御徒町界隈−「マルハ酒場」の牛カルビ丼

最近、一人焼き肉のお店を失って、時々食べたくなる時は困っている。
東上野のコリアンタウンで、美味しくて流行っているお店の殆どは、原則、ランチ時一人客を嫌がって、本当に断られることもあったし、居心地が悪い時もあって、だんだん、嫌な顔をしなかった某○山館ばかり行くようになっていた。
某○山館のおじさんは、優しい性格のようで、私が1時半くらいに一人で行っても、嫌な顔をせずに食べさせてくれたのだが、ある日、厨房から、奥さんが出てきて、何だか、一人客であることについて、文句を言われてしまった。
(私だって、気を遣って、土日のランチ時、ピークを避けて、1時半近くに行くのだ。)
その時は、ランチを食べることができたのだが、ごはんを食べに行って、お店の人に、叱られたり、嫌な顔をされるのって、最悪だなと思いながら、食べた。
そうか、そうか、今まで嫌な顔もされずに一人で行っても焼き肉を焼きながらの食事ができたのは、おじさんの好意であって、決して、営業的には心からウェルカムのことではなかったのだとはっきりわかった。(ほかの店だって、そういう態度だものね)

その後、再び行っても、おじさんだったら、何事もなかったように、一人でも食べさせてくれるかも知れない、でも、それは好意に甘えることになるし、、再び、おばさんが出てきて、またあんな嫌な顔をされたら、たまらないと思うと、足が遠ざかってしまった。

なんだかな~、焼き肉屋さんは、表に「一人客お断り」ならそう書いておいて欲しい。
ということで、一人焼き肉のできるお店を探してみたら、あったことはあったが、食べログのコメントを見ると、余り良くないみたい。

さりとて、○山道なら、一人でもウェルカムしてくれた覚えがあるのだが、土日は料金が高くなるのだ。

今回、焼き肉が食べたいと思った時、焼きながらは無理でも、前回行ってみたマルハ酒場さんなら、焼き肉丼があって、焼き立ての焼き肉を一人でも食べることが可能であることに気づき、再訪した。
(前回のもち豚丼を食べた記事はこちら)
あそこなら、丼だから、客が一人だろうが、グループだろうが関係ないし、前回、ご飯もお肉も美味しかったから、外れないだろうと思えたのだ。

牛で一番安い「牛カルビ丼」でも、北海道産の国産牛と書いてあるし、価格も手ごろだから、いつもの癖で、一番安いものを頼んでみた。
d0063149_09395651.jpg


出てきたのが下の画像。
お店の人に、「お米も北海道産とのことですが、銘柄は?」と聞いたら、「ななつぼし」とのこと。
(ななつぼしで良かった!私は、ゆめぴりかよりななつぼしが好きだからなんて、考えていない。こういうお店で出されるご飯は、上中下を判断するくらいが精一杯で、どんな品種かまではわからないと思うから)
d0063149_09395757.jpg

ごはんもお肉も昔からの当たり前の美味しさであった。
(キムチとかお味噌汁はまあまあ、でも、このお値段で、お肉とお米がしっかりしていたら、それで十分上出来)

聞くとはなしに、常連さんと店員さんの会話を聞いてたら、このマルハ酒場さんは、ららぽーとに新しいお店を出したとのこと。
このららぽーと富士見店という埼玉にある店舗の中のフードコートに出たみたい。

このマルハ酒場さんは、北海道に太いパイプを持って、北海道産のお肉とお米にこだわって、ランチにも力を入れているところがとても良い。
お昼とか午後とか、前を通るとき、中を見ると、行列ができていることはないけれど、お昼には遅い時間でも、結構座席が埋まっているようで、このお店、安いし、材料がしっかりしているしで、ファンがついていることがわかる。

私は、これからも、焼き肉が食べたくなったら、このお店を利用しようと思っている。
後、きっと暑くなってから出てくるのだろうけれど、メニューの看板の下の方に書いてある「冷やし牛めん」が美味しそう!
〆の洗い飯セットだって、これも楽しみ。
[PR]

by mw17mw | 2015-04-21 11:49 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)