東京駅界隈−日本ビル地下「生そばむろまち」のむろまちそば

代官山の蔦屋のことをまとめたいのだが、難しい、もうちょっと時間がかかりそうなので、ほかの話題をば。

昨日の午前中は、千代田区で卓球、終わってから、「どこでご飯食べる?」と迷う。
その体育館が外堀通りに面したところにあり、右に行けば、日本橋・呉服橋・八重洲方面だということが頭に浮かび、そうだ、それだったら、昔良く食べたむろまちそばのむろまちそばを日本ビルに食べに行こうと思いついた。
(食べログを見たら、今や、店名は、「むろまちそば」ではなく「生そば むろまち」に店名が変更されていたので、新しい店名を使うことにする)

私は昭和50年に呉服橋にあった銀行に入社したので、近所の日本ビルや朝日東海ビルなぞの地下に飲食店街を持っていたビルに良く食事をしに行たから、本当に、「青春の日本ビル」なのだ。(食べ終わってから、元朝日東海ビルを見たら、名前が朝日生命ビルになっていたし、地下食堂街はなくなってしまったみたい)

体育館から日本ビルまで自転車で5分もかからなかった。

日本ビルの地下では、毛利飯店で、排骨麺、せいとうでステーキとかハンバーグ、むろまちそばでむろまちそばがあり、日本ビルの1F奥には、リトル小岩井があって、小岩井農場の製品を使った軽食の出る良い喫茶店であった。
(大手町ビルのリトル小岩井とはメニューが相当違っていた)
後、名前は忘れたのだけれど、そして、もしかしたら、朝日東海の方だったかも知れないけれど、チェーン店ではない美味しい札幌ラーメンのお店があったのだ、全て懐かしい。

今、この中で生き残っているのは、せいとうの看板が、コレド室町の裏、昭和通りの手前に見えるくらい?
むろまちそばは、本当は、日本橋室町という三越の向かい側、木屋を曲がったところに本店があったのだが、再開発の余波で、本店はとっくの昔に閉じてしまい、今は、東京都内だと、日本ビルにしか店舗がないそう。

だから、勤務先が呉服橋以外になってから中々いけなかったというか、今回初めて行けたのかも知れない。
(調べていないけれど、こういうオフィス街にある店舗は、土日祭日お休み?)

で、日本ビルの地下に入って、案内板を見ると、まだ、むろまちそばは健在だったので、お店に向かった。
d0063149_09442933.jpg


お店に行って、ランチのメニューを見ると、昔と相当変わっていて、新しいメニューも開発されているようだし、今は、若い男性が好むような丼物とおそばのセットみたいなものが主流のようだった。
でも、その中に、昔なじみのむろまちそばを発見。
d0063149_09443070.jpg


d0063149_09443075.jpg


むろまちそばは、このお店のオリジナルのおそばで、材料の組み合わせは単純。
冷たくしめた日本蕎麦の上に、薄く甘辛く煮た豚肉か鶏肉、ゆでたキャベツを小さく切ったもの、ゆでたニンジンの細切り、刻み海苔、小口に切ったねぎ・温泉卵を乗せ、その上から、冷たい汁をかけたもの。

もちろん家でも作れて、何度も似たようなものを作ったのだが、やはり、脳裏に残るむろまちそば店で食べたむろまちそばとは違うような気がしていた。(「室町そばもどき」とか「野菜が沢山の冷たい麺二種」とか)

無事食べることができた。
このおそばに、冷たいそばつゆとわさびとネギがセット。
d0063149_09443125.jpg


そう、実際にそば汁をかけて食べてみると、お蕎麦の細さが、スーパーで売っている市販の茹でそばより相当細くて固いこと、また、そばつゆが甘辛くなくて、どちらかというと辛汁であった。
あ、そうか、この2つの特徴が違うから、家で作っても、同じ味にならないのだとわかる。

また、ゆでたキャベツの大きさと量が絶妙で、食べていても多過ぎないし、全く芯の部分なぞ入っていなくて、邪魔にならない。
今回は豚肉ではなく、鶏肉が入っていたけれど、ころころに切ってある大きさもちょうど良い。
ついてきたわさびをつけながら食べるのだが、昔は、確か、わさびも唐辛子も両方混ぜて食べていた。
(テーブルを見たら、ちゃんと唐辛子も置いてあり、後半は、わさびだけでなく唐辛子も入れて食べた。)

たぶん、このむろまちそばは、お肉を使っているのだけれど、脂身が殆どついておらず、予め茹でられているし、また、茹でたキャベツが添えられているので、油や脂が全くくどくなくて、美味しいのだとわかった。

最初は、温泉卵を崩さず、食べ、後半は、温泉玉子を崩して卵の持つ油分を足して食べたが、最後、温泉玉子の味が入ったそばつゆがとても美味しくて、たくさん飲んでしまった。

ということで、本当に20年以上振りのむろまちそばに大満足。

帰りに会計のところで、おねえさんに「40年前に初めて食べて、今回20年振りに食べに来た」というと嬉しそうだった。
そして、むろまちそばについて聞いてみると、室町の本店は先程書いたようにもうないし、この日本ビルも、既に取り壊しと建て直しが決まっていて、そのうち、この日本ビル店もなくなってしまうと教えてくれた。
「だったら、もう、むろまちそばは食べられないのですか?」と聞いたら、「千葉の三越の中に『むろまち』というお店があって、そこでは食べられる」とのこと。
ま、全くなくなってしまわない点は良いけれど、やはり、むろまちそばを味わうために千葉まで行くかとなると、やはり、難しいかな?

という淋しい話をして、表に出て、改めて、日本ビルを見上げた。
d0063149_09443178.jpg


今や、メインストリートに面した一階にテナントが入っておらず、もしかして、相当ガラガラ状態なのかも。
40年前、本当に新しく輝くようなビルだったと記憶しているが、今調べたら、昭和37年竣工らしいから、やはり、古いほうは古い方のビルなのかな?
でも、このビルだって、大手町や八重洲の古いビルが建て替えられなければ、そんなに古さが目立たなかったかも知れない。
それでもね、向かいの古ぼけていた鉄鋼ビルが最新のビルになってしまったし、東京駅から永代通りまでビルがなかった場所に新しいビルがたくさん建てられてしまい、隣の大和証券のビルは建て直したかどうかは不明だけれど、リニューアルしたっぽいし、山手線の線路から外側の商業ビルで、日本ビルだけが、昭和の香りがするビルかもしれない。
(今、検索したら、2016年3月に閉館して、再開発されるらしい)

ま~、私がぐちぐち言っても始まらない、また、近々、むろまちそばを食べに行こうと思うし、日本ビルの閉館には注意しよう。

あ、そうそう、私は、むろまちそばのむろまちそばが大好きなのだけれど、食べログの点数も低ければ、コメントを読むと、このお店、全く評価は低い。
機械打ちだの、色々言われているけれど、お肉ときゃべつのぶっかけそば、ほかのお店にはないし、私は大好き。
(それにむろまちそば一杯だけでは、男の人のお昼として、量的に物足りないから、余計人気がないのかも知れない)
[PR]

by mw17mw | 2015-08-25 17:21 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)