砂糖さやの季節?

私はこの2,3年、老化でコンタクトレンズが使えくなり、何だか、医者に言われるまま、本や細かい文字を読むための眼鏡も作ったのだが、その作業のため、眼鏡を替えるのが面倒で、本を読まなくなっていた。(眼鏡だけでなく、知的好奇心も老化が進んでいるのかも)

でも、2,3週間前、一年以上前に予約していた「海賊とよばれた男」という、出光興産の創業者の伝記的経済歴史小説が回ってきたのだ。
これは面白くて、結局上下すべて読み終えてしまった!
わ、私でもまだまだ本が読めるのだと、感激!
また、日本の石油業界って、良くわからなかったけれど、(斜め読みではあったが)だいぶ理解できるようになった。
次は何を読もうかな?

−−−本題です−−−

昨日、スーパーに行ったら、砂糖さやが並んでいた。
私はこのブログに何度も書いていると思うのだが、砂糖さやの卵とじが好きで、昨日、作ってみた。

砂糖さやの出回る季節は短いので、宣伝したいと思って、この記事を書いている。(笑)

さやえんどうは数種類あって、一番有名なのが、絹さやで、実が小さく、鞘を食べるタイプ。
スナップえんどうはいつの間にか出てきて、日本に定着したけれど、これは、鞘も実も食べられるけれど、鞘が厚めのタイプ。
後は、グリンピースは、さやは食べないで、実を食べるタイプ。
その点、砂糖さやは、鞘も柔らかく、中の実も結構大きくて、両方の美味しさが味わえる。
(さやえんどうの分類を紹介したページでも、ALL ABOUTのように、砂糖さやが省略されているページもある)

でもね、何か良い調理法がないかと、Cookpadを検索したら、一応「砂糖さや」で633種類くらいのレシピが出てきたので、「お~!」と思ったのだけれど、細かく見ていくと、殆ど、砂糖さやを使ったレシピはなかった。
使い方としては、炒めてからだし・醤油・砂糖などを入れて軽く煮てから卵とじ、茹でて中華炒めに入れるとか、お肉と一緒に炒めるくらい。
d0063149_09362845.jpg


絹さや(左)と砂糖さや(右)と鞘の中のお豆の大きさ比べ
d0063149_09362945.jpg


今の季節のものだし、美味しいから、ぜひ、お試しください。(絹さやの代わりに使えば良いのです)
[PR]

by mw17mw | 2015-01-28 12:45 | 食材・食材のお店 | Comments(0)