高田馬場界隈−「俺のハンバーグ山本」で、あらびきハンバーグ

高田馬場の早稲田口に降りて、卓球を習いに行くのだが、大通りを挟んで反対側の一階が回転寿司の三崎港のビルの2Fが「俺のハンバーグ山本」で、大きな看板が出ていて、気になっていた。
聞いたことがある、俺のフレンチとか、イタリアンとは別会社だったと思う、一度行ってみたかったので、素直に、卓球の帰りに寄ってみた。(俺のハンバーグ山本全体のHPはこちら)

二階にエレベータで上がると、本当に小さい入口があtって、壁には、メニューが貼ってあり、先客のカップルが何にしようか、相談していた。
d0063149_09395255.jpg
で、別段、「ランチサービスメニュー」というものはないのだけれど、そのメニューの中の「セットメニュー」という、ライスとお味噌汁がつくコースのところに、「ランチ時にはサラダもつきます」と書いてあって、それがランチサービスメニューだとわかった。

お店の中から、すぐに呼ばれて、店内に入ると、暖かい雰囲気の内装。
だ~れも座っていないカウンターに一人ぽつんと座ったのだが、その後、どんどんお客が入って来て、すぐにカウンターは埋まった。
d0063149_09395362.jpg
そして、メニューを見ながら、店員さんに、「初めてなのだけれど、お薦めは?」と聞いたら、「俺のハンバーグです、高いですけれど、それだけのことはあって、黒毛和牛のひき肉を使っているので、満足いただけると思います」とのこと。
他のハンバーグは、黒毛和牛ではないけれど、国産牛を使っているそうな。
安いものが1200円、高いものは、俺のハンバーグが1750円で、最高の「夢のハンバーグ」が2100円。

う~ん、どうしようかと思ったけれど、最初から高いものを味わってしまうと、その後、ランクを下げられなくなる危険性があるので、一番安い1200円のものに決めた。

1200円のハンバーグには、「ほそびき」「あらびき」のハンバーグの他、ガーリックや大根おろしポン酢とか、チーズハンバーグ、アボカドハンバーグとかいろいろなタイプがある。
色々な味のハンバーグは、種類によって、ほそびきだったり、あらびきだったりなのだが、注文すれば、あらびきをほそびきにするのに対応しているとのこと。
で、通常粗挽きという大根おろしポン酢を頼んだのであった。

カウンターに座った私は、カウンターの中を見るとはなしに見ることができたのだが、ゆっくり丁寧に作業するからか、「遅い」という程ではないけれど、決して早くない。
ただ、それは、きっと丁寧に作っているからという安心感がある。(作業がすべて見えるからか)

で、店内を見回すと、壁際に、大きなお鍋がおいてあって、「日替わりカレー、 ご自由にお持ちください」と書いてある。
この日は、激辛カレーとのこと。
なんだか、ごはんはお代わり自由で、もし、ハンバーグだけで足りなかったら、このカレーでご飯を沢山食べてねという感じか?
もらったパンフレットを見ると、このカレー食べ放題サービスは、高田馬場店だけのよう。

そんな観察をしているうちにまず運ばれてきたのが、ライスとお味噌汁のセットに必ず付くという50㏄程度の野菜ジュースと、ランチサービスのサラダ。
d0063149_09395302.jpg
今月の野菜ジュースは、「わさび菜・かぶ・さやえんどう・バナナ・うめ」が原材料のよう。
飲むと、甘くてさわやかで美味しかった。(全体、バナナの甘味とうめの酸味がうまくマッチングしている感じ)
そして、サラダは量は少なかったけれど、葉っぱが柔らかいし、味があって美味しいことから、新鮮な野菜であることが感じられ、好印象。
このお店のパンフレットを読むと、お肉や野菜を吟味していると書いてあるが、確かに!という感じ。

そのうち、登場したのが下記セット。
d0063149_09395462.jpg
見た途端、「これって、 大根おろしポン酢?」と思ったけれど、ハンバーグにかかっている粉チーズ風のものが大根おろしかも知れないなんて思ってしまった私は、絶対、腹ペコだったのだ。
で、箸をつけてから、「やはり違う」と確信して、注文を受けた女性が近くにいたので、聞いてみたら、彼女の間違いで、作り直しましょうか?とのことだったけれど、手をつけてしまったし、早くおなかを満たしたいし、別に普通のハンバーグでも、嫌やではないので、そのままで良いと食べ込んでしまった。

ハンバーグは、粗挽きとのことだけれど、食べていると、時々、コリコリっとしたから、牛筋なぞが一緒に挽かれているのかなと思ったけれど、不愉快ではない。
ハンバーグ自体、肉がほとんどという感じで、臭みもなく美味しい、デミグラスソースや付け合わせも美味しかった。
小さくて、厚みのあるハンバーグけれど、食べ応えがあって、ここのお店のお茶碗で、上手に食べれば、二杯分くらいのおかずになる感じ。
私は、下手に食べてしまったので、1杯でハンバーグがなくなりそうだったので、カレーを少しもらってきて、ご飯も、お茶碗に半分追加して食べてきた。
野菜やお肉がほとんど見えないカレーであったが、十分美味しかった。
激辛かというと、ま、そんなにすごくはないという感じ。

このお店、一番安いランチセットが1200円というのは、通常のランチに比べたら、高い部類に入ると思うが、原材料に気を遣っているし、きちんと国産のお肉と野菜とお米を使っているとなると、1200円は仕方がないかなという気がする。
(丸山吉平さんも1200円くらいだし、ま~、原材料がしっかりしているランチとなると、今の段階では、1200円くらいが相場かなという気がする。)

でも、なんだか、注文を間違われたけれど、感じもいいし、美味しかったし、高田馬場店はカレーサービスもあるし、お勧め。
[PR]

by mw17mw | 2015-04-20 16:13 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)