デイリーズマフィン東京のシフォンとベーグル

デイリーズマフィン東京はとても美味しいのだけれど、一つひとつのマフィンの大きさが私にはちょっと量が多過ぎること、それから、一度購入したおかずマフィン「きのことベーコンとパルメザンチーズ」がとても美味しかったのだけれど、そのメニューは一度限りだったらしいし、他のおかずマフィンを買ってみてもそこまで美味しくないことなどから、最近、行かなくなっていた。

(マフィン半分では物足りないし、一個だと多過ぎて、「もっと食べたい」という余韻が後に残らないのだ。
そして、マフィンだから、食事にはならないしね~、食べ方が難しい。)

でも、人を案内することがあって、再び行って、両方とも評判が高いシフォンとベーグルを買ってみたけれど、私としては、このお店で、シフォンが一番美味しいのではと思うのだ。
量的にもちょうどおやつにぴったりだし、ここのシフォンの美味しさは、東京でもトップクラスではないかと思う。
d0063149_13152245.jpg


ベーグルももちもちして美味しいのだが、量が多くて飽きてしまう感じ?(というか、私はベーグルが美味しいか美味しくないかなぞ評価できるほど、食べていないのだ)
d0063149_13152333.jpg


お店の人に聞いたら、このお店では、開店時の朝8時が一番多くの種類が並んでいるとのこと。
その後、売れ行きによっては、追加で、二度目の商品を並べることはあるけれど、いつもとは限らないとのこと。
(以上は、ベーグルもシフォンも含まれる話なのかは、良くわからない)

という状態なので、このお店にはいつも9時から10時の間に行ってしまう。

余談だが、この蔵前のマフィン屋さんも、朝が8時スタートと早いが、佐竹通の宇治屋さんというお茶屋さんが午前中お店の前のワゴンで、手作りの「お惣菜」を売っているのだが、私が思うに、台東区南地方のお惣菜屋として、一番美味しいのではと思うし、ここのお稲荷さんが気に入っている。
ただ、おいなりさんは、木曜日にしか出ないということだったり、ちょっと遅く行くと、殆ど何も売れ残っていない状態の場合が多いのだ。
で、先日、理学療法の後の木曜日、10時過ぎに、宇治屋さんに買いに行ったら、何も残っておらず、お店のおじさんが「仕方ないよ、うちは、7時半から営業開始しているのだから」とのこと。
わ、佐竹界隈の朝早くに目が覚めるご老人たちが自分の朝ごはんのおかずを買いに来るのが、7時半なのだ、早過ぎる~。
ということで、電話番号を教えてくれた、今度から、水曜日に予約の電話くれたら、取っておくからとのこと。
(このお店、平日の朝早く佐竹通りを歩かない限り、ここがお惣菜も売っているお茶屋さんだと気づかない)
[PR]

by mw17mw | 2014-09-14 20:58 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)