池袋駅界隈−「サクラカフェ&レストラン」でランチ

久々池袋の卓球教室に行き、5月に仲良くなった女性と会え、帰りにどこかでお茶でもということになり、彼女の希望で、教室近くにあるサクラホテルという外国からの旅行客に人気という評判のホテルの1Fのカフェみたいなところに行ってみることになった。
(サクラホテルのHPを見ると、池袋だけでなく、幡ヶ谷や浅草にも同じチェーンのホテルがあるようだ)

そこは、所謂、街のホテルのような四角いビルで、1Fは「サクラカフェ&レストラン」という飲食店になっていて、テラス部分も席にするため、大きなビニールを貼ってあったが、どう見ても、そのテラス部分は、エアコンが効いていない感じ。
それなのに、若い子がたくさん座っていて、ほぼ満員。
d0063149_09424543.jpg


その知り合いの話では、このホテルの1Fは、いつも朝からすごく混んでいて、きっと安いのだろうとのこと。
(後で調べたら、モーニングは、350円で、パンとドリンク食べ放題のよう)
私も以前、池袋の卓球教室の界隈で良い店はないか、食べログでチェックしたときに、このサクラホテルのカフェが出てきた記憶があったけれど、一人で入るのはどうもねと思っていた。

私たちは良く様子がわからないまま、中に入ると、中はエアコンが効いていて、しかも、料理や飲み物はセルフサービスのよう。
ビールなぞが収まった冷蔵庫の近くに注文する場所があって、そこで注文し、その時に受け取れるものは受け取って、時間のかかるものに関しては、番号の札を渡され、テーブルに置いておくように言われる、ま、ここらへんは、マックみたい。

メニューを見て、友人は、カニの焼きピラフ、私は、海老と鶏肉の焼きカレーと、それぞれアイスコーヒー・紅茶をオーダー。
(日本橋のよもだカレーというのもあったけれど、ま、日本橋の名物を池袋で食べても仕方ないので、見送った。
ピラフと焼きカレーは880円で、ランチとしては一番安かった)
d0063149_09424641.jpg


料理は、ま、ごく普通に美味しかったというか、ごく普通に感激のない味であった。(まずくはない)
私の海老と鶏肉の焼きカレーは、それでも、食べていくと、時々、海老とか鶏肉、カレーや溶けたチーズが口に入ってきて、飽きないで、最後まで食べることはできた。
d0063149_09424704.jpg


しかし、友人のカニの焼きピラフは、ピラフの上にたくさんのワタリガニかな?ワタリガニの脚がたくさん載ってきたのだけれど、それの殆どに身が入っていなくて、食べられないカルシウムにお金を使ってしまった、状態であり、中のピラフを食べ進んでも、味付けされたご飯以外に何も入っていないとのことで、彼女は最後、少し残してしまった。
d0063149_09424721.jpg

周囲を見ると、このお店、外国人が多いという評判だったけれど、実は、お客の殆どは、日本人の若い男女ばかりであった。
若者を引き付ける何かの魅力があるのだろうな、このホテル。

そして、若い子たちのところに運ばれてくる料理を見ていたら、何だか、巨大なものが運ばれてきて、どうも、それは、グラタンの中にハンバーガーが入っているというか、ハンバーガーの上にホワイトソースをかけてこんがり焼いたものらしい。
その料理は、若い女性が二人で1つ取って、分け合って食べるみたいだった。
d0063149_09424821.jpg

その他、他のテーブルには、真っ白な台地のようなフォルムのものが運ばれてきた、これは、きっと、パンケーキを何枚か積み上げ、それをココナッツとマカデミアナッツのダブルナッツソースという白いソースで覆ったものらしい。
これも結構な量だけれど、若い女性二人は、2つ取っていた。

ふ~ん、結構、目先が変わった料理が面白そう。
確かにハンバーガーにホワイトソースかけて、オーブンで焼いたら、美味しいような気がするけれど、同世代の友人がその料理に付き合ってくれるとは思えない。

食べログに「国際的雰囲気」とか書いてあったが、何だか、「国際的という名の無国籍の面白さ」があるレストランだと思う。
ま~、やはり、若い人向きか?
[PR]

by mw17mw | 2015-07-14 16:28 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)