御徒町界隈−アメ横「なんちゃん」のたこ焼き

今日も今日とて、軽い話題をば。

私は、アメ横界隈の飲食店にたぶん入ったことがない。
(あ、そんなことない、半年くらい前に山家というとんかつ屋に入った覚えがある、でも、それだけ)

で、以前から、中央通りのABABから昭和通りに向かい、ガードをくぐったところあたりにあるたこ焼き屋が気になっていた。
d0063149_09454288.jpg

(お店に店名が書いていない、「店名は?」と聞くと、歩道に置いてある立て看板の一番下にあるとのこと。お店の名前は「なんちゃん」であった。<笑>)

結構いつでも繁盛していたのだけれど、こう言っては何だけれど、アメ横のたこ焼きって、安かろう、悪かろうのイメージが勝手に湧いてくる。
でも、安いし、美味しければめっけものと思い、アメ横から家に帰る直前に買って家で食べてみた。
d0063149_09454232.jpg

(画像でははっきり写っていないが、たこ焼き6個で250円、12個で500円、白山上のたこ竜が6個360円だから、ここは本当にっ安い)

お店の貼紙に、「醤油もあります、醤油希望の方は言ってください」と書いてあったが、何も言わなければ、おソースが塗られるよう。
そして、マヨネーズを入れるか入れないか聞かれて、削り節がかけられ、出来上がり。

そうしたら、最高ではないけれど、最高と「だめ」の間よりちょっと上くらい。
熱々が渡されるけれど、中の生地が「トロっ」というところまでは柔らかくないのだけれど、微かに柔らかさを感じるので、救われている。

文京区白山のたこ竜が最高とすると、ここのたこ焼きは、その60~70%の美味しさだけれど、不愉快なところなく、しかも安いので、「値段相応に損はない」と感じることができて、アメ横を歩いて疲れたときなぞ、おすすめ。
(白山上界隈−「たこ竜」のたこせん・たこ揚げ)

家に帰って、おなかが空いていたので、すぐに開けて、「まあまあじゃない?」と思いながら、食べ終わってから、「青海苔とか、紅ショウガがかかっていないこと」に気づいた。
そういうところで、コストを下げている、でも、別に気にならない。
[PR]

by mw17mw | 2015-09-28 16:49 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)