合羽橋界隈−「タコスマスカラス」のタコステイクアウト

日曜日のお昼は、タコスマスカラスに行ってみた。
d0063149_09455804.jpg

(新規開店を知らせるパンフに載っていた、メキシコの覆面レスラーの皆さん)

中は、狭くて、イートインスペースは、壁沿いのカウンターが主、「椅子は?」と聞くと、前の借主が置いていった簡単な椅子が4客あるけれど、このお店は、立ち食いが基本なのだそうだ。
d0063149_09455930.jpg

飲み物は、お茶が100円で、ソフトドリンクが200円とのこと、先日、3Bタコスで食べた経験でいうと、ドリンク一杯では済みそうもなく、テイクアウトで家にタコスを持ち帰り、その途中でコーラの大瓶でも買った方が経済的と思い、テイクアウトに決めた。

こちらがメニュー。
d0063149_09460073.jpg

タコスはビーフ、チリコンカン、アボカド、ブリトー、マスカラスの4種類、その他、メキシカンライスというのがあるみたい。
マスカラスはどういう内容か不明だけれど、1種類で千円。
他4種類のタコスは、Lが直径15㎝、Mサイズが直径13cmとのこと。
ブリトーは、太いソーセージとのこと、普通のタコスというイメージでいうと、チリコンカンが一番一般的では?と教えてくれた。

値段を見て、先日の3Bタコスで食べたものを思い出しながら、味が重ならないように、チリコンカンのLとアボカドのMにしてみたが、味が重ならないという意味で正解であった。
d0063149_09460125.jpg


(画像一番下に写っている梅干し上のものは、「フレッシュホットサルサソース」、その話は後日)

同じタコスでも、巻き方が3Bタコスと全然違って、3Bタコスが春巻き状だったのに、このお店は、半円形にした柔らかい生地に具を挟んだ形。
中に入っている野菜は、3Bがサニーレタスで、マスカラスは、普通のレタス。
また、トルティーヤの大きさも全然違って、3BタコスのMは一本でもおなかが一杯になりそうなボリュームだったのに、こちらは、LとM一本ずつ食べてもまだ物足りない感じの量であった。
また、このお店のトルティーヤは柔らかいのだけれど、確かに、トウモロコシの風味が強い感じであった。
後、味はというと、マスカラスは余り辛さを感じない味付けだと、私は感じた。

それと、こちらのメニューに「フレッシュサモサ」という文字が目に入り、「あ、そうか、3Bタコスのサモサソースはフレッシュではないのだ。サモサソースには、フレッシュと加熱したものと二種類あるのかな?」ということ。(本当かどうかはわからないけれど)
そして、私の好きなサモサソースは、フレッシュに違いないと確信した。

どちらが特段優れているとか、勝っているという感じではなかった。
ボリューミーなのは、3Bタコス、味は、同じではなかったけれど、どこが同じかとか違うのかは表現できない。

他、画像を撮り忘れたが、平日だったかに、メキシカンライスとタコスのセットがあるみたいな感じだった。

このお店、合羽橋道具街に来たついでにどうかというと、やはり、立ち食いなのが辛いかな?(合羽橋の買い物の後では、どこかで座って食べたいものね)
そういう意味では、テイクアウトでお土産にするとよいかも。
[PR]

by mw17mw | 2015-10-06 16:57 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)