牛込神楽坂のモーニングセット

昨日、あの三ノ輪の大和水産が火事を起こして、燃えてしまったようだ、残念。
テレビでの火事の報道を見ると、本当に火事は怖い、気をつけねば。(また、テレビのニュースで火事を出したのは「寿司屋」としか報道されなかったが、映像で大和水産の文字が流されたせいで、私の三ノ輪の大和水産でランチしたページがたくさんヒットされた。)

また、昨晩のニュースで11月から、UCCとキーコーヒーが値上げとのことだったので、今日、多慶屋で、少々買い占めてきた。(笑)

−−−本題です−−−

何で、3週間前に、牛込神楽坂に行くようになったかというと、東西線の神楽坂駅の近くに、卓球教室があり、試しに行ってみたからなのだ。(笑)
(神保町の卓球教室も気に入っているのだが、曜日の関係で中々行けない)

その後、その時に見つけた牛込神楽坂駅前のメゾンカイザーが気になって、2週間前の土曜日に、散歩がてら朝ご飯を食べに行ってきた。
d0063149_15062388.jpg


ちょうど、メゾンカイザーに入ろうとしたとき、お店の前に、お店の名前の付いたトランックが停まっており、何かを下していた。
お店の中で観察すると、例えば、ケーキとか、サンドイッチとか、生ものが入っていたり、生クリームが使ってあるものは、お店で作らないで、他所から運んでくるみたい。

で、何を食べようか、良くわからなかったので、クロックムッシューとコーヒーを注文。
それに、お土産に小さいほうのチャバタを買って、全部で、千円弱だったかな?
(コーヒーが324円とクロックムッシューが330円で税込みで、706円。)
すべてとても美味しかったが、特にパンが美味しかった。
(コーヒーは、泡がたくさん立っているタイプで美味しかったが、ミルクが植物性の小分けタイプがテーブルに置いてあり、なんだか、ちょっとがっかり)
d0063149_15062419.jpg


パンが置いてある棚の裏、お店の端っこの細長いスペースに、テーブルと椅子が置いてあり、そこで食べた。
d0063149_15062415.jpg


その後、お店を眺めると、お店で確かにパンを焼いているみたいで、遠くで、焼けたパンを出す作業をしている人たちが見えた、その他、平日の朝、お店の前に出される看板に、「クロワッサン&コーヒー」で350円だったかと書いてあった。(ちょっとこの価格については、不確か、ごめんなさい)
土日祝日は、それがなくて残念。

そして、お店を出て、街をフラフラしだしたのだが、牛込神楽坂というのは、余り歩いている人がいなくて、本当に住宅街で静かなのだが、住宅街であるばかりでなく、お店もある落ち着いた都会という雰囲気でとても良い感じ。

そういう感じは、土曜日の午前中、しかも、天気が良かったということが作用していたかも知れない。

大久保通りを、牛込柳町の方に向かって歩いていくと、メゾンカイザーの向かい側にサンジェルマンがあって、そこのモーニングサービスのパンとコーヒーとのセットが結構安かったし、そのまま進むと、タリーズがあって、そこでも、メゾンカイザーより安いモーニングセットの看板が出ていた。
(今、食べログを良く読んだら、このタリーズは、タリーズコーヒーの本社ビルの中のタリーズとのこと。)
d0063149_15062559.jpg


どのお店も混んでいるということはなく、落ち着いていた。

何ていうか、そりゃ、メゾンカイザーで食べるのが一番美味しいかも知れないが、でも、高い割には、イートインコーナーは狭いし、別にメゾンカイザーにこだわらなくても、この牛込神楽坂ののんびりした都会的雰囲気が全体を包んでいるので、今度から、サンジェルマンでもタリーズでも、楽しくのんびり朝食を食べることができそうと思った。(土日祭日の朝だけかも知れないが)

繁華街・ビジネス街ではない、古くからの住宅地としての、洗練された雰囲気と古くからの歴史を感じさせる雰囲気両方があって、落ち着いた都会と感じさせる牛込神楽坂の朝は、とても素敵。

今度から、他のお店でも、モーニングを食べてみよう。
[PR]

by mw17mw | 2014-10-30 12:24 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)