浅草橋界隈−夜更けの人々の「ミートソーススパゲティ」

昨日、夜更けの人々のランチが、以前から食べてみたかったミートソースなので、食べに行って来た。

何でも、まず、玉ねぎの薄切りを茶色くなるまで1時間以上炒めて、そこにトマトジュースを入れて煮詰めると言っていたかな、そして、コツとしては、挽肉は、炒めないで煮ることなのだって。
炒めると、肉の味が外に出ないから、わざと炒めないで煮て、肉のエキスや味をソースの方に出すのだそうだ。
そのほか、生のトマトを入れる時もあると言っていたかな、後、お酒とお塩?
その他、スパイスとか、香草とか入っていなくて、よく、こんなちゃんとしたミートソースになるものだと感心。

何ていうか、私は食べたことがないのだが、「市販のミートソースなぞ、缶詰くらいしかなかった時代の料理好きなお母さんが、ミートソース大好きな息子のために、手間暇かけて作ってみた」みたいなイメージの味であった。
決して、スパイシーではないし、さっぱりしたミートソースだったけれど、家庭ならではの温かい、美味しい味であった。
そのまま食べても美味しいし、粉チーズとタバスコをかけて食べても美味しかった。
d0063149_09383145.jpg


そして、今回は、スパゲティの上に乗せただけ、スパゲティの小麦粉の味が強く感じられて美味しかった。
ブランドの違いか、ゆで方か、確認しなかったか、こんな小麦粉の美味しさが良くわかるパスタを食べたのは久しぶりだったかも知れない。

そういえば、今回、ほかのお客さんが「このお店、何だか、会員制でないのに、会員制みたいだね」とおっしゃっていたが、本当に、店の前に、店の名前も、営業中かどうか、何が食べられるかみたいな情報が一切ないのだもの、確かにねと思った。(詳しい情報はFBで)

また、末広町の構がやめてしまった情報は、1月にここのお母さんに聞いたのだ。
お母さんは、構のおでんの具だけではなく、このお店で売っていたチヨダの洋がらしの小袋(20g)が手に入らなくなって困っているそう、これでなくては嫌なんだって。
何でも、構さんで買っていたころにも構さんに、「うち以外にこれを扱っているところはないのだから」と言われていたそう。
だったら、私が合羽橋に行ったときにでも探すわよと言ったけれど、まだ、手をつけていないことを思い出した、ちゃんと探そう。(笑)
合羽橋なら、400gはありそうな気がしている。
[PR]

by mw17mw | 2015-03-14 11:08 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)