御徒町界隈−「マルハ酒場」のもち豚カルビ丼

御徒町駅北口のりそな銀行の曲がり角でいつも下のような看板を見るようになって、昨年の台東区のどんぶりグランプリが、「マルハ酒場」というお店の「もち豚カルビ丼」というものに決まったことを知った。
d0063149_09381527.jpg

あ、そうなのか、私が食べに行ったトンテキ元気は入賞を逃したのだ。
だったら、一位の丼はどんなに美味しいのだろうと食べに行った。

場所は、御徒町北口山手線の外側にあるりそな銀行の横の路地を曲がって2、3軒目左。
普通では私が入らない、何だか、若者受けしそうなチープっぽい居酒屋さん。
d0063149_09381692.jpg

何でも、このマルハ酒場というのは、北海道にあるマルハのカルビ丼というお店の支店らしく、もち豚も、牛肉もごはんもすべて北海道産と書いたポスターが目立った。

で、入って奥に進むと、真ん中あたりに券売機があって、それで先に券を買うのだ。

もち豚カルビ丼650円だけでも良かったのだが、口に合わなかった場合、途中で飽きた場合の保険で、100円の温泉玉子をつけてみた。(でも、これは結果的に不要であった。)
メインの丼を選ぶと、「こういうメニューはいかがでしょうか?」みたいな一覧の画像が表示され、その中に、お味噌汁100円があったし、もち豚カルビ丼の画像には、その丼とキムチしか写っていなかったので、お味噌汁は頼まないとついてこないかと思ったのだが、果たして、注文しないでも、ついてきた。
d0063149_09381791.jpg

(その他、キムチがついてきたし、テーブルの上には、一味唐辛子ととってもコチジャンが置いてあり、どちらかというと韓国テイストのお店かも)

で、食べてみると、豚肉のしっかり美味しいカルビというのか、脂身と赤身が程良く交互になったお肉だったし、ごはんも、素材も扱いも申し分なく、こういうお店のランチにありがちな、保温ジャーに入れ過ぎて、お団子になりかけた、みたいなことは全然なく、すっきり美味しいご飯であった。

壁には、「北海道産のお米を使っています」みたいなポスターが眼に入ったが、ほかの人のテーブルの後ろだったので、品種が何かとか細かいことまでわからなかったのが残念。(だったら、お店のHPに同じ内容が書いてあるだろうと期待したが、全然書いてなかった。)

当然、化学調味料は使わないはずはないのだけれど、最小限使っているという感じで、不愉快ではなかった。

素材は良くて新鮮だし、料理の扱いも間違いないし、ここの丼がグランプリを取ったのもなんとなく頷ける。(と言いながら、ほかの丼は、1種類しか食べていないのだが)

夜は行っていないからどんな感じだか不明だけれど、御徒町界隈で、ランチにこのお店に入るのは、良いと思う。

d0063149_09381865.jpg


あ、そういえば、先週の金曜日だったか、木曜日に、合羽橋本通りに行ったら、消防車がたくさん止まっていて、今半の前あたりが通行止めになっていた。
その時は、たくさんの消防士たちが路上にいて、火事だかぼやがあって、それをどうにか消し止めた後ということはわかったのだが、表から見ると、建物の表面は焼かれていなかったので、どのお店が火事になったのかわからなかった。
しっかし、土曜日にまた合羽橋本通りを通ったら、トンテキ元気は営業しておらず、店員さんが店の中から焼けただれたものを運び出していた。
どうもトンテキ元気が店の中でボヤを出したようだった。
[PR]

by mw17mw | 2015-03-09 16:37 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)