御徒町駅界隈−新しいパン屋さん「ボンクール」発見

我が家から御徒町駅に向かうのに、いつもは、春日通りより一本アキバ寄りの路地か、春日通りの交差点より一つアキバ寄りの信号のところをまっすぐ進むのだが、昨日の土曜日は気が向いて、そのもう1つ先の佐竹通り南口と湯島の三段坂を結ぶ道を進んだのだ。

そうしたら、昭和通りを渡ったところに、コジャレた新しいパン屋さん「ボンクール」を発見。(位置的には、昭和通りにあるみずほ銀行のATMコーナーの隣のビル)
「ここいらへんにはパン屋がなくて」とぶつくさ長年グチっていたら、最近、近隣に、新しいパン屋が雨後のたけのこのようにできていて、びっくり。
d0063149_09403123.jpg

中に入ると、軽くイートインできるようなテーブルとか椅子が2、3セットあって、朝9時までにパンを買うと、コーヒー1杯無料と書いてあった。

また、パンの中に「日本橋榮太樓の餡を使ったアンパン」というものもあって、榮太樓さんが始めたパン屋さんかなとも思ったのだが、何でも、このお店は、日本橋室町にあるパン屋さんの二号店で、4月1日に開店したそう。
パンはここでは焼いておらず、日本橋で焼いて、日本橋から運んでくるそうな。(近いものね)
(お店自体のHPはこちら)

バゲットもあって、今回買わなかったのだが、バゲットが一本300円で、長さから言って、T's Bakeryの天然酵母のバゲットに比べて、二倍の長さだから、決して、高いお店でもないような気がした。

d0063149_09403248.jpg


私は試しに「ビエノワ塩バター」という「お惣菜パンの中では人気ナンバーワン」というパンとイギリスパン半斤3枚を買って帰ってきて、今朝食べてみた。
d0063149_09403302.jpg

ビエノワの方は、棒状のバターをソフトフランスという生地が包んでいるそうで、家で、オーブントースターで焼いてから食べると、外はカリッ、中はバターがトロッで、とても美味しいと言われたので、そのようにして食べたら、外側カリッまでは行かなかったけれど、中々美味しかった。
しかし、このパン生地が甘かったので、イギリスパンも甘かったらいやだなと思ったら、イギリスパンはちゃんと甘さ控えめで美味しいパンであった、ホッ。

また、食べログにここのパンは高いと書いてあったけれど、確かに、このピエノワも210円で決して安くないのだが、朝、じっくりみると、大きさがあって、「このお店のパンは、大きくて高い」のかもしれないと思った。

特段、すごく美味しいという程でもないけれど、それなりに標準以上に美味しかったと思う。
食パンもバゲットもあるし、多慶屋方面に買い物に行ったとき、こちらでパンが買えるのは便利だと思っている。
(ただ、場所がちょっとアキバ寄りなので、地元民とか、勤務先がこの近所の人しか行かないかも)

こういう新しいお店を見つけるのは、楽しいのだけれど、反対に、閉店の貼り紙のお店を見るのは、顔が曇ってしまう。
昨日、千束にあったチーズケーキの「ハーディ」の前を通ってみたら、4月30日を以って閉店の貼り紙があった。
神保町の柏水堂も3月末に閉店したという貼り紙が貼りっぱなしになっているし、古くからある自分の好きなお店がなくなるのは、寂しい。
[PR]

by mw17mw | 2015-05-10 08:52 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)