台東区南地方で最近見つけたお店 3/3

蔵前の路地裏にもう1軒お店を見つけながら、紹介を忘れていたので、追加。
名前は、「蔵前4273」というお店。
なんでも、浅草経済新聞が運営しているらしい。
ランチメニューが、「まめぶ」に「ガバオ」や「タコライス」、私には理解ができない、何だか、流行りで受けそうなものを集めましたという感じ?
ということで、まだ、私は入ったことがない。
また、食事以外にも、「ワンコ同伴可」、「喫煙可」が売りだし、クリエイターたちの発表の場&販売の場でもあるみたい。
d0063149_09390742.jpg


場所は、春日通りから行くと、三筋2という信号を隅田川の方に渡ると、栄久堂という古くからの和菓子屋さんがあるのだが、そこと伊勢屋という天ぷら屋を越して、一つ目の路地を右に入って真っすぐ進むと、左側にある。

あ、そうそう、この路地を曲がったところに、「にしかわ」という古くからのとんかつ屋さんがあるのだが、3月31日で商売をやめるとの貼り紙があった、寂しい。(37年4か月続いたお店と貼り紙に書いてあった。)

このお店の記事を探すために、浅草経済新聞をよく読んでいたら、入谷の金美館通りにあった「との公設市場」がもう1年前に閉められていたこと、そのあと、最近、いなげやというスーパーになったことがわかった。

また、この公設市場の前のおでん屋さんも昨年末で廃業との記事も見つけたが、このお店に関しては、創業時から使っている大きな鍋が壊れて、直せる職人がもういないし、新しいお鍋を買うと、30万とか50万円するとかで、廃業を決めたとテレビのニュースで見たけれど、そのおでん屋さんだと思う。
末広町の構に次いで、この入谷のおでんの種の店もなくなり、世の中、個人商店が消える一方で、スーパーだらけになるみたいだ。

あ、そういえば、錦糸町までバスで往復したら、石原三丁目界隈に、「サントク」ができたみたいだった。

我が家の近所にも「ライフ」ができるし、ちょっと、スーパーの飽和状態。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2015-03-28 06:58 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)