新御徒町界隈−「いなかむら」でガパオライス

先日予告した、竹町公園の先にできたタイ料理の「いなかむら」に連休前に行くことができた。
一度は日曜日に行ってみたのだが、お店が閉まっていて、仕方がないので、同じ週の平日に行ってみたら、平日は確実にランチ営業をしているみたい。(だから、土日祭日に行く場合は、予め電話で開いているかどうか確認したほうが良いかも。)

このお店、間口が広いのだが、そこを開け放してあり、面している道路が、そんなに交通量のある道路ではないので、そよそよとした風と日光が家の中に入ってきて、気持ちが良い。
その点、面している道路はアスファルトながら、「いなかむら」の雰囲気が出ている気がした。
d0063149_09402270.jpg


お店の厨房の中には、タイ人らしい男性一人と女性が二人いて、フロアサービスは、多分日本人と思われる女性。
店内は、こざっぱりしていて、モダンな感じながら、ところどころに、色鮮やかなタイシルクに刺繍を施したティッシュ入れが置いてあって、それがアクセントになっていた。

午後一時半近くに行ったのだが、結構混んでいて、この地域にも、目立たないけれど、タイ料理ファンがいるのかなという感じ。

メニューは、麺類が二種類、ご飯類が二種類だけ。
麺類は、チキンスープにヌードルが入っているものと、トムヤムクンスープにヌードルが入っているもので、両方とも熱いとのこと。
ご飯類は、がパオライスか、グリーンカレー。

熱い麺類は避け、どちらでもよかったのだけれど、ガパオライスにしてみた。
d0063149_09402307.jpg


最近、タイ料理を全然食べていないので、上手に評価できないけれど、ここの料理は、丁寧で、お料理として成功していると思う。
例えば、がパオがどのくらい入っているかとか、そういうことは良くわからないけれど、メインのガパオライスだけでなく、サラダやスープ、デザートも丁寧に作られていて、美味しかった。

「ガパオライスの目玉焼きに使ってください、これはタイの調味料です」とガラスの容器に入った茶色い液体を持ってきてくれた、どう考えても「ナンプラー」、「ナンプラー」と言って私には通じないなと思われたのかな?(笑)
でも、これをかけすぎて、ちょっとしょっぱくなってしまった。(涙)

ただね、ご飯が、日本米ではないかという粘りのあるタイプで、その点、ちょっとがっかり。
でも、帰り際、店員さんに聞いたら、「日本米ではなく、タイ米を使っているとのこと」、ふ~ん、そうなのかと思ったけれど、良くわからない。
(結構、ジャポニカ米に近いインディカ米なのかな?)

その他、夜のメニューがあったら見たいと思ったが、お店の壁にもテーブルにも夜の情報がなかった。

たぶん、このお店は、美味しいと思う、今度はグリーンカレーを食べに来よう。
[PR]

by mw17mw | 2015-05-05 09:44 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)