浅草橋駅界隈−「なかむら家」で、「夏野菜海老ぶっかけ」

今日はこれから出かけなくてはいけないので、鶏のウィングのレシピはまた明日に。

昨日のチューボーですよは、讃岐うどんの冷やし鳥天うどんですごく美味しそうだったし、My Boomの大根おろしたっぷりにレモンだったのた。

街の巨匠のお店で一番近いのは、人形町の谷やだけれど、どうも、このお店はテレビに出る出ない関係なしに行列ができているらしいので、簡単に諦める。

そうだ、ライフの神田和泉町店の並びに、昨年末だったか、お蕎麦屋さんが讃岐うどんのお店に代り、ずっと行ってみたかったのだが、なんだか、うどんに千円近くかける気がしないでのびのびになっていた。
その名は、「なかむら家」、何でも、香川で修行してきたことがセールスポイントのお店のよう。
d0063149_09432820.jpg


ここは、一応「浅草橋駅界隈」と書いたが、清洲橋通りに面したところで、秋葉原と浅草橋駅のちょうど中間くらいのところ。(饗くろきとか、nokiの並び)

今のところ、年中無休なようなので、日曜日のお昼、1時過ぎに行ってみた。(他のお客0、でも、私が食している間に、2人組の人たちが入ってきた。)

鳥天ぶっかけを求めて行ったのだが、残念ながら、メニューになく、他の細かいメニューは目に入らず、海老天ぶっかけが目に入ってきたので、それを頼んだのだ。
そうしたら、夏は、「夏野菜・海老天ぶっかけ」になるけれど、それで良いかと聞かれる。
ちょうどその写真が貼ってあって、野菜たっぷりの感じがわかり、値段も、850円が1000円になるだけだったので、OK。

で、うどんを茹でるのに一〇分かかるとのことだったので、その間に、近くの千代田区の図書館まで往復して、借りた本を返してきた。

そして、まもなく出てきたのが下記画像。
d0063149_09432888.jpg


つゆが真っ黒に見えるが、それは、ちょうどお皿の底が黒いからであり、それがなければ、結構透明感のある茶色い梅雨であった。

圧倒的に、揚げたての色々な種類の夏野菜の天ぷらが美味しそう!そして、食べてみても美味しかった。
オクラ、みょうが、黒にんじんというもの、大きなナス、かぼちゃ、他、2、3種あったと思う、何でも、野菜は香川県から直送とのこと、新鮮ですごく美味しかった。(衣も薄くて軽くて良かった)

そのてんぷらの下に、大根おろしとレモンが隠れていた。

で、かき混ぜて食べると美味しいのだけれど、惜しむらくは、うどんとつゆが常温。
なんだか、昨晩のテレビで、うどんは氷でしめられ、そこに冷たいつゆをかけて食べる場面が放送されていたので、とても残念。

こういうぶっかけ、本当にきんきんに冷やして出すのが本当なのだろうか?
今まで、ぶっかけ、何度か食べたことがあるけれど、本気で冷やしたものは食べたことないかも。(最近はチェーン店の讃岐うどんくらいしか食べていないからかも)

うどん自体は、腰があって、品質的には満足のいくものだと思う。

ただ、つゆが私の好みではなく、もしかしたら、讃岐のだししょうゆとか、市販品を使っているのかなと思ったが、食べログには、自家製と書いてある。

このお店は、うどんの質と天ぷらがとても良くて、評価したくなるのだけれど、つゆの品質がちょっとと思ってしまったこととうどんが常温ということで、マイナス点もあり、評価が難しい。

あの、夏野菜の天ぷらは再度食べてみたいとは思う。

お店から出てくるとき、ご店主に、「昨晩、テレビで鳥天ぶっかけを見て、それが食べたくて来たけれどなかった。でも、壁のメニューや写真を見ていたら、ぶっかけとかしわ天を取って、自分でそれを組み合わせて、鳥天ぶっかけにすればよいのか」と聞いたら、「うちには、鳥天ぶっかけはないので、そうしてくれたら」とのことだった。
ぶっかけ500円、かしわ天80円で、安く済む。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2015-08-02 16:56 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)