神田駅界隈−神田駅「尾張家」のおでん定食

先週、神田に卓球を習いに行った帰り、小雨降る寒い気候だったので、迷わず、尾張家さんにおでんを食べに行った。
(一度目の記事は、こちら、ぐるなびはこちら、創業85年とのこと)

最初に行ったとき、お刺身とおでんと白飯を食べて、全然美味しいとは思わなかったのだけれど、多くの人がおでん定食を食べに来ていたので、私もおでん定食を食べてみようと思っていたのだ。
d0063149_09471086.jpg


お店はまあまあの混み具合ではあったが、まだ、空席があったので座ったけれど、今回はおでんのお鍋から遠い席だった、残念。
お母さんに好みをまた聞かれたので、「こんにゃくとはんぺん以外で、それと、ロールキャベツは入れてください」と答えた。
ご飯は何も言わなければ、どんぶりに入った茶色い茶めしが運ばれてくるみたい。
余りの量に、「この2/3くらいに減らしてください」と頼んだら、じゃ、お茶碗でと言って、茶めしの入ったお茶碗と替えてくれ、「お代わりは言ってね」とのことであった。
で、出てきたのが、下記画像。
d0063149_09471146.jpg


お母さんが選んでくれたのは、包丁の入ったロールキャベツ以外、がんもどきとつみれ、わ、全部、ご飯が進むものばかり!
(それはそれで満足だったが、実は、大根が食べたかったとか、思ってしまった!大根はご飯は進まないけれど、食べたいよね。また、じっくりどんな具があるのか、一度見てみたい。)

で、食べ出したのだが、どれも美味しかった、そして、茶めしが最高!
私は「おでんに茶めし」という文化では育っていないので、茶めしは余り食べたことがない。
茶めしは、名前からするとお茶で炊いたご飯みたいだけれど、実は、お醤油で炊いて、茶色いから茶めしらしい。

それが、ここの茶めしは、今は亡き、八重洲のおかめという甘味処の茶めしのおにぎりと同じ味に感じられた。
なんていうの、うっすらのお醤油味かもしれないけれど、同時に、もっとうっすらどこかに鰹節の味が感じられる茶めし。
おかめのは、その上、茶めしを、お醤油にまぶした鰹節をすり込んだ手で大きく握って、大きな海苔を巻いたものを出していた。
おかめは、大きなおはぎも美味しいけれど、このおにぎりも美味しかったのだよねと思い出しながらおでんで茶めしを食べていたら、もう一杯、お代わりをしてしまった。
きっと、おかめもこの尾張家さんも古くて、結構近い場所のお店だから、茶めしの炊き方が同じなのかも知れない。
うわ~嬉しい!
生きて、再び、おかめ風の茶めしに巡り合えたなんて...。
(昨日、有楽町に行ったので、交通会館地下のおかめの前を通ったら、茶めしのおにぎりのテイクアウトは今はやっていないみたい。ただ、サンプルを見たら、おでんに茶飯というメニューとか、おにぎりのついたお弁当はあったのだ。)

そして、おでんも美味しかった。
ロールキャベツを食べながら、ランチにおでんを提供するとなったら、男の人には、肉類の具がないと、受けないかも知れないから、メニューに入っているのかな?と思いながら食べた。
がんももつみれももちろん美味しかった。
ま、欠点と言えば、お皿にくっついてくるからしの量が少ないこと。(笑)

最後、平たいお皿に残ったおつゆを、お皿に口をつけて飲んだのだけれど、色々な味が絡んだ複雑な味で、「さすが!」と思った。
最近、一人だから、おでんを作ることもなく、ついつい、セブンイレブンなぞで買ってきて、「美味しい」と思って食べていた自分が恥ずかしくなった。
本物のおでん屋さんのおでんの味、おつゆの味って、色々な味がするのだ、あんな、煮込まない、単純な味ではないのだということを思い出した。(でも、仕方がないから、これからもコンビニおでんは食べると思う、でも、回数が減るかも)

平たいお皿に口をつけて飲むのって、お行儀悪い?と思いながら、飲んだのだが、向かい側の若いOLさんも、同じくお皿に口をつけて、おつゆを飲んでいたので、ほっ!
このお店のおつゆを残せる人って、きっと、味がわからない人か、余りにお行儀に固執する人だろうな?
(ここのおでんつゆは、ロールキャベツという肉系のものが入っていても、肉の味とか脂がつゆに混ざることがない澄んだ感じのつゆであった。やはり、肉の脂が染み出ないように、気を遣っているのかもしれない。)

そして、食べ終わると、普通のどんぶり飯より少ない量しかご飯を食べなかったからか、デザートに、小さなお団子を半分に切ったものを出してくれた。

私が思うに、コンビニを除いて、東京のおでん屋って、テイクアウト専門みたいなおでん屋さん、尾張家さんとかお多幸みたいなお店で食べさせる気軽な居酒屋風のおでん屋さん、それから、銀座のやす幸とか入谷の太多福みたいな高級なおでん屋さんがあると思う。
この中間クラスの尾張家さん、お値段も安く美味しいので、気に入った、おでん定食700円で、美味しくて、おなかいっぱいだもの。(本当に、お店って、一度行っただけで評価するものではないと反省)

話はちょっとずれるけれど、この1年、神田に卓球を習いに行っていて、とても気に入っているのだけれど、クラスのレベルが2種類しかなく、自分としては、上のクラスに行ける程うまくないことがわかっているけれど、もう一年も、同じクラスで同じことを習うのもちょっとと思うので、一旦休もうか(実はよそに通おうか)と思っている。

そうなると、神田界隈でランチを食べるのが後2回になってしまうのだ。
色々どこにしようか考えたが、そうしたら、もう一回は、尾張家さんでおでん定食、もう一回は、呉服橋まで足を延ばして、もうすぐ解体されてしまう日本ビルの地下のむろまちで、むろまちそばを食べて来ようかな?
[PR]

by mw17mw | 2015-11-08 22:32 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)