淡路町駅界隈−「栄屋ミルクホール」で冷やし中華

本日は、千代田で卓球教室だったので、お昼ご飯は、自転車で淡路町まで行って、一度は行ってみたかった「栄屋ミルクホール」で食べることにした。
(場所は淡路町交差点近くの靖国通り沿いのゆで太郎とファミマが並んでいるところがあるのだが、そのファミマの角を曲がって直進)

「ミルクホール」という言葉自体、なじみが全然ないが、Wikiによると、「名前の通り、主にミルクを提供することを目的とした飲食店である。時の政府が日本人の体質改善を目的としてミルクを飲むことを推奨していた明治時代に数多く出現した」ものらしい。
その後、関東大震災以降、喫茶店に人気を奪われ、衰退の一途、今ではレトロな雰囲気を楽しむことを目的とした飲食店として機能している。

とあったが、この栄屋さんは、何でも昭和20年創業というので、皆、「古くからのお店」というけれど、私からすると、「それ程でも~」と思わなくもない。
でもね、このお店の料理が、昔ながらの手作りを大切にした冷やし中華だったので、営業年数ではなく、出された料理の丁寧さから、やはり、「古くからのお店」だと思えた。

何だか、お店を正面から見ると、明治時代からの建物ではないかしら?と思うくらい、古めかしい感じ。
我が家の方では、鳥越とか小島一丁目にこういう金属で外壁を覆った古い建物があったのだが、今日、久々栄屋ミルクホールさんの外壁を見て、「あ、我が家の方でも昔こういう建物がたくさんあったのに、気が付かないうちに、消えていったのだ」ことに気づいた。(こういう葺き方、何て言ったっけ?銅葺きではないよね?)
d0063149_09413276.jpg


で、中に入った感じは、このページの後半の画像を参考にしてください。(私が入った時、他のお客さんも多かったので、店内の画像を撮ることは遠慮した。)

でもね、この建物の印象程、内装と中で働いている方々は古くなくて、新しい。

何だか、この建物を見てしまうと、どんなにヨボヨボの人たちが調理して、運んでくれているのだろう、お店は廃業も近いかもと想像してしまうが、実際に、中に入ると、中はきちんときれいに手入れされているし、お店の人たちもピンピンした中高年の方々ばかりであった。

で、このお店は、昔は知らないが、今では、ラーメン・タンメン・カレーライス・(夏場だけ)冷やし中華・いなり寿司なぞの札が壁に貼られていた。(そういえば、私がお店にいる間、他のお客さんは全て男性であった。)

今回は暑いので、冷やし中華を頼んでみたが、周囲の人たちでは、やはり、ラーメンを食べている人が一番多く、次がカレーライスという感じ。
ラーメンは、真っ黒な醤油色のスープで、ま、これも所謂江戸前だね~と思ってしまった。

で、冷やし中華だけれど、ちょっと甘過ぎるけれど、その点も含めても、真っ当でとても美味しかった。
d0063149_09413234.jpg


キンキンに冷えた細いストレート麺に、同じく、とても冷たい冷やし中華のスープがかかっているのだけれど、ちょっと上白糖の甘さがうるさいけれど、でも、とても美味しかった。
(この甘さは、添えられている辛子を溶けば、少しは消えるし、卓上に置いてあったお酢をかけると、相当消える。)

何て言うのかな、冷やし中華のスープは、市販のスープの素とか一切使っていなくて、自分のお店でお醤油やお砂糖や自分たちで取ったスープを混ぜて作った「自家製の味」だから、食べ終わって、舌が気持ち悪くなるなんてことは、全くなかった。
(たぶん、お砂糖もお酢も加熱していない味だと思うのだが、それははっきりしない。)

上には、自家製と思われる煮豚風チャーシュー、キュウリ、玉子焼きの細切り、支那筍が円形に並べられ、その上に紅生姜と海苔の細切りが乗っていた。

すべて問題なく美味しかったけれど、私が感激したのは、腰のあるストレート麺と、きれいに切り揃えた品質の良い冷たい胡瓜の長い千切り、見事だなと思った。
(ここの冷やし中華を食べていて、日ごろ私がスーパーで買ってきた麺でいい加減に作る冷やし中華は、麺は伸びているし、胡瓜の千切りも揃っていないし、ひどいものだと実感した。)
d0063149_09413445.jpg


昔食べた冷やし中華を思い出すかというと、何だか、私も生きているのが長くなってしまったので、昔と同じかどうかは良くわからない。
でも、正統派の昔ながらの冷やし中華ではあると思うし、昔がどうのこうのというより、腰のある麺と胡瓜の切り方は、家庭では真似できないし、特に麺の美味しさは、他の中華屋さんでは味わえないかも知れないという特徴を持った、「どこへでも出せる立派な一品」だと思う。

そして、全ての仕事が全て丁寧なので、こちらの冷やし中華は、950円で決して一般的な価格からしたら、安くはないもののだけれど、仕事の丁寧さを考慮すると納得できる。
一度は食べる価値があると思う。(土日祭日休業というのが難点ではあるが)

また、私は、このお店で、次回は、ラーメンとカレーのセット、冬になったら、タンメンを食べてみたい。
[PR]

by mw17mw | 2015-06-08 16:20 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)