ダイソーの「カプチーノミキサー」

妹が、ダイソーの「カプチーノミキサー」という道具を「108円と思えない程の性能だから」と私にプレゼントしてくれた。
何でも、単三の電池二本を入れると、が~と回るらしい。
d0063149_09380777.jpg


それで、試しに、200㏄のガラスの計量カップに牛乳を50㏄入れて、電子レンジで温めた後、電池を入れたカプチーノミキサーをでかき混ぜてみた。
注意としては、回す前に牛乳の中に、泡だて器部分を入れておいてからスイッチを入れないと大変なこと。
(回転した先っちょを後から牛乳の中に入れると、見事牛乳が周囲に飛び散ってしまうのだ)

すごいスピードで泡だて器部分が回転するから、目分量だけれど、牛乳は細かい空気を抱き込んで、3倍くらいの量に増えるから面白い。

色々検索したら、カプチーノというのは、エスプレッソにこのような泡立て牛乳を入れたものらしいが、私はエスプレッソマシーンもネスプレッソも何も持っていないので、厳密な意味でのカプチーノを作るのは無理。
代わりに、ドリップで入れたコーヒーに熱々の泡立て牛乳を入れて飲んでみたが、やはり、ドリップコーヒーでは味が薄いという感想。

でも、このダイソーのミキサーのためにエスプレッソの道具を買うのも何だから、ドリップよりは味が濃いだろうと思って、多慶屋で、UCCの「THE BREND 117」という酸味と苦みが強いインスタントコーヒーを買ってきた。
これと、以前から持っている「ペルーシュ ブラウン」というお砂糖と、明治の美味しい牛乳で、現在、泡立てミルク入りコーヒーを楽しんでいる。
d0063149_09380874.jpg


一つ気が付いたのは、コーヒーにペルシュ ブラウンを溶かし、そこに甘味のない牛乳を入れて飲むより、コーヒーに何も入れないで、温めた牛乳にペルーシュ ブラウンを溶かしてから泡立てたものを混ぜたほうが美味しい気がすること。

ま、本当にこの道具、耐久性なぞ全く期待できないけれど、まともに使えるし、牛乳に触れた部分だけ洗えば手入れはOkだし、安価で便利なおもちゃとして、面白い。
[PR]

by mw17mw | 2015-03-04 22:22 | 道具 | Comments(0)