高田馬場界隈−「オニオン」でビーフカレー

今まで、牛込神楽坂の卓球教室に通うことが多かったが、今年に入って、再度ネットで調べたら、高田馬場の教室のほうがレッスン料が相当安かったので、試しにそちらに通うことにした。

で、先週も午後からだったので、レッスン前に、高田馬場のどこかでラーメンランチを食べようと考えたのだが、10年以上前、2年間、パートで働いていた高田馬場、この10年のうちに、ラーメンのレベルが下がっていて、有名店がなくなってしまったような気がした。
私が働いていた頃は、きらびやかに新しい実力派のラーメン屋に行列ができていたり、札幌から出てきたラーメン屋が東京で最初に開く場所は高田馬場だったり、高田馬場はラーメンのメッカ的な要素を持っていた。

でも、現在の高田馬場のラーメンランキングを検索すると、今や、そんなに飛び抜けて点数の高いお店はないみたいなのだ。
(きっと、高田馬場の賃料が高くなり過ぎて、小さなラーメン屋さんの新規出店が難しくなってしまったのかも知れない。)

それに、駅前から卓球教室まで歩いて行っても、ま、こちらが詳しくないこともあり、高田馬場の駅前や繁華街は、何だか、大手チェーンのお店ばかりに見える。

個人経営のラーメンがだめだったら、カレーはどうかなと検索したら、一位が「馬場南海」で、でも、南海って、もともと神保町のチェーン店だからパス(というか、神保町でも学生向きのお店に見えて、私が入らないお店)、二位は、つけ蕎麦のお店だったので、パス。
三位になったら、ようやく「オニオン」という欧風のカレー屋さんが出てきて、ここに行ってみることにした。

高田馬場駅を出て、左側の上り坂の商店街を上がって行き、ファミマ2軒、7−11を1軒通り過ごし、向かい側に西友が見えてくるのだが、その真向かいに細長いオニオンというカウンターのみのお店が見えてきた。
d0063149_09362094.jpg


で、土曜日の12時頃行ったのだが、お客0であった、細長いカウンターにご店主一人だけのお店のよう。
メニューを見てもよくわからなかったけれど、揚げ物が入ったものよりはカロリーが低いだろうと、ビーフカレーを頼んだ。
それと、食べログにサービス券がついていたので、それを持って行って、を頼んだ。
d0063149_09362165.jpg


すぐにカレーが出てきたのだが、まさに「ビーフシチュー」を仕込むのと同じプロセスを経て煮込みはじめています。 そしてたくさんの野菜達をふんだんに使い、丹念に炒め、濃し、煮込むことで 野菜から醸し出される優しい甘みや、深みのあるコクが生まれるように、毎日心を籠めて作っています。」と書いてある通りというか、確かに欧風カレーなのだけれど、フルーティなフランス風ではなく、ビーフシチュー風な仕上がり。
なんていうのだろう、すごく美味しいと言うほどではなかったけれど、余分な味がしないで、後味が良く、素直で丁寧なカレーだったと思う。
d0063149_09362264.jpg


小さなお店の小さな厨房には、お店の名前通りの、皮を剥かれた玉ねぎが大きなボウルに入れられ、切られるのを待っていた。
本当に、このお店は、たくさんの玉ねぎをスライスして、炒めて、ルーを作るのだと実感。
そして、ルーを作るのに使われた玉ねぎのスライスは、すべて漉されるみたいで、ルーはとてもなめらかであった。

そして、食べ終わると、杏仁豆腐がサービスに出された。(なんだか、ランチサービスには、サラダと杏仁豆腐がつくみたい)

高田馬場も探せば色々良いお店もあるのだろうけれど、このお店は、手っ取り早く、大手チェーン店にはない、丁寧な手作りの味が味わえてお勧め。

あ、そうそう、私は、メニューを良く見ないで、「ビーフカレー」を頼んだら、ちょっと甘めだった。
その後、メニューや色々なところに、何も言わないと中辛が出てくるのだって。
私の場合、「辛」で頼めば良かった!
[PR]

by mw17mw | 2015-01-26 17:50 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)