上野広小路駅界隈−「マンマミア」でイタリアンジェラート

冷汁を食べた後、緑の多いところに行きたくて、上野の山をABABのところから入って、国立博物館まで、サイクリングしてきた。
さすが、上野の山、緑の木々が多く、それだけでも気持ちが良いのに、その上、蝉の鳴き声がすごくて、今まで、暑さからしか夏を感じていなかった自分を実感。(それに自転車で登っていくと、歩いて公園に入るより、枝の緑が自分にとても近い点、とても良い)
鬱蒼とした緑と蝉の声に教えられる夏は気持ちが良い。

その後、甘いものを食べるか買って帰ろうと思ったのだけれど、思いつくのは、春日通りのところにあるみつばち、それに、買って帰るのなら、松坂屋の1Fにあるみはしでおみやげを買うしかないと思ったのだ。
上野の山から出てきて、不忍池の方に行ったら、今の季節、蓮池は蓮の葉がたくさん茂っていて、しかもピンクの蓮のつぼみが沢山見えてとてもきれいだった。
少し、蓮池に沿って走った後、ドンレミー アウトレットのところの信号を春日通りの方に進んだのだ。(台東区と文京区の区境の飲み屋街の路地)

そうしたら、春日通りに近いところに、「オヨ?イタリアンジェラートのお店ができている!」とびっくり。
(その名は、「マンマミア」で、すでに食べログに投稿されていた、どうも六月に開店したようだ)
それは、気づかずに通り過ぎてもおかしくないような小さなお店だったけれど、やはり、新しいから、冷蔵ショーケースのイタリアンカラーの三色と白色が輝いていた。

場所は、昔のロワゾー・ド・リヨンの不忍池側の隣の隣、大きな業務用スーパーの斜向かい。(以前、たばこ屋さん?)
d0063149_09440137.jpg


自転車をとめてよく見ると、お店の前に食券機があって、シングル(ピッコロ)320円、ダブル(メディア)450円、トリプル(グランデ)800円と書いてあった。
この値段付けに関し、ケイトさんが「ピッコロとメディアは同じカップで (絶対量はあまり変わらない)、グランデは倍くらいの大きさのカップ」と教えてくださった。
結局、この価格付けは、アイスクリームの量に比例しているとのこと。
(ダブルは、量が2倍ではなく、種類がダブルという意味か?)

また、年中無休で、夜の11時までオープンしているみたい。(この道沿いなら、夜中、お酒を飲み終わった人たちがつい自分のためや女の子のために買ってしまいそう)
d0063149_09440228.jpg


そして、お店の中には、アイスクリームマシーンと思われる大きな機械が見えた。
そして、中高年のヨーロッパ系と思われるおじさんが一人いて、その人が注文を聞いては、ジェラートをカップかコーンに詰めていた。
多分、イタリア人と思うが、よくわからない。(イタリア人がイタリアンジェラートのお店を開いたとしても、美味しいかどうかは別だよね。確かに、外国で、日本人が日本食のお店を開くと、美味しそうに思われるが、その人がどんな経歴かわからないものね)

お店の前には、二人くらいが座れるベンチがあるし、1、2分歩けば、不忍池の公園の中のベンチで食べられるし、中々良い場所にお店を開いたなと思ったけれど、冬はどうなるのだろう?お客さんが来るかしらね?(笑)

それでも、シングルの食券を買って、私の一番好きな「バニラ」はあるか聞いたら、「バニラはないけれど、これが似ているよ」とカスタードクリームというジェラートを小さなプラスチックのスプーンですくったものをくれた。
食べたら、美味しかったので、それに決めて、ダイエットを考えれば、カップなのだけれど、ブログの種として、コーンにしてみた。
コーンは、ワッフルタイプであった。
d0063149_09440377.jpg


その日のメニューは、「抹茶・カスタードクリーム・マンゴー・ベリーミックス・ストラッチャテッラ・ピスタチオ・ヨーグルト・マスカルポーネ」。

他にお客さんもいなかったし、日曜日昼間の飲み屋街の道路を歩く人も殆どいないようだったので、そこのお店の前のベンチに座って、食べてきたが、量がとても多かったし、とても美味しかった。(このお店は角にあり、角を曲がったところで親子が食べていた。)

私はイタリアンジェラートについて、詳しくないが、単純に美味しいかどうかとか、イタリアンジェラートっぽいかという観点では、十分美味しいイタリアンジェラート的なアイスクリームであった。

わ、嬉しい、それでなくても、最近、街から、甘いもの屋さんとか、ちょっとしたお菓子屋さんが激減しているのに、こういう店がオープンしてくれて、本当に嬉しい。(そうだ、以前、松坂屋の地下にイタリアンジェラートのお店があったけれど、南館が潰されて、建て替え中になってしまい、今は、ないかも知れない。)

この場所なら、歩いて1,2分で不忍池の公園地帯だから、ベンチがあるかどうか定かではないけれど、公園の中でアイスを味わうことができるし、良い立地。
歩きでなく、自転車の場合、カップで買えば、どうにか、自転車でも、不忍池まで、持って行けそう。(わからないけれど)

どうか、寒い冬に耐えて、その場所で長く繁盛してくれますように。
[PR]

by mw17mw | 2015-08-18 12:23 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)