ラ・クリーンフィルター取り換え

今年の2月の初めに、レンジフードにセットしたラ・クリーンのフィルター取り換えを、東急ハンズで購入したら、4枚セットで、外税で1800円。
すなわち、私の場合、たぶん、1度取り換えれば、半年は持ち、一回の替えに972円かかることが判明。

私の場合、一人暮らしで、そんなに料理もしないし、炒め物はするけれど、揚げ物もほとんどしなかった状態で、半年でだいぶ薄茶になってきた。(下の画像は、半年使った後の裏と表)
d0063149_12355502.jpg
br>
説明書も何もなくて、どういう状態になったら、取り換えの好機なのか、良く分からず、考えてみたのだけれど、このフィルターを外して、レンジフードの中を手で触ってもべたべたしていないし、もちろん、レンジフードの外もきれいで、べたつかないので、このフィルターは、無事、「フィルターとしてレンジフードとキッチン全体を汚れから守る」というの役目を果たしているのだと思った。
これは思ったより、優秀。
(どうも、1cmの厚みのフィルターは、難燃性と書いてあるから、きっと、ガラスファイバーを含んでいるのだと思う、そのせいか、普通の紙のフィルターより断然油を取る能力が上のような気がする。)

また、「難燃性」だから、これは、「燃やさないゴミ」なのだと思う、そうすると、取り換えは、この「燃やさないゴミの日」に近いときがベスト。(我が家の方なんて、月に二回しか回収してくれないから)

極限まで、フィルターを使ってみることにも興味はあったが、どう考えても、フィルターの表面にべっとり油がついて、換気扇を回しても、フィルターから空気が吸い込まれなければ、キッチンの油分を含んだ空気は、キッチン中を漂い、色々なところがべたべたするはず、そうなってからでは遅いから、早め早めに取り替えたほうが良いかなと思った。

ラ・クリーンフィルターのフィルターはもちろんベタベタ、そして、それをセットしてある金属の枠もベタベタ。
金属の枠や針金部分は洗剤で洗わなくてはいけないけれど、もともとのレンジフードについてある細かい刻み目が入っている金属のフィルターに紙のフィルターをかぶせてある場合より、相当、掃除は楽。(比べものにならない程、楽)


私の場合、このペースで使っていけば、最初3千円くらいしたのは致し方ないとして、フィルター代は、半年ごとに取り替えて、年間1944円となると、一日5円ちょっと、それで、手入れが簡単なら、これからも使い続けたいと思った。

但し、最初が高いからか、人気がないようで、ネットで検索しても、東急ハンズしか扱っていないもよう。
これ、ずっと何年経っても、東急ハンズが扱ってくれればいいけれどね...。

もっと、人気が出ればいいのにね。
[PR]

by mw17mw | 2014-08-19 07:47 | 道具 | Comments(2)

Commented by tara at 2014-08-19 13:26 x
こんにちは、marin-ba様。
この硝子繊維の他の方に勧められたんですよ~
でも取り付け写真がイマイチよくわからなくて。。。
元々ガスレンジフードについているのを、外して、
これをダイレクトにつけるんですね。やっとわかりました。
これ、投資以上の仕事してくれる優れもののようです。
すすめられた会社のHP見に行ったら「油を完全にシャットアウト」と言う文言がありましたから。うちはあと1年分は市販のものがまだ残っているのでこれに移行はまだ先ですが、おいおいこのタイプにしていこうとおもっています、というかこの記事を読んで決めました。
ありがとうございます。

Commented by marin-ba at 2014-08-19 17:46 x
> taraさん
これと似たもの、他のメーカーでも扱っているのですね。
ガラス繊維は、油を完全にシャットアウトですか、頼もしいです。
ダスキンでどんなものを売っているのかと見たら、「レンジフードフィルター ガラス繊維タイプ−たっぷりのガラス繊維で広い捕集面積を確保。大量の油分もしっかり吸い取ります。」、「レンジフードフィルター 不織布タイプ−油料理をあまりしないご家庭におすすめの不織布タイプ。お手頃で安全性の高いフィルターです。」とありました。
やはり、ガラス繊維が入っていると、油は完全に吸い取ってくれそうですね。

今年は初めてだから、年末に、ダスキンに頼んで、レンジフードを掃除してもらおうかどうか、迷っております。
チェックだけはしてもらった法が良いですよね?