っていたら、買いたいのにね、誰も、唐辛子の葉っぱで作る葉唐辛子の佃煮が美味しいって、知らないのだ、きっと。
(もしかして、地元の人は知っているかも知れないが、買って行く人は知らないで、葉っぱは邪魔にされると思ってつけないのかな?)

道の駅には、いろいろなものが揃っていたけれど、レジが混んでいて、大変。
一度並んで、ほうとうを買った後で、ぶどうが買いたくなった。
で、ぶどう売り場で、「ぶどうを買いたいけれど、また、レジに並ぶのがちょっとね」というと、「ぶどうだけ買うのなら、レジに並ばないで、私にお金を渡せばOK]とのことだったので、ぶどうをお買い上げ。(何で、急に買いたいと思ったかというと、全体、忍野八海はなんでも高めだと思えたのだ、で、最後、ぶどう農園に行く予定だけれど、ぶどう農園もきっと高いだろうなと考えると、道の駅が一番安い気がしたのだ。<笑>)
d0063149_09472376.jpg

[PR]

by mw17mw | 2015-11-12 12:47 | 東京以外の遠出・温泉 | Comments(0)