納豆に凝る−現在「酒田納豆」が一番好み

(以下、おかめ納豆以外、国産大豆の納豆の話)

先日、ハゲさんから、「たれがついていない納豆」として山形県の「酒田納豆」を推薦され、我が家の近所のココスナカムラで、税別で、80g103円と、国産大豆を使った納豆としては安い方だし、たれがついていないということで買ってみた。
(売っているのは、他に御徒町吉池、一昨日見たら、賞味期限近いものが88円であった。)
d0063149_09421513.jpg


そうしたら、辛子もついていなかったけれど、ネバネバはライトで、お醤油と辛子と青ネギを入れてかき混ぜると、小粒の国産大豆の美味しさとアツアツのご飯の美味しさが良くわかる納豆。「あ、この納豆なら、ずっと食べ続けられるかも」と思った。
d0063149_09420154.jpg

これが美味しく、口に合ったので、次に、最近できたライフ新御徒町店に「天狗納豆 国産大豆小粒納豆」のカップ入りを買ってみた。
こちらは、高くて、確か、50g二パックで、税別193円だったかな?
たれと辛子がついていて、もちろん、たれは捨て、いつものようにお醤油・辛子・青ネギを入れてかき混ぜて食べたのだが、こちらの方は、納豆らしい味が濃くて、というか、濃過ぎて、豆とご飯の味より、納豆らしい味が勝っていた。
d0063149_09421684.jpg


ここで、やめても良いのだが、先週行った茨城マルシェのHPを見ると、人気ランキング5位まで載っていて、2位が舟納豆
これが2位なら、茨城マルシェで一番売れている納豆が舟納豆ということになるわけで、そういえば、吉池で売っていたなと思い出し、買ってきて食べてみた。
d0063149_09421692.jpg

この舟納豆は、開けてみると、たれがついていて、辛子がついていないタイプであった。
舟型を広げると、外側は紙だけれど、その中にもう一枚薄い経木(きょうぎ)が敷いてあり、その中に納豆が入っていて、経木が容器になるような設計は秀逸。
d0063149_09421793.jpg


そう言えば、藁納豆の次は、薄い経木を三角形に折った中に納豆が入ったものが売られいたことを思い出した。
経木という日本の天然素材を生かしているわけで、「これは良いな~」と思った。
でもね、味は、私からすると、天狗納豆よりは納豆臭さは弱いけれど、やはり、酒田納豆より好みでないと判断。

何だか、今のところ、酒田納豆が一番私の口に合っているし、安いし、近所で売っていて、癖になりそう。

というか、今まで、おかめ納豆の極小粒ミニ3を価格に惹かれて、買っていたけれど、実は美味しいと思っていなくて、「私は納豆は食べるけれど、好きではない」と思っていたのだけれど、そうではないことを今回発見。

一口に「納豆」と言っても、メーカーによって、種類によって、味が違うのだ。

今回思ったのは、白いご飯に、お醤油で納豆を味つけて食べる場合、余り、納豆臭くない方が合っているような気がして、酒田納豆が一番機に行ったような気がする。

余談であるが、天狗納豆は、白いご飯とお醤油に合わなかったので、日本蕎麦の上に置いて、創味のめんつゆを薄めたものをかけてぶっかけで食べてみた。
d0063149_09421889.jpg


たぶん、創味のめんつゆと、納豆についてくるたれは似たようなものだと思うのだが、創味のめんつゆは、見事に天狗納豆の納豆臭すぎる味を隠した。
納豆のたれを使ったことのない私は、「本当だ!あ~いう色々なものが入っているたれは、納豆臭さを消すのだ」と感激。(笑)
なるほど、関西人が納豆を食べることができるようにと、納豆のたれがつくようになったと聞いているが、その威力に脱帽。
(というか、こういうたれとか、市販のめんつゆを使って納豆を食べるのなら、そんな納豆の美味しさにこだわらなくても良いような気がしたと書くのは、書き過ぎか?)

ただね、例えば、うどんやお蕎麦のつゆに甘さがあるものを使うのは美味しいけれど、白いご飯の納豆の味に、添加物の甘さは不要だと思う。(ほら、我が家の方では、うどんやお蕎麦の汁にはお砂糖を入れても、お吸い物にはお砂糖入れないものね)

それと同時に、天狗納豆のカップにも舟納豆にたれがついているのは、たれを使ったほうが、納豆臭さを減らし、万人に受ける味になるからなのかな?
また、酒田納豆に、たれがついていないのは、醤油で味付けして、ご飯にかけたら、ちょうど良い味だからではないかと思った。

今後、まだまだ、色々な納豆を試すかも知れないが、なるべく、たれのついてこないものを選びたいし、口に合わなかったら、納豆ぶっかけ蕎麦にして食べてしまおう。
[PR]

by mw17mw | 2015-06-28 11:32 | 食材・食材のお店 | Comments(0)