上野界隈−「ハリマ ケバブ ビリヤニ」で「ラムのビリヤニ」

今、税務署に行って確定申告を仕上げて、提出して来た。
ということで、この土日は、どこにも遊びに出かけなかったのだけれど、ランチくらい、外で食べないとブログネタがなくなるので、ランチだけ近所に食べに出た。

結果、土曜日はほぼ大正解、日曜日は、勉強にはなったけれど、失敗であった。(笑)

土曜日は、食べログで「近所に面白いお店ないかな~」と探したら、上野の台東区役所と浅草通りを挟んだ反対側に「ハリマ ケバブ ビリヤニ」というインドレストランを発見。
これがどういうわけか、上野・浅草界隈の昼の部のカレー店で、デリー・アーンドラキッチンに次いで3位。
デリーは並ばなくては入れないし、アーンドラキッチンは、平日のランチは安いのだが、土日祭日は高くなってしまう。
だったら、このハリマさんが美味しかったらみっけものではないかと思って食べに行った。

場所は知っている、ここって、以前もインド料理屋が入っていて、一度食べに入ったことがあったような気がする。
d0063149_09383397.jpg

ま、とにかく、お昼12時半過ぎに入ったら、お店はとてもきれい、店員さんも感じが良かった。
私が入った時は、2組くらいしかお客がいなかったけれど、直に、次々の入ってきて、結構席が埋まった。

ランチは、カレーを3種選べるカレーランチ950円と、ビリヤニ3種(ホクホクチキン、柔らかラム、季節の野菜)から1種を選ぶビリヤニランチ1030円があった。
お店の人に「どちらが美味しい?」と聞いたら、「お店の名前になっているくらいだから、ビリヤニが一番」とのこと。
(実は、私はビリヤニという言葉とかインドのチャーハンみたいなものというイメージしか知らないのだ。wikiで調べてみたが、よくわからない)

このお店に出かける前に読んだ食べログの口コミで、どういうわけか「ラムのビリヤニ」を褒めている記事が多かった気がして、ラムにしてみた。
d0063149_09383417.jpg

初めに、スパイシーなスープとサラダが運ばれてきて、それを食べ終わったところで、大量のビリヤニが運ばれてきた。
うへ~、インディカ米だし、見かけより簡単にたべられるかもと思った。
d0063149_09383587.jpg

そのビリヤニには、白いスープ状のものがついて来て、お店の人が「これはライタ、インドのヨーグルトのサラダ。そのまま食べてもいいし、ビリヤニにかけて食べても美味しい」と教えてくれた。

ま、ここまでなら、どうにかこなせるとおもったけれど、そこに、「これも食べてね」となぜか、海老カレーの小皿を持ってきたのだ。
d0063149_09383666.jpg

「これもビリヤニにかけて食べるのか?」と聞いたら、これはそんなことはしないで、カレーだけで食べるとのこと。
でもね、ナンもごはんもなく、カレーだけ食べるのって、どうよ?
(私の隣席のカップルもビリヤニを一つ頼んだみたいで、この人たちには、豆カレーが運ばれてきた。)

ビリヤニ自体、辛いのだけれど、辛さの中に色々な味や深みがあって、料理としてすごく美味しかった。
ビリヤニの中にゴロゴロ入っていた骨付きのラムも柔らかく、臭みもなく、スパイシーで気に入った。

ご飯の中を探るようによ~く見ると、ハバネロではないと思うけれど、ハバネロのようなピーマンをものごすごく小さくしたような唐辛子の黒焦げとかが入っていた。
この味を出すのに、色々な香辛料を使っているのだろうと想像された。

で、ライタという白いドロドロをビリヤニにかけたら、液体が下に落ちて、中に入っていたキュウリや玉ねぎのみじん切りがビリヤニのライスの上に残った。
あ~、だから、ヨーグルトのサラダというのかと納得。
で、ビリヤニにヨーグルト味のライタを混ぜて食べてみたが、私は気に入らなかった。
冷たくて、甘くないヨーグルトは、ビリヤニの香辛料の香りや美味しさを全て消してしまうような気がした。
それで、おなか一杯苦しい中、単独でライタも全部食べた。

そのあと、ビリヤニも全部食べたのだが、まだまだ、海老のカレーが残っていて、でもね、残しても悪いから、頑張って食べたのだ。
で、カレーが美味しいかどうか、ご飯やナンと一緒に食べないと味が濃すぎるので、正しくは評価できないとは思ったけれど、確かに、このお店はビリヤニが一番かもと思った。

そうしたら、そのあとで、「サービスよ」と、小さな透明のカップに入った、よくタイレストランで出してくれるような白い液体のデザートを持ってきてくれた。
これもヨーグルトかと思ったら、ココナッツミルクだった。
また、中に浮かんでいるものはタピオカに見えたのだけれど、食べてみたら、何だかわからないけれど、お芋系のものが細かくされたものが入っているみたい。
甘くて美味しかったけれど、とにかく、苦しい。

結局、1030円のランチで、
サラダ・スープ
ソフトドリンク1種
大盛のビリヤニとライタ
小皿のカレー
小さなデザート

美味しかったけれど、とにかく量が多くて、夕方まで、おなかがいっぱいであった。
できることなら、レディースセットにして、小皿のカレーをやめて、100円くらい安くしてくれたらと思う。

また、行きたい気もするけれど、相当お腹がすいている時に限るかも。(笑)

このお店、この方の口コミによると、高輪・六本木・銀座にも姉妹店があるみたい。(また、この方の記事はとても参考になる)

お店が明るくてきれいで、日本語もきちんと通じて、土日だからと言ってセット料金を高くしないし、美味しくて良い店だと思ったけれど、大食漢とか、大食漢のボーイフレンドを持っている女性におすすめ。(笑)

私は今度カレーを食べに行ってみようかな?
[PR]

by mw17mw | 2015-03-16 17:25 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)