2015年東京マラソン見物−蔵前編

叔父の家で、楽しくもてなされた話はまた後でまとめて書き、先に東京マラソンの話を書いてしまおう。

私は運動神経がないし、走ったり、水泳をするとすぐ息が切れてしまうタイプ。
なのに、同じ年の従兄弟のA夫ちゃんは、元高校の体育の先生で、未だにマラソンが趣味なのだって。
で「、A夫ちゃんが、苦節8年、申し込んでも外れてばかりいた東京マラソンに今年は受かった、出場できる」と、聞いたのは、前日の松戸の叔父の家だった。
で、A夫ちゃんのお姉さん二人と一緒に、「だったら、応援に行こう」ということになり、まずは、私が何度か東京マラソンを見に行ったことのある蔵前界隈で応援して、その後、ゴールのあるビッグサイトに行こうということになった。

A夫ちゃんに、お姉さんが電話して聞いたら、確か、「蔵前は11時半から12時頃通過予定」とのことだったので、11時待ち合わせにしたのだ。
無事、二人のお姉さんとも巡り合って、西側に並んで、走ってくる選手を見ていたのだが、待てども暮らせども、A夫ちゃんらしい姿は現れず。(実際は10時半頃蔵前を通ったらしい)
だんだん、話題が、「もっと早く知っていたら、被り物をプレゼントしたのにね~、今回はあきらめるとしても、次回、東京マラソンに出るとき、どういう恰好が良いか研究しよう」ということになった。
それに、こういうランナーって、ポケットに携帯くらい持って走っているのだと思うのだけれど、スタートの前に、自撮りして、見物に来ている人たちに画像を送るべきだと思うけれど、ま~、これは無理かも、望みすぎ?

結論としては、被り物が一番目立つ、でも、被り物が恥ずかしい人は、帽子に何か目立つぬいぐるみを縫い付けてくれるのが、結構目立って良いかも知れない。
(A夫ちゃんの服装は、「緑色でヤクルトと書いてある」というだけであった。天気によっては、サングラスしてしまうかも知れないし、帽子を目深にかぶられたら、顔は良く見えなくなる。ということで、被り物か、帽子にぬいぐるみを縫い付けるのが一番良いと思った。)

で、色々見物して、目立った方たちの写真をば。
と言いながら、中年の小太りのおじさんがギンガムチェックのワンピース着て走っていたり、結構、女装系のランナーが多かったけれど、こちらが恥ずかしくて、そういう人にはカメラを向けられなかった。(笑)

あ、そうそう、アナを一人と、エルサの恰好をした女性ランナー2人を見た。

この人は、全身の着ぐるみというのだろうか?暑くないのかな?
このタイプ、画像は取れなかったけれど、首から下のふんどし姿のお相撲さんスタイルの着ぐるみの人がいて、とても目立っていた。(空気を入れたら、膨らみそうなビニール製に見えたが)
d0063149_09373614.jpg


この人は、スーツ姿、さすが、目立つけれど、汗だくになるだけで、スーツは洗濯に出せば、普通に使えるのだろうか?
私が見た範囲では、もう一人、スーツ姿のランナーがいた。
d0063149_09373709.jpg


これは何の被り物か忘れてしまった。(笑)
d0063149_09373874.jpg


プリンマン?
d0063149_09373982.jpg


これも可愛い被り物、このくらいなら、恥ずかしくない?
(この人の後ろに写っているマクドナルドの2階に、とても小さく我が妹が写っている。彼女は、今回初めてのマラソン見物で、9時半前の交通規制が始まる前に、江戸通りの隅田川側に渡り、マクドナルドの2Fの特等席を取ったのだ。江戸通りの歩道から見上げる彼女は、まるで、「皇族席」に座っているように見えた。<笑>)
d0063149_09374588.jpg


ピンクの豚を帽子に縫い付けている?
ここまで大きくないぬいぐるみを帽子のてっぺんに縫い付けている人は結構多かったけれど、結構目立つし、良い目印になっていた。
d0063149_09374534.jpg

[PR]

by mw17mw | 2015-02-26 16:56 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)