牛込神楽坂・白山フラフラ

ちょっとやりたいことがあって、昨日は、神楽坂まで出かけてきた。

目的の場所は、東西線の神楽坂駅の近所なのだけれど、大江戸線の牛込神楽坂から行ったって、行けるはず、その他、文京区の図書館に本を返す用もあるし、お昼は久々、白山のはま寿司でのんびり食べたないと思ったので、都バス・都営地下鉄・都電乗り放題の700円の一日乗車券を購入して、でかけた。

話が長くなるので、色々端折ると、目的地までの順路が良くわからないまま、適当に大久保通りから牛込中央通りという新潮社があって、最終早稲田通りにある東西線の神楽坂駅に行きつく道を歩いて行ったら、遠回りではあったが、目的地に着くことができた。(神楽坂は、大通りに近所の地図があり、外から来た人に親切)

行きに、色々な建物を見つけながら歩いたのだが、目的地に行く時間が迫っていたので、どこにも寄らず、同じ帰り道では、時間的に余裕があったので、ゆっくりきょろきょろできたので、楽しかった。

<la lagi(ラカグ)>
東西線の神楽坂駅A2出口のところにできた新潮社とサザビーズがコラボした新しい商業施設。
d0063149_15052646.jpg


そうそう、この建物を見たとき、桃猫さんのブログに載っていたあれだ!と思い、中々来ない地域なので、入ってきた。
何でも、10月10日にオープンしたばかりで、大盛況。
洋服や生活雑貨、食器や家具、本、とてもセンスの良いものが選ばれて並んでいる感じ。

だから、買いに来ている人たちも、さりげなくオシャレというか、自分自身だけではなく、生活全般に自分らしいセンスを追求しそうな人が多そうな感じがした。(笑)

1Fに、サンドイッチカフェみたいなものがあって、とても混んでいた。
なんだか、新聞のようなメニューが置いてあり、それだけもらってきたが、確かに、同じ空間で真っ白い洋服を売っていたリするのだもの、油を使ったような料理はないみたい。

「la kagu」については、この記事この記事に詳しい・

とにかくオシャレだし、本も新潮社のものが多いけれど、他の出版社のものも並べてあるし、一度行くと楽しいかも。

その他、牛込中央通りに、昔行ったことがあるブラッスリー・グーを見つけたり、今までどこにあるのか謎であった旺文社を見つけて楽しかった。
(ここを出てから、牛込中央通りを下っていくと、大久保通りを駅の報に曲がりながら、実は、このまま、曲がらないで市ヶ谷の方に行った方が色々なお店があるような記憶がある。)

そうすると、すぐに牛込神楽坂で一番大きな出口になるA1に行くのだが、この界隈は、大江戸線の駅ができたときに、1,2度歩いたことがあったが、その頃から、全然お店が増えていないように見えたのは淋しい。
一番目立つのは、駅の出口すぐのスーパーマーケットと、パンのサンジェルマン。
そして、大久保通りを挟んだ反対側に、「メゾンカイザー 神楽坂店」があり、そこの入口に、「フランス人が選んだ首都圏NO.1のパン屋」の文字が...(新御徒町からたった5駅の場所にね~)
d0063149_15052749.jpg


そして、牛込神楽坂から大江戸線に乗って、春日まで行き、春日から三田線に乗り換えて、白山駅に着いた。
白山駅には、上りエスカレータもあるのだけれど、面倒だったので、エレベータに乗ってみた。
エスカレータで地上に出るとすっと路地を進みたくなる位置、エレベータで地上に出ると表通りに通じる位置に出ることになるのだ。
そもそも、地下鉄に乗って白山駅に来ることが滅多になくなり、エレベーターのところから久々に路地裏を歩いてみたら、「マウイマイクス」というハワイで大人気のファイアーローストチキンのお店の日本初上陸店があった。
d0063149_15052867.jpg


お店の看板の売り文句を読むと、美味しそう、と思ったが、今回はお寿司とたこ焼きで心がいっぱいだったので入らなかった。(お店のHPはこちら、食べログ情報はこちら)
しっかし、本当にこのお店は表通りではなく、路地裏のちょっと先はお寺というような環境にあり、ハワイから来たこのお店の経営者は何でここにお店を開く気になったのか、私からしたら、解せない。
このお店も、桃猫さんのブログで見た覚えがあり、家に帰ってみたら、やはり、あった。
(ということで、昨日は、その気はなかったけれど、桃猫さん情報を追いかけることになった。)

なんだかな、それでなくても、白山に行くと、はま寿司で100円のお寿司と生ビール、それから、たこ竜さんでたこ焼きも食べたくて、いつも、その配分が大変なのだ。
最近は、はま寿司で腹八分目食べてから、たこ竜で、塩マヨのたこ焼きを4つだけ食べるようにしている。
しっかし、そこにローストチキンを入れることは不可能。
ま、腰がしっかりしたら、自転車で二日続けて通って、全部食べよう。(笑)
(それと神楽坂も詳しくなりたい)
[PR]

by mw17mw | 2014-10-14 20:57 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

Commented by 桃猫 at 2014-10-15 10:09 x
どうも、こんにちは。神楽坂、楽しいですよ。白山もそうなんですが、アップダウンが多くて、坂の上り下りだけに時間を取られますね。平坦だけど人ごみに邪魔されて、なかなか進めない浅草とどっちがいいのかな(笑)。毘沙門さまと観音さま、お参りのある土地柄は廃れることがありません。変化のある部分と昔ながらの分、その両面があって魅力的です。

Commented by marin-ba at 2014-10-15 22:14 x
> 桃猫さん
本当に東京の関東台地の末端は、台地と谷、お屋敷街と下町の組み合わせで面白いですよね。
決して関西のように広い地域全てが「高級住宅地」というような展開は、東京の都心にはありえないことで、下町っぽい街と高級な高台の住宅地のセットであることは、近寄りやすく、すてきだと思っています。
私としては、下町のたら~とした平地もコンパクトにいろいろなところに簡単に行けて好きです。


> 変化のある部分と昔ながらの分、その両面があって魅力的です。

本当ですね、「ごちゃごちゃ」と片づけてしまうのは簡単ですが、両面あるというか、常に新陳代謝中の昔ながらのものもあり、滅び中のものもあり、新しいものも出てきている街が好きです。

牛込神楽坂は、大江戸線で10分ですので、今後もっと行きたいと思っております。
良いお店があったら、また、教えてください。